呪術廻戦3話の感想まとめ【アニメの無料動画】

呪術廻戦 アニメ・漫画
この記事は約5分で読めます。

今回は、呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)3話の感想まとめとあらすじになります。

 

記事最後には、今なら無料のアニメ視聴方法へのリンクを紹介していますので、最後まで御確認ください!

スポンサーリンク

「呪術廻戦」アニメ第3話の感想とあらすじ

今回は最後の一年生、釘崎が登場しました。
女子ってことで期待していましたけど、女子力は低そうです。

虎杖との相性は良さそうですね。
どちらもガンガン喋るタイプなので、虎杖の良い話し相手になってくれそう。
五条はよく喋りますけど、なんだかんだと先生です。
同じ目線で話すってことはないですからね。

 

残る伏黒は基本無口なので、虎杖と伏黒の二人きりだと間が持たなそうですし。
そういう意味では釘崎の参入は良かったと思います。
女子力が低いこともあり、釘崎を取り合う!なんて事もなさそうですし。

呪術師の戦力としては今一歩といった所でしょうか。
呪術の扱いに関しては達者だと思うのですが、メンタルは女子高生って感じでしたね。
人質を取られたぐらいで、命の綱である呪具を手放すとかありえません。
しかも釘崎本人も理解しているから始末が悪い。
呪具を手放したことで釘崎が殺され、残る少年も殺される事になるのだと。

それを理解しつつしたわけですから、呪術師には向いてないですね。
出来れば、少年を殺したら楽には消滅させん!と脅すぐらいの気位が欲しかった。
その点虎杖は呪術師デビューしたばかりだというのに、凄いです。

人質を気にする事なく、呪霊の腕を切り落としたのですから。
そしてあっさりと人質も救出。
虎杖はカッコ良かったですし、楽しく観れました。

「呪術廻戦」アニメ3話の口コミまとめ

 

スポンサーリンク

アニメ「呪術廻戦」の第3話のまとめ

悟は悠仁と野薔薇の2人だけで廃ビルの呪霊を祓ってくるように指示を出しました。悟に何らかの狙いがあったにしても、あってすぐのお互い何も知らない2人を組ませるというのは少しばかり無茶なことするなと思いました。

 

廃ビルに入ってすぐに野薔薇は二手に分かれて呪霊を探すことを提案しすぐに祓って終わらせるということを言い始めバラバラで行動して大丈夫かなと思っていると、あっさりと呪霊を見つけ倒してしまったので、以外とあっさり倒しちゃったと思ったのですが、小さい子どもが近くに居て、別の呪霊が人質にとりピンチに陥ることになりました。

 

ですが、そこに悠仁がコンクリートの壁を素手で打ち破って登場し、人質に危害が及ぶ前に救出することに成功しました。コンクリートを素手で打ち砕くということにも驚きましたが、人質を救出した際に呪霊の腕を一瞬の間に捌いてしまう悠仁の身体能力のスゴさに改めて驚かされました。

 

そして、悠仁と野薔薇が言い争っているうちに呪霊は廃ビルから逃げようとしますが、悠仁が切り落としていた呪霊の腕に野薔薇が藁人形と釘を使用して呪霊を祓うことに成功しました。

 

今回は力が弱い呪霊だったから良かったですが、力が強いうえに狡猾な呪霊が相手になった場合は、悠仁と野薔薇の2人では倒せないだろうなと思いました。

 

 

『呪術廻戦のアニメを視聴するなら、「U-NEXT」がおすすめです。

①U-NEXTに31日間無料会員登録

②サイト内で『呪術廻戦アニメ動画を無料視聴する

③期間内であれば他の配信動画も見放題!

④さらに無料登録でもらえるポイントで電子書籍も読める!

※無料期間中途中解約しても料金がかからないので安心安全!

\31日以内の解約で料金は一切不要/

呪術廻戦を今すぐ視聴する!

「U-NEXT 」にて過去作品も動画配信中!

31日間無料お試し期間があり

その間に様々なアニメ・ドラマ・映画が見放題!

お試し期間中の解約でも一切お金は掛かりません!

次回も楽しみです。

アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント

error: