かぐや様2期11話感想とあらすじまとめ!アニメ無料視聴方法も

かぐや様 かぐや様は告らせたい

今回は、アニメ『かぐや様は告らせたい?』2期の11話のあらすじと感想まとめになります。

 

次で、12話なので12話が最終回になるんでしょうか?「私、気になります。」

 

そんな感じで、今回は11話のあらすじと感想をまとめました。アニメを無料視聴する方法は、下記から確認してください!

→「かぐや様は告らせたい」アニメを全話無料で視聴するなら

そして石上優は目を閉じた③

11話は前回に体育祭についてのお話です。石上の過去や体育祭での活躍に注目です。

いよいよ応援合戦が始まります。

石上が所属する赤団の応援合戦では男子と女子が入れ替わるという設定で行われます。

男子は女子の制服を、女子が男子の制服を着ています。

「なんか…今までで一番楽しい体育祭かも…」

「やっぱり応援団に入ってよかった。かもしれない…」

石上は失敗を積み重ねて悔やむより、もう少し前を向いていきたいと思っています。

しかし…

中学時代の同級生である大友京子が石上に

「ずいぶん楽しそうにやっているんだね。」

と言い捨てます。

石上は自分が浮かれていたと落ち込みます。

石上が対抗リレーのアンカーの代打をやることになります

赤組団長は転んで足を挫いてしまい、石上に対抗リレーのアンカーの代打を頼みます。

団長 「中学時代、部で一番(足が)速かったじゃないか。」

と石上本人の足の速さを評価して代打に選びましたが、石上は団長の「中学時代」という言葉にゾッとしていました。

それでも先ほど大友に会ってしまい石上は完全に自信を失ってしまいます。

しかし、なんだかんだでアンカーをやる羽目になります。

石上の過去

ここからは石上の中学時代の過去回想です。

石上に優しくする大友京子

中学時代、石上はクラスで浮いていました。

そんな石上に献身的に声をかけたのが大友京子でした。

そんな石上に優しく接してくれる大友に荻野という彼氏ができます。

現在、カップルを見れば無条件で呪う石上ですが、この時は二人の幸せを願っていました。

大友京子の彼氏の浮気、そして暴力事件へ

ある日、石上は荻野の浮気現場に遭遇します。

当時、正義感のとても強かった石上は荻野に浮気の証拠を突きつけます。

しかし、荻野は交渉材料に大友を差し出したのです。

石上は荻野に激怒し彼を殴り倒します。

そして荻野はこう言います。

「君のやっていることはストーカーだよ。

 君が彼女を好きな気持ちはよく伝わった。

 いくら殴られたりしても僕は彼女と別れたりしない!

 そうさ、暴力は愛は勝ち取れないんだ!!石上君!」

石上は呆れて大友に「こんなクズとは別れた方がいい」と言いますが、大友は

「おかしいのはあなたよ。」

と冷たい目で言います。

石上の停学

暴力事件を起こしたことにより、石上は1か月の停学処分となります。

しかし、正義感の強い石上は反省文が書けず、復帰が認められませんでした。

家で反省文を書くか否かでかなり葛藤していたようです。

対抗リレーでまもなく石上の番が回ってきます

石上は過去を思い出してしまい意識が朦朧としています。

そんな石上を心配して白銀が背中を押します。

白銀御行と石上優

石上の過去回想に戻ります。

ミコの抗議もあって高等部への進学は認められましたが、相変わらず復帰は認められず、石上は家に引きこもっていました。

そんな時、生徒会長である白銀御行が石上の元へやってきます。

そして白銀は生徒会で独自に石上が起こした暴力事件を調査して、石上が潔白だと証明したことを伝えます。

そして、白銀は石上にこう言います。

「お前が書くべき反省文は、こうだろ!!」

「うるせえバァカ!!」

石上は白銀の言葉に涙を流します。

そして対抗リレーで石上の番が回ってきます

石上の番が回ってくる直前、大友は

「あんたが変なことしたから振られたんだからね!

 全部あんたのせいだ!

 何楽しそうにしてるんだよ!あんたにそんな権利ないんだから!」

と石上に叫びます。

しかし石上は

「うるせぇバァカ」

と言い捨てます。

そして石上はここで勝って自分がこれでいい、おかしくないと証明しようと心に決めます。

石上は生徒たちの罵声に負けず一生懸命走ります。

石上に親しくしてきた生徒会メンバーは応援します。

しかし、結果はあと一歩及ばず負けてしまいます。

石上は「僕は結局変えられない…」と嘆きます。

ミコは石上に声をかけに行こうとするが白銀と藤原に止められます。

つばめを含む応援団の仲間たちが石上の元へ駆け寄り励ましの言葉を掛けます。

そして石上の視界が開けていきます。

そして大友は帰ります。

その様子とかぐやと早坂が遠くで見ています。

かぐやは

「あの笑顔こそ、石上君が守ったものなんでしょう。

 まったく、徳のないことをしたがる子よね…

 本当、かわいい後輩だわ。」

と言います。

そして最後の種目である選抜リレーが始まります。

石上は一生懸命応援をします。

そして赤組が優勝します。

石上はすごく楽しそうな顔をしています。

EDの変化

ED曲「風に吹かれて」の映像の中での石上に変化があります。

今までは石上は笑っていませんが、今回は笑顔になっています。

 

余談ですが、ミコのEDは3パターンあるので気になる方は遡って見てみてください。

かぐや様は告らせたい11話あらすじ

石上は生徒会会計でかなりの根暗とされています。そんな石上が珍しく体育祭の応援団に立候補しました。応援団は陽キャラ集団で陰キャラの石上はかなりメンタルをやられます。

 

しかしそれでも頑張り、体育祭当日まで続けることができました。そしたこれがまた意外で、結構楽しんでいる様子でした。体育祭応援団メンバーはいい人だらけで、いまいち乗り切れない石上にも親切に話しかけたり、集会に誘ったりしてくれていました。それをみていて何だかあったかい気分になりましたね。

 

そんなかんだで体育祭を謳歌している石上の前に、大友が現れます。

 

すると石上の脳裏にトラウマが蘇ります。石上は昔大友に恋していました。当時は厨二病特有の万能感と、正義感だけはつよく、そんな大友に、恋人と嘘をついて利用していた、同級生が許せず、暴行を加えてしまいます。

 

そこからはクラスメイトから軽蔑された目でみられ、停学をくらい反省文を書く生活が始まります。石上は何も悪くないのに、次々と起こる不条理、みていて周囲の連中にイラついてきました。

 

そんな時石上に訪れた会長という名の光、生徒会メンバーが輝いて見えましたね。あんな過去を聞いて石上が報われて本当に良かったと思う感動回でした。

かぐや様2期11話の感想

今回はいつもと雰囲気が違っていて、今までのコメディー路線とは違う重いテーマに趣を置いた珍しい展開の物語でした。

 

石上が主人公的な物語の流れで、彼の中等部時代にあった事件の事を振り返る内容になっていましたが、何とも後味の悪いような展開でした。石上は一人女子を助けようと思い切った事をしたのに、加害者側の印象だけで完全に石上は悪者扱いにされてしまったシーンはとても腹が立ちました。

 

そんな石上の事を理解してくれない教職員たちは完全に石上の事を問題児扱いをして、事の真相の追及を行わないなど、あまりにも酷い対応に嫌悪感すら抱いてしまいました。ただ、そんな石上の事を信用して事の真相について調べて事実を知った白銀会長は石上の唯一の理解者になってくれた事がほっとしました。

 

この事については石上は白銀会長に恩義を感じていて彼は白銀会長の事を慕う理由が良くわかった内容になっていました。

ただ、そんな恩義を感じでいるのに初期の頃の話では同じ生徒会メンバーの四宮かぐやの事が怖いから生徒会を辞めようとしていた描写もあって石上のある意味、自由さが出ていたシーンもありましたが、彼の本来の姿を垣間見れた事で石上 優というキャラクターの事が良くわかった回でした。

 

体育祭で石上が心から体育祭を楽しんでいるところはとても印象的でした。

かぐや様2期11話のまとめ

話の雰囲気もこれまでのコメディテイストと違い、真面目な感じで展開されているので、初めはいつものコメディみたいな展開になって欲しいなぁとか思っていました。

しかし、回想シーンを通じて石上が立ち直る様を見て、とても感動しました。

中学校のある事件でひきこもりになっていた石上を救ったのは、まさか白銀会長や生徒会だったとは、白銀会長が石上をスカウトしていたのは知っていたのですがとても驚きました。

個人的には中学時代の事件の真の犯人の荻野が、裁きを受けなかった点や京子に最後まで理解されなかった点は残念ですが、応援団や生徒会の仲間など分かってくれる人もたくさんいたので良かったと思います。

それにしても回想シーンの京子と現在の京子が、ここまで変わるかと思うくらい性格が、変わっていて驚きました。

中学時代の京子が、自分のクラスメイトだったら石上と同じく好きになっていたと思います。

石上が起こした暴力事件は、自分に良くしてくれた大友京子を守るためであったことが分かりました。

しかし、生徒や先生の間では石上が悪いということになってしまい、現在に至るまで批判を受け続けてきました。

しかし、生徒会が石上の潔白を証明し救い、そして現在、応援団の仲間は過去の事件などなかったかのように親しくしてくれています。

過去だけを見ず、前に進もうとする石上の姿は素敵でしたね。

ただ、体育祭に至るまでの応援団でのエピソードはカットされています。

石上がどのように応援団員たちと絆を深めていったのかアニメでも描いてほしいですね。

個人的おすすめシーンは、回想の最後白銀会長が、石上を事件の真相を知った状態で石上をスカウトするシーン~京子に対して「うるせぇバ~カ」というシーンです。

とても、すっきりして感動しました。

いつもとは違う雰囲気で初めは戸惑うかもしれませんが、最後は感動すると思うのでとてもおすすめです。

 

次回はいよいよ最終回です。

どんな終わりを迎えるのでしょうか?次回もご覧ください。

かぐや様の髪型のやり方を簡単に解説
...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました