2020年夏アニメ注目おすすめランキング10まとめ新作&再放送

キリト 2020年春アニメ
この記事は約8分で読めます。

いよいよ7月から2020年夏アニメの放送が始まります。「夏アニメ、何観よう?」と迷っている方も、「もう観るアニメを決めてるよ!」という方もぜひご覧ください。

 

続編のタイトルも多いので、今のうちに前作を視聴しておくことがおすすめです。

\31日以内の解約で料金は一切不要/

U-NEXTで今すぐアニメを視聴する!

「2020年春アニメなど」

「U-NEXT」で最新話配信中!

31日間無料お試し期間があり

その間に様々なアニメ・ドラマ・映画が見放題!

お試し期間中の解約でも一切お金は掛かりません!

第10位 富豪刑事 Balance:UNLIMITED

ケタ外れの資産をもつ神戸家の御曹司・大助と情に厚い男・加藤 春がバディを組んで様々な事件に立ち向かう刑事モノアニメです。

本来、2020年春アニメでしたが、コロナウイルスの影響で夏に延期となった作品です。

 

アニメイトタイムズの「2020年春アニメYOUは何観る?」ランキングで女性5位、全体9位となかなかの高順位でした。ノイタミナ枠での放送というのと、ジョーカーゲームや歌舞伎町シャーロックなどを担当している岸本卓が脚本を務めているとのことで注目が集まっています。

 

こちらは春に2話分放送されていましたが、賛否両論の声があり、人の好みに左右される作品ということで10位にさせていただきました。感想を見る限り、女性受けのいい作品だと感じました。

第9位 天晴爛漫!

時代は明治末期。天才だが社交性0のエンジニア・空乃天晴と凄腕だが臆病な侍・一色小雨がある事故でアメリカに漂流してしまいます。無一文の二人は日本に帰るために「アメリカ横断大陸レース」に出場し、賞金を手に入れることを目指します。
「凪のあすから」「SHIROBAKO」でお馴染みのP.A.WORKSが手掛けるオリジナルアニメです。
こちらも富豪刑事と同様に2020年春アニメでしたが、コロナウイルスの影響で夏に延期となりました。
こちらは春に3話分放送されていました。
感想としては「世界観がごちゃごちゃで話について行けない」という意見もありました。しかし、昔、似たようなレース映画を観た方が「アメリカ大陸横断レースは、必ずしも早い車が勝つ訳じゃなく、耐久力や運も必要。車の改造の工夫やレースの戦略など、今後面白くなっていく要素が多いです。それに加えて天晴と小雨の凸凹コンビの掛け合いが加わりさらに面白くなると思います。」と今後への期待の声を上げていました。
今後の展開に期待しようと思い9位にさせていただきました。

第8位 GREAT PRETENDER

自称“日本一の天才詐欺師”こと枝村真人が、マフィアさえ手玉に取るコンフィデンスマンのローラン・ティエリーに騙されたことをきっかけに、世界を舞台に桁違いの“コン・ゲーム”に巻き込まれていくというクライム・エンタテイメント
詐欺師とマフィアの物語です。騙し騙され、展開が二転三転していくストーリーが見どころです。
脚本は、ドラマ「相棒」で有名な古沢良太が務めます。キャストの方々の話によると伏線回収がとてもすごく、毎回とても濃い内容となっているそうです。ストーリーに期待大ということで8位とさせていただきました。

第7位 魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

暴虐の魔王が二千年の時を経て生まれ変わる。
だが、彼は魔王候補を育てる学院の適性――《不適合》!?
誰からも格下と侮られる中、ただひとり親身になってくれる少女ミーシャを配下に加え、不適合者(魔王)が、魔族のヒエラルキーを駆け上がる!!
原作は今人気の『なろう系』小説から生まれた作品です。俺TUEEE系主人公が成り上がっていくストーリーとなっています。
最近、「電撃文庫×ANIPLEX 最強は俺だ」というTwitterキャンペーンのキャラクターに主人公・アノス・ヴォルディゴードが入っています。ちなみに他の最強キャラとして挙げられているのは「魔法科高校の劣等生」の司波達也、「SAO」のキリトです。
アノスはこの二人に並ぶ最強主人公ということで人気も高いのではないかと思い7位にさせていただきました。

第6位 食戟のソーマ 豪ノ皿

定食屋の息子・幸平創真は、父の勧めで超エリート料理学校「遠月茶寮料理學園」に入学。
様々な試練を乗り越え、料理人として徐々に成長を続けていた。
時が経ち、2年生に進級した創真はついに学園の頂点、
遠月十傑評議会“第一席”の座へと、上り詰めたのだった――。
そんな中、世界的な料理コンクール「THE BLUE」の招待状が遠月学園へと届く。
「THE BLUE」とは、若手料理人たちが名声を懸け競う正統派な美食大会。波乱の予感が漂う「THE BLUE」の行方は……!?

食戟のソーマは今回5期を迎えます。それだけ長く続いているということは、長い間ファンから愛されているということで6位にさせていただきました。

 

どんなアイディア料理が出てくるのか、毎度おなじみの食べた時のリアクションなど楽しみですね。

 

初登場の鈴木先生にも注目です!

第5位 宇崎ちゃんは遊びたい!

一人でいることが好きな大学生・桜井真一と真一をぼっち扱いする宇崎花とのウザカワ系ラブコメディ!
ヒロインの宇崎ちゃんこと宇崎花が、先輩こと桜井真一にウザ絡みしていくラブコメです。
PVを見た感じだとギャグ要素多めで、時々ドキドキな展開ちょっぴりしんみりした展開もありそう!という感想を持ちました。今期は込み入ったストーリーのアニメが多い中、気軽に楽しそうなアニメということで5位にさせていただきました。

第4位 ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld最終章(2ndクール)

親友であるユージオの死によってで精神喪失となってしまったキリト。
そんな時、ダークテリトリーから新たな敵がやってきます。
ダークテリトリーとの大戦はアリスを筆頭に、アスナ、そしてリーファとシノンが加わります。
また、この大戦はアンダーワールドの存続だけではありません。
究極のAIであるボトムアップ型人工知能、さらには人類の未来をかけた戦いでもあります。
そしてその行く末は、 今は深く眠る一人の少年――《黒の剣士》が握っています。
《アリシゼーション》編 、ここに完結!
こちらも食戟のソーマと同様に長い間、多くの人から愛されている作品です。《アリシゼーション》編は原作の中でも高い人気を誇るストーリーで注目を集めています。その最終章ということで特に観てほしいと思い4位にさせていただきました。
PVから音楽、映像、お芝居、すべてに気合が入っているように感じました。
https://koumasai.jp/archives/category/anime/sao

第3位 Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season

魔女教大罪司教「怠惰」担当ペテルギウスを打倒し、エミリアとの再開を果たしたナツキ・スバル。
辛い決別を乗り越え、ようやく和解した二人だったが、それは新たな波乱の幕開けでした。
想像を超える絶体絶命の危機、そして襲い来る無慈悲な現実。
スバルは再び過酷な運命に立ち向かいます。
壮大なストーリーで絶大な人気を集めたアニメです。様々なサイトで期待度No.1と紹介されています。多くの人が注目と期待をしているということで3位とさせていただきました。
なぜ、期待度No.1なのに1位にしなかったのは勧められなくても必ず見る!という人が多いのではないかと思い、『オススメランキング』となると3位かなと思いました。(独断と偏見ですみません)
https://koumasai.jp/archives/category/anime/rezero

第2位 彼女お借りします

主人公・木ノ下和也は彼女に振られた悲しさからレンタル彼女に申し込みます。
待ち合わせ場所に現れたレンタル彼女・水原千鶴はサラサラの黒髪美少女でした。
そんなレンタル彼女とのラブコメディー。

原作漫画は2020年5月時点で累計400万部を突破している人気作品です。レンタル彼女を取り扱う作品が今までなかったのと、現代の恋愛事情にマッチしている点が他のアニメにない魅力です。

 

今までにないストーリーで新鮮味があるという点で2位にさせていただきました。

第1位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

雪乃から最後の依頼を受けた八幡と結衣。
3月の卒業式を迎えた中、いろはからプロムの協力を頼まれます。
本物を求めた八幡は3人の関係を変えていきます。
大人気ラノベ原作のアニメの完結編です。主人公・比企谷八幡のひねくれっぷりが評判で、数々のひねくれた名言を残しています。完結編では彼がずっと嫌っていた「本物の絆」を見つけ出すストーリーとなっていて、八幡の心の変化が注目されています。
一味も二味も違ったラブコメとリアルな人間関係が非常に面白いことと、ラノベ原作でありながら男女ともに人気が高いことから1位にさせていただきました。

まとめ

ここまで2020年夏アニメのオススメ作品を紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

あなたが観たいと思っていたアニメはランクインしていたでしょうか?今期はどうしても2期、3期…と続編モノが多く、それに注目が集まっています。

 

まだ今まで放送されてきたお話を観ていないという方はぜひ動画配信サイトで観てほしいです。もちろん、今期から新しく始まるアニメもたくさんあるのでそちらもぜひ観てください。

おすすめアニメ
「おすすめアニメ」の記事一覧です。

コメント

error: