アクタージュが連載終了になる?原作者逮捕で打ち切りの可能性は?

この記事は約4分で読めます。

週刊少年ジャンプで連載中の役者漫画「アクタージュ act-age」(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)ですが、原作者の松木達哉容疑者(29)さんが路上で女子中学生の胸を触ったとして、警視庁中野署は8日、強制わいせつ容疑で逮捕されました。

 

このことにより、漫画の打ち切りの可能性についてまとめてみました。

スポンサーリンク

アクタージュは連載終了になる?

過去に別の作者が週刊ジャンプ「世紀末リーダー伝たけし!」の連載中で逮捕された時は、連載打ち切りになったこともあり、今回も逮捕されたことによって、「アクタージュ」の連載も残念ですが終了になる可能性が高いと思われます。

 

ただ、集英社の公式からは現在の段階(2020年8月8日)では、連載中止という正式な報告は発表されておりませんので、しっかり公式の発表を待つしかありません。

許してはいけない事件

犯行を犯した側は、気軽な気持ちだったかもしれませんが、被害者のメンタルにはずっと残るものです。

 

今回、色々防犯カメラ等で証拠のシーンなどが写っていたこともあり、逮捕に至ったみたいですが、今後2度と同じ過ちはしないで欲しいところですね。

 

せっかく連載漫画を描いてるのに、こういうことで連載が終わってしまうようになることは非常に勿体なく思います。

スポンサーリンク

アニメ化も期待されてた

2018年8月号より、ジャンプで掲載された「アクタージュ」ですが、現在コミックスが12巻販売されており、そろそろアニメ化されるんじゃないかなと噂されてるぐらいの作品でした。

 

こういった人気の中に今回の事件での逮捕は残念です。続けて欲しいという声も多数上がっておりますが、卑劣な事件を起こしてしまった以上、継続させることは困難かと思います。

みんなの声

良い作品だとしても、逮捕されたことで連載は難しいところだと思います。原作者を変えるっていうわけにもいかないでしょうしね。ファンだった方は、辛いことでしょうけど

「アクタージュ」は、舞台化も決まっていたみたいですね。

作画担当の方は、なんの非もないので作画担当の方がストーリーの続きを描くことが出来るなら、そういった形でも連載を継続出来ないものかと思いたいところですが、そう簡単にはいかないでしょうね。

 

概ね、打ち切りの可能性が高いことは、ほとんどの方が受け入れてる感じではいました。

もし、打ち切りになった場合は、既刊も販売中止になったという過去がありますので、もしアクタージュを購入するなら急いだ方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

こんな形で、SNSのトレンド入りをしてしまったのは残念ですが、トリコ作者の島袋さんの世紀末リーダー伝たけしは即刻打ち切りになったものの3年後ぐらいに連載再開したという過去もありますので、一旦休止になってまた再開される可能性もありそうですね。

 

読み続けてる読者の方は、ショックだったと思いますが、それ以上に被害にあった方々もショックな事件だったと思うので、今後同じような事件が起こらないように、刑罰は厳しくしてもらいたいと思います。

 

個人的な意見になりますが、日本の刑罰は結構甘いなって感じます。

 

甘いから、犯行に及んでしまうっていうのもあると思うので、もっと犯行を犯さないような刑罰を求みたいところです。いくら売れてる漫画家とかでも、やって良いことといけないことはしっかり分けないといけませんからね。

追記

2020年8月10日にアクタージュ連載終了について、集英社編集部より発表されました。

 

今回の事件を考えると、今回のような形で連載が終了になってしまったは残念ですが、今後の再発防止のためにも厳しく対応するのが妥当なところだと思います。

アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント