鬼獄の夜1巻のネタバレ感想と漫画の評価まとめ

この記事は約3分で読めます。

「鬼獄の夜」の漫画1巻の感想とあらすじをまとめました。鬼獄の夜は、その閉ざされた村には、人を喰い、女を死ぬまで犯す鬼がいた…! 楽しかったはずの幼馴染たちの小旅行は呪われた廃村に迷い込んだことによって地獄絵図と化す。マンガMeeオリジナル連載のエロティックホラー!

\無料試し読みあります!/

「鬼獄の夜」を今すぐ視聴する!

鬼獄の夜

「まんが王国」にて漫画配信中!

期間限定で無料配信もされてます

スポンサーリンク

鬼獄の夜:1巻ネタバレ感想

表紙から、エロ要素を期待して読みましたが、内容はホラーに近く、驚きました。これから、エロも増えていくのだと思いますかわ、ホラーだけでも面白い。惹きつけられるストーリーです。

 

追いかけてくる鬼にもびっくりだし、エログロいし、容赦ない。ヒロインは牡丹だと思うけど、初めはイライラしかしない。

 

彼氏に頼りっぱなしで自立しない、典型的な天然ぶりっ子で、むかつくほどでしたが、徐々に女友達のために勇気ある行動をとるようになり、見直しました。

 

鬼から逃げて、見つからないようにしなきゃならないのに、今度は柴という男も出てきて、その男にも襲われるし。逃げ切れるのかハラハラです。ストーリーも、展開が早くて飽きもせずに読めるので、おすすめです。

スポンサーリンク

鬼獄の夜:1巻の評価

本作の評価を10段階で上げるのならば、7段階と高得点を上げられる良作とも言えます。

 

異形の魔物が住み着く村へと訪れてしまったと、和製ホラーの映画を見ているような雰囲気で始まっていき、最初は子どもの頃の幼馴染四人が、久しぶりに和気藹々なキャンプの筈が、立ち寄ってはいけない村に入り込んでしまい、生死を賭けたサバイバルホラーの展開になっていくと、実に緊張感のある内容で進んでいきます。

人間の本性

本作での見どころになるのは、異形の魔物よりも怖い、窮地に追い詰められた人間の本性なども見どころとなります。

 

本来ならば協力をして逃げ出さなければいけない窮地にも関わらず、自分だけがと、また死ぬならと欲望のままに行動をし、最悪の結末を迎えてしまうと、恐怖が異形の存在ではなく、人間も恐ろしいのだと描いている漫画『鬼獄の夜』は、夏の夜を涼しくしてくれる作品です。

\無料試し読みあります!/

「鬼獄の夜」を今すぐ視聴する!

鬼獄の夜

「まんが王国」にて漫画配信中!

期間限定で無料配信もされてます

スポンサーリンク

まとめ

最初サンプルで少し気になったので読んでみました。出だしから何だか気持ち悪さとグロさ満載でしたが続きが気になって詠み進めてしまいました。

 

エロさもあるのですが、それを上回るグロさがあります。

 

絵のタッチは女の子が可愛くて男の子もイケメンなので好きな感じです。主人公のぼたんちゃんがドジな所が男の子も守りたくなるんでしょうね。

 

仲良しの4人組のはずなのに恐怖にかられて人間の見にくさや大切な人を守らないとという気持ちや自分の身は自分で守らないとという気持ちそれぞれの気持ちが交差しますが、どの人の気持ちも分かる気がしました。

 

こんな山が実在したとなると恐怖でしかありません。顔無し鬼の元凶と思われる柴さんは恐ろしすぎます。

 

この先もずっと出てきますが謎も多く怖い人です。主人公も途中からメインでは無くなる感じですが、気になってずっと読んでしまう作品です。

>「鬼獄の夜」2巻のネタバレ感想まとめ

コメント

error: