鬼滅の刃のアニメ制作会社が脱税?今後の映画化などはどうなる?

動画 アニメ・漫画

人気アニメ「鬼滅の刃」などを制作するユーフォーテーブル有限会社が、経営するカフェの売り上げを少なく見せかけて、法人税などを約1億3900万円の脱税の疑いで告発されました。

既に脱税した税金は納付済み

かなりの金額を脱税したみたいですが、今回脱税した分に関しては、既に全額納付済みらしいです。

 

店舗の売り上げを金融機関を介さずに、現金のまま社長の自宅で保管して、帳簿を改竄して脱税したみたいですね。社長の金庫からは、現金約3億円も溜め込んでいたみたいです。

 

今回は、ユーフォーテーブル有限会社の社長が悪いっぽいですね。せっかく良いアニメを制作しているのに非常に勿体ないことをしてしまったと思ってしまいます。

 

正直、税金をまともに払いたくない気持ちはわからなくもないですが、ガッツリ利益が出て稼いでいるなら、税金を収めるしかないんですよね。

鬼滅の刃の映画について

脱税した税金に関しては、既にしっかり税金を納めているみたいなので、映画化はそのまま制作されると思います。

 

ただ、今回の件で少し悪いイメージはついてしまったのは事実かなと思います。

 

現場で仕事を頑張っている人たちが可哀想だなってところですよね。

ユーフォーテーブル有限会社の代表作

せっかくなので、ユーフォーテーブル有限会社は、どんな作品を制作してるかも紹介します。

  • Fate Zero 1stシーズン
  • Fate Zero 2ndシーズン
  • fate stay night unlimited blade works 1stシーズン
  • fate stay night unlimited blade works 2ndシーズン
  • Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~
  • 鬼滅の刃

他には、テイルズシリーズなども制作してた会社なので、結構有名なアニメを制作していたみたいですね。

みんなの声

今回のことで、どんな声が出てるか調べてみました。

確かに鬼滅の刃は、物凄い大ヒット作品だったので、かなりニュースになってましたね。

原作者は、全く関わっていないので、アニメの制作会社の社長が脱税をしたって感じになります。

勘違いしてはいけないのが、制作会社が脱税したから鬼滅の刃のイメージがダウンして欲しくはないところなんですよね。今回の脱税は、かなり計画的でやってるので悪質です。

 

原作者に対して失礼ですし、しっかりとした謝罪を公表すべき案件ですね。

今回の事件で、アニメ2期が決定したとしても制作会社は変更する可能性は高いでしょうね。

一部の人が悪いことをしただけで、作品自体のイメージダウンしてしまうことが懸念なところになります。一部の人は、ニュースをしっかりと全て見て判断するわけじゃないですしね。

ufotable騒動まとめ

今回のニュースは、ちょっと残念なことでした。

 

映画のアニメーション制作と脚本制作は、「ufotable」になっておりますが、このまま継続されるのかと思います。

 

さすがに映画は、このまま制作されるとは思います。アニメを作っている現場の人達は、本当に頑張ってアニメを制作されてると思いますので、あまり気にせず映画は視聴したいところですね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました