鬼舞辻無惨が鬼を増やす理由は?鬼になった原因【鬼滅の刃】

鬼舞辻無惨 アニメ・漫画
この記事は約4分で読めます。

今回は、「鬼滅の刃」に登場するラスボス鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が鬼を増やす理由無惨が鬼になった理由や原因について解説していきます。

 

原作漫画のネタバレを含む内容となっておりますので、注意してください。

スポンサーリンク

鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が鬼を増やす理由は?

鬼舞辻無惨の目的は、太陽を克服することになります。

 

にゃんこ先生
にゃんこ先生

「鬼滅の刃」に登場する鬼は、人間離れした最強の生物になりますが、最大の弱点が太陽の日光になります。

 

鬼は、腕や足が切られたりしたとしても、再生することが出来ますが、太陽の光を浴びてしまうと、体が焼けて灰になってしまいます。そのため、夜だけしか活動出来ないという性質を持ってます。

 

鬼というより吸血鬼みたいなイメージに近いかもしれません。

 

くまー
くまー

改めてまとめてみると、「呼吸法」やら「太陽の光」が弱点な敵を倒す敵な感じって、ジョジョの奇妙な冒険の第二部のカーズに近いものがありますね。

 

「鬼舞辻無惨」は、太陽の光を克服して究極生命体になることを目指してました。

無惨が鬼を作る理由

これは、原作コミック「鬼滅の刃」22巻のおまけに記載されてます。

  • 太陽を克服する体質の人間を探し出すこと
  • 上弦の鬼を作り出すため

鬼は、無惨の血の量によって強さが決まってきますが、血の量を沢山与えると細胞が耐えきれずに死んでしまうことが多いので、上弦の強さの鬼は、なかなか作ることが出来ません。

 

上弦になることが出来る鬼も選ばれた人間のみっていうことですね。

 

とにかく、鬼舞辻無惨の最終的な目標は、太陽を克服することが最優先事項になってます。

 

ぴよきち先生
ぴよきち先生

太陽を克服する特殊な体質の鬼を見つけ出すことと青い彼岸花を探すのが無惨の目的です。

スポンサーリンク

鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が鬼になった原因は?

鬼舞辻無惨が鬼になった原因は、平安時代に病弱で二十歳になる前に亡くなってしまうと言われていたため、無惨を治すために新薬を無惨に処方しました。しかし、症状が一向に改善しなく悪化していくため、無惨はその医師を殺害してしまいます。

 

新薬の効果は、後々現れていき、無惨の体調はどんどん回復していきましたが、日の光を浴びることが出来なくなってしまい、人食い鬼になってしまいました。

 

強靭な肉体を手に入れることが出来て、健康な存在になることが出来ましたが、昼間の行動が制限されるのが屈辱で日の光を浴びても死なない体になるのが目的です。

 

ぴよきち先生
ぴよきち先生

その新薬には、「青い彼岸花」が使われていたため、「青い彼岸花」のことは、殺害した医師しか知らなかったため、無惨は「青い彼岸花」もずっと探し求めています。

鬼を作る理由は、敵である邪魔な存在の「鬼殺隊」の討伐と「青い彼岸花」の存在の在り方を探すことです。

「青い彼岸花の謎」は、こちらでまとめてます。

ねずこが太陽を克服

炭治郎の妹のねずこが太陽の光を克服した唯一の鬼になります。

 

無惨は、ねずこを食って取り込めば、自分が太陽を克服することが出来るようになるということです。

 

太陽を克服するために探し求めていたものが遂に見つかったので、無惨は完全な不死身の究極生命体になるためにねずこを巡って鬼殺隊と無惨の最終決戦になりました。

「鬼滅の刃」関連の記事まとめ

「鬼滅の刃」に関して下記の記事も読まれてます。是非、ご覧ください!

「鬼滅の刃」名シーンシリーズ

名言シリーズ

>竈門炭治郎の名言ランキング

「鬼滅の刃」考察シリーズ

>鬼の強さランキング10位

「鬼滅の刃」プロフィールシリーズ

コメント