プロ野球無観客はいつまで?公式戦開催の様子や反応をまとめました

プロ野球 ニュース
この記事は約4分で読めます。

2020年6月19日遂にプロ野球が無観客ですが、開催されました。ようやく開幕することが出来ましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、球場には入ることが出来ず無観客での開幕です。

 

いつまで無観客のプロ野球になるかが非常に気になるところですよね。

 

今回は、無観客の様子や反応についてまとめました。

スポンサーリンク

プロ野球無観客はいつまで?

通常の3ヶ月遅れで、セ、パリーグの公式戦が開幕したわけですが、無観客は少し寂しいものがありますね。やはり、野球は生で観戦するのが一番面白いわけですし、今年は甲子園の開催も無くなったのが非常に残念なところです。

 

プロ野球がいつまで無観客試合するのって話ですが、現状では発表は全くない状態ですので、いつ再開されるかわからない状況でした。

 

多分、USJみたいに段階的に規制を緩くして、入場数を調整していくと思うので、早くて7月〜8月に少し入れるようになっていったらいいんじゃないかなって思ってます。

ニュースの速報では7月10日から

6月22日のニュースでは、7月10日から有観客を目指す動きをしているということでした。

 

勿論、いきなり全員が入れるわけもなく段階的に解除していくという方針ですが、これは大きいですね。どれぐらいの人が入れるようになるかが気になるところです。

 

今までみたいに満員の大人数での開催が出来るようになるのは、今年は難しそうですね。

 

再開出来ても、1/3ぐらいの人数でソーシャルディスタンスを確保出来るような形で、しばらくは開催されそうです。こちらは予想ですね。

 

もし、クラスターを発生させることになってしまったら、問題になってしまいますから、ここはかなり慎重になって進めてると思うところです。

スポンサーリンク

無観客試合の反応は?

実際のプロ野球ファンの反応をみてみました。

純粋にプロ野球を楽しみたい方に取っては、無観客での試合も楽しんでるみたいですね。本来の野球の観戦を楽しむことが出来そうです。

 

ただ、ツイートにある通り、いつまでも無観客での試合は、収益的にも難しいので、ずっと続けることは難しいことです。

今の時代ならではのリモート応援っていうこともやってるみたいですね。今年は、リモートでの仕事も進みましたし、今後はオンラインでの交流が主流になっていきそうです。とはいえ、やはり現地に行く楽しみが一番なんですけどね。

昔のパリーグは、結構ガラガラだった時があるので、その時代のことを知ってる方には、意外と違和感ないなって感じた方もいました。

https://twitter.com/garochan510/status/1273927080179200000

無観客の唯一の楽しみは、しっかりと野球の音を聞くことが出来るようになったり、選手の応援の声が聞こえたりするところでしょうか。特にバッティングの音がめちゃくちゃはっきり聞こえるのは、かなり新鮮でした。

 

選手もかなり声を出してたんですね。ただ、音がないのはちょっと寂しいなって感じてしまうところは仕方がないところですね。早く応援歌流れるところみたいとこです。

スポンサーリンク

プロ野球無観客まとめ

今年は、無観客での公式試合が開催されましたが、プロ野球ファンは待ちに待ってたとと思います。

 

早くコロナの影響が減って、観客も入って通常通りのプロ野球が見れたらいいですね。

 

もし、ネット配信で視聴するなら、DAZNが一番おすすめです。1ヶ月無料で試すことが出来ますので一度お試ししてください。テレビ中継と違って、ちゃんと試合の最後まで視聴することが出来ます。

無料期間中の解約なら、違約金なしで解約することが可能です。

ニュース
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント