プロ野球オワコン?無観客試合開幕でも視聴率が低い件について

プロ野球 ニュース

ようやくプロ野球が無観客試合になりますが開幕しました。

 

そして、6月19日には「巨人VS阪神」の伝統の一戦がありましたが、こちらの生中継のテレビの視聴率が10.7%ということで、ここ数年と同じで思った以上に注目されていないことがわかりました。

 

久しぶりのプロ野球の伝統の一線なら、もう少し視聴率があっても良さそうでしたが、そうでもなかったようですね。

スポンサーリンク

単純にテレビの時代がオワコン

視聴率が低くなっている原因は、単純にテレビの時代が終わってきている感じがします。昔は、テレビぐらいしか情報を得るものがなかったですし、娯楽もスマホなんてなかったので、テレビを見ることが多かったと思います。

 

今は、スマホ、パソコンなどがあるため、わざわざテレビがなくてもいい状態となってます。

 

自分もテレビは所持してませんので、基本的にネット中継で動画を視聴することが多いです。

 

プロ野球もDAZNみたいな動画配信サイトを使えば、見逃し配信もありますし、どの端末でも視聴出来るところがいいですよね。スマホなら、常に持ってるはずなので、外出先でも視聴出来るのはやはりいいし楽ちんです。

テレビと違って最後まで視聴出来るところも良いですよね。

スポンサーリンク

プロ野球の人気はまだまだある

これは、去年の話になりますが甲子園の阪神戦なら、普通に満席になるぐらいお客さんも入場されてたので、野球の人気はまだまだあると感じられます。

 

ただ、今の新型コロナウイルス感染症の状況が続いて、無観客でずっとやらないといけないとなると、収益を上げることが難しくなりますから、プロ野球自体を継続させることが出来る企業が少なくなる危険性があると思ってしまいます。

 

一応、7月10日から有観客で試合をするように準備されているみたいですが、それでも大人数で入ることは出来ないので、どれだけの収益になるかはわからないですね。

選手も不安だろうな

この状況が長く続くとプロ野球選手も収入源も減ると思うので、かなり不安な状況だと思います。

 

今までは、とにかく野球のことだけを考えて結果を出せば良いっていうところでしたが、今は野球が出来るかどうかっていう状況ですものね。

 

なかなか精神的に辛いものがあると思います。

スポンサーリンク

まとめ

今は、いろんな娯楽も増えましたし、テレビを見る機会がかなり減りましたので、視聴率だけでは、人気を語ることは出来ない時代です。

 

本来は、球場まで行って生の現場を体験したいところですが、しばらく無理そうなので我慢するしかなさそうです。

 

それまでは、1ヶ月無料期間があるDAZNを利用したりして、ネット中継でプロ野球を見るのが一番良いかもしれないですね。動画配信サイトで視聴すれば、サイトから結果的にプロ野球の収益にも繋がるみたいなので、プロ野球ファンの方は、是非一度試してみてください。

ニュース
スポンサーリンク
アニメラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました