劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ!の感想

北宇治高校 アニメ・漫画

まだまだ現在もアニメ3期を控えている京アニの青春アニメ「響け!ユーフォニアム」です。

 

今回は「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ!~」についての感想や見解を私なりにまとめてみました。

少しネタバレもありますが、まだ観ていなくて気になっている方も是非見ていってください。

スポンサーリンク

響け!ユーフォニアムとは?

吹奏楽に青春をかける高校生たちのリアルな人間模様を描いた、京都の宇治を舞台にしたアニメです。

 

吹奏楽部員たちが受験や恋、仲間同士の衝突、親との確執などTHE思春期な悩みを抱えながら、高校の吹奏楽コンクール全国大会を目指して奮闘するというものです。

スポンサーリンク

北宇治高校吹奏楽部は、どんな話?

この映画は、アニメシリーズ「響け!ユーフォニアム」1期の再編成作品です。

 

つまりアニメ全13話の主要のストーリーをかいつまんでいるもの。と言えます。

 

この映画を見る前に1期を観ていたのですが、悲しいことに結構削られています(後ほど少し叙述します)

 

キャラクターの魅力をより楽しみたい人にはアニメ1期をお勧めしますが、短時間でサクッとユーフォが知りたい方や復習のために視聴するなら、映画がとてもお勧めです。

スポンサーリンク

見どころ

どんなお話かわかったところで、この映画の魅力や見どころをチェックしていきましょう!!

 

ここでは、私なりに3つポイントをあげてお伝えしていきます。

リアル!高校生の青春!

高校生の頃、あなたは何をしていましたか…?また、高校生の方、これから高校生になる方はどんな高校生活を描いているでしょうか…

 

ユーフォの中の高校生活は結構学園アニメの中でもリアルに描かれています。

 

その中身を2つの観点から見ていきましょう。

吹奏楽部の現実

音楽を奏でるということはとっても楽しい!楽器を演奏できた時の喜び、合奏が上手くいった時の喜びは本当に最高!といったことはもちろん。

 

吹奏楽部は基本、女子率が高いのですが、そんな女性社会特有の噂の伝播や嫉妬などが本当にリアルに描かれています。

 

また、吹奏楽部って結構運動部のような上下関係を気にするところが大きいのですが、女の子ってそういうのが男の子よりギスギスしがちで…笑

 

例えば野球とかだと、1年生が3年生より上手くてスタメンになっても、たとえ3年生の方が裏でどんだけ悔しがっていても、まぁあいつ上手いもんな~!すげえよな!

 

よっし次は負けない!みたいなさっぱりした感じで終わることが多く、そこで「1年がでしゃばるなよ!」みたいなこというやつって結局ダサいよお前って言われることが多い気がするんですが吹奏楽部はTHE感情の生き物、女社会!

 

1年生が3年生より上手くてオーディションで、1年生が勝ったら「3年生は今年で最後なんだよ?先輩の気持ち考えたことあんの?!」となるわけです。

 

いや、わかるんですけどね!!

 

当人の努力が才能に勝てない時だってありますし…周りの環境などによってそりゃあ上手い下手の差が大きくなることももちろんです。

 

そういうのの感情が様々なことによってわかっていく思春期。わかってコントロールできるようになったり、上手くいかなくて爆発してしまう思春期。大人になった今、ユーフォを観ていると部活でそういうぶつかりがあるからこそ成長していくんだよなと、思ってしまいます。そういう人間模様も本当にリアルですね…!

「その指、息の強さとタイミング。求めるべき音はちゃんと頭で鳴っているのに実際にその音が出ないもどかしさ。次々と確実に。狙った力加減で、狙った息の強さで狙った音をリズムに合わせて出していくことがいかに難しいか、私は思い知らされていた。」

と、久美子のセリフが入る練習シーンあります。

 

このシーン、本当に大好きなシーンなんですが、こうやって壁にぶつかって、乗り越えようとしていくとこ、「高校時代の自分には久美子のように熱を持って頑張っているものはあっただろうか」と考えさせられます…

 

ちなみにわたしは残念ながらだらだらオタク活動をしていたので全くないです。辛い。

 

その後に起こっていく“出来ないとスタメンから外される辛さ”部員全員で全国を目指すための辛い現実が突きつけられるシーンの悔しさや辛さは部活動をやっていた人ならきっと心がギュッと痛くなると思います。

 

その後の「上手くなりたい…上手くなりたい!誰にも負けたくない…誰にも」と悔しくて泣き、「悔しい。悔しくて死にそう」と言う久美子。

 

辛さから中学の時の麗奈の、他人の気持ちをわかっていくところも青春!という感じがして胸が熱くなります。

甘酸っぱい恋愛

響け!ユーフォニアムは、部活の青春だけではありません。

 

京アニ特有のもどかしい恋愛要素が含まれています。

 

久美子の幼馴染の塚本修一は黄前久美子のことが好きです

 

しかし、悲しいことに、久美子は修一の好きにあんまり気づいていません

 

あんまり気づいていないというのはどういうことかというと、部活のことを気にかけてくれたり、お祭りに誘ってくれたり、結構話しかけてくれるから幼馴染だし好意的なんだろうなーと思っているだろうという言動があるからです。

 

しかし、そんな片思いの修一はある女の子から好意を寄せられます。

 

それは、久美子と一番最初に仲良くなった加藤葉月です

 

くぅう…三角関係…!!

 

でも、最初から葉月は修一の好きな人はわかっているんです。切なすぎる…

 

それでも自分の気持ちを好きな人に伝えるため、すっごく一生懸命お祭りに誘って、かわいいピンを頭につけて、スカートはいておめかしして、修一をお祭りデートするんです。

 

その乙女チックな可愛さにキュンキュンしてしまいますね…!

音楽の再現度

あんまり気にならない方も多いかもしれませんが、「北宇治高校吹奏楽部の成長」はアニメーションでの表現だけじゃないんです。

 

簡単な例を挙げると、

最初の水戸黄門のところは、音がバラバラで木管楽器特有のキィッとした音が聞こえたりするんです。久美子も「下手だな…」と心の声を漏らしていましたよね。

 

しかし、滝先生のしごきの後(サンフェスの前)は、結構音が変わっており、まず木管楽器特有のキィッとした音は聴こえてきません。また、最初よりもちょっと音のずれがなくなり、聴き比べると、「あ、聴きやすいかも」と思うところが増えます。

 

最後に全国大会がかかった京都府大会。

 

ここの演奏はさらにクオリティがあがり音の質がわかるようになります。(あ、ここ強めに吹いてるなとか、滑らかな感じだなとか、キレがあるなとか)

 

そういう音楽の演出からも北宇治吹奏楽部の成長が感じられるのはとても面白いですよね!!

舞台は実際にある場所

作中に出てくる大吉山、宇治駅、ガチャガチャがあるコンビニ、北宇治高校、帰りに食べているパンのパン屋さん、久美子が叫ぶ橋、よく練習しているところ、麗奈と出会う神社は実際に存在します。

 

厳密にいうと、コンビニにはチューバくんのガチャガチャはなく、北宇治高校もモデルになった高校があるということで、その高校は実際はいることはできませんが…

ほぼ全てが宇治駅周辺にあり、1日で回れるので是非行ってみてください。

 

聖地として有名になっているので、結構いたるところにユーフォのポスターも貼ってあります。

スポンサーリンク

アニメと劇場版の違い

最初にも記述したのですが、結構キャラクターの個性が出るシーンが削られています。

 

わたしが映画で削られている中で一番悲しかったのは、滝先生の最初の登場シーンのところで、麗奈と久美子が全国大会出場をかけていた大会で吹いていたものを神社にお参りに行った時に音楽機器で聴いていた。

 

というのがあって、話の中盤で麗奈とは元々繋がりがあるのが発覚するのですが、麗奈と滝先生は知り合いだということや麗奈の母校の演奏を知っていたので間接的に久美子の演奏も聴いていた(久美子を知っていた)というのの伏線だったのかなと、思っていて結構好きなシーンだったのにまるまるカットされていました…。

 

気になった方は是非チェックしてみてください!結構努力してるシーンは割愛されています。

スポンサーリンク

北宇治高校吹奏楽部まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

映画本編は、100分程度なのですが、13話分を凝縮した内容なのでこの映画を観ると、あっという間なのに本当に濃く感じる内容だなと思うのではないでしょうか。

 

これを機に1期を観てみるのも良し、2期を観るのも良し、2期を再編成した「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」を観るのも良いですよ!

一番最初にちらっと書きましたが、現在続編のアニメ3期制作も決定しているので、最新作の前にザッとおさらいしておくとより楽しめると思うので、ぜひご鑑賞ください!

 

こちらの記事で、「響け!ユーフォニアム」シリーズが動画配信サイトにて、全て完全無料で視聴することが出来る方法載せております。

他の「ユーフォ」の記事は、こちらにて

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました