ラブライブ虹ヶ咲学園アニメの評価は?無料視聴方法も紹介

ラブライブ アニメ・漫画
この記事は約6分で読めます。

今回は、2020年秋アニメ『ラブライブ!学園スクールアイドル同好会』の評価とアニメの無料視聴方法についてもまとめました。

 

是非、アニメの視聴の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ラブライブ虹ヶ咲学園アニメの評価は?

ライブライブ

東京・お台場にある、自由な校風と専攻の多様さで人気の高校「虹ヶ咲学園」。

 

各分野で活躍する人材が全国から集まることで有名なこの学校に、
それぞれの夢や想いを抱いて集まってきた生徒たち。

 

「スクールアイドル同好会」に所属するメンバーも、
1人1人が自分の夢を追いかけながらNo.1スクールアイドルを目指し、
時にライバルとして、時に仲間として日々活動している。

今までのラブライブは主人公の女の子が、何か夢に向かって一生懸命になりたい、輝きたいっていう思いを小さい頃から胸に秘めており、そんな時にスクールアイドルに出会い、私もこの子たちみたいに輝きたい、スクールアイドルになりたいと思い立ってスクールアイドルを結成するところから始まるのですが、今回のラブライブは一味違います。

今回の主人公である侑は、スクールアイドルとの出会いこそ、今まで同様に凄いパフォーマンスをする子を見て刺激を受けるところから始まるのですが、自分が輝きたいというよりも、夢にむかって頑張っている人の夢を応援したいという気持ちが強く、自分がスクールアイドルになるのではなく、サポートをする立場になるのです。

なので今までのスクールアイドルは、どうやったら自分たちが輝けるのか、見てくれる人たちにどうやったら自分たちの思いが届くのか、自分はどんなキャラなのかということに悩んで、考えて成長していましたが、侑は歌ったり踊ったりする立場ではなくサポートする立場なので、そう言った表舞台に出るわけではないけれども、裏で支えるための苦労や成長というものを見ることができ、今までとはちょっと違う視点のグループを見ることができると思います。

1人と9人の少女がどんな夢の物語を作るのかが、楽しみです。

リサ
リサ

キャラクターデザインも今作が一番クオリティが上がってるように感じます。顔を隠しているピンクのキャラクター「天王寺璃奈」の素顔が気になるところです。まぁ既に公開されてるんですがw

 

 

はい。カワイイ。

アニメ虹ヶ咲の反応まとめ

リサ
リサ

ラブライブ!は、初期のμ’sの時代は、めちゃくちゃハマってましたがAqoursになって少し離れていました。今回の虹が先は、久しぶりにリアルタイムで視聴していこうかなと思っております。ラブライブ!μ’s時代のリアルタイムは、そこまで話題になってなかったんですが、今でこそラブライブ!をアニメ観ていて知らない人なんて居ないぐらいに成長しましたよね。

 

μ’sは、好きだったけどAqoursになってから、あまり観なくなったっていう人も居たりすると思うので、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会で、そういった人たちも戻って来れたらいいなって思います。

スポンサーリンク

ラブライブ虹ヶ咲学園アニメの評価まとめ

アニメのクオリティは、どんどん上がって来てます。特にライブシーンとか、もうバトルアニメのようですね。これが全員揃ったらどうなるのか。私、気になります。

 

正直、タイトルが同好会って付いてるので、微妙みたいに思えちゃいますが、力はちゃんと入れられて作られてます。

 

ゆうぽむは、イチャイチャしまくりでした。伝統の1話からいきなり歌い出すシーンもありましたし、今後も期待出来るアニメだと思います。

 

 

コメント