うるさいなぁぶっころすよ?は、原作漫画で何巻?アニメの登場は?

スポンサーリンク
2020年春アニメ

2020年春アニメ「かぐや様は告らせたい?」2期が絶賛放送中で大人気ですよね。

 

そんな「かぐや様は告らせたい」に登場する「藤原千花」言う名言で「うるさいなぁぶっころすよ?」と言うセリフがあります。

 

今回の記事では、このセリフが原作漫画の何巻で登場するのかとアニメで登場するかどうかを調べてまとめましたので、参考にしていただけたら良いなと思います。

スポンサーリンク

うるさいなぁぶっころすよ?の元ネタ

かぐや様は告らせたい

藤原書記の名言「うるさいなぁぶっころすよ?」は、原作漫画「かぐや様は告らせたい」16巻で登場したシーンとなります。

ネタコラで誰かが作ったような一コマですが、これが公式の漫画で掲載ところが面白いですよね。

 

「かぐや様は告らせたい」は、こういったシンプルな面白さがあるので、ついつい見てしまう作品です。アニメで知って、原作漫画も読んでみるようになった人も結構いるみたいです。

 

可愛い顔をして、こんなセリフを吐くところが意外すぎて「そこに痺れるっ!憧れる!」っていう感じです。SNSなどで、クソリプやクソコメが来た時に使いたいようなセリフですよね。

 

こんな感じで、ネタでも使えるところが嬉しいところです。

残念なのは、LINEスタンプでは、まだこのセリフが配信されていないところなんですよね〜。配信されてたら、ガンガン使いたいスタンプなのですが、早く第2段配信されて追加して欲しいところです。

 

このセリフがどんなシーンで使われたかも軽く説明しておきます!

スポンサーリンク

「藤原千花は超超食べたい」のシーンで登場

漫画単行本16巻の第157話「藤原千花は超超食べたい」の話数で登場することになります。

 

この話は、主人公のかぐや様や白銀は登場することなく。藤原書記が一人で休日を過ごす日のシーンが描かれています。

 

ダイエットのためにサイクリングをしている最中に、ランチタイムの時間で「1日4食限定激辛ら〜めん」の張り紙を見つけてしまった藤原書記がカロリーが気になりながらも「激辛ラーメンなら発汗作用があるから大丈夫」ということで、ラーメン店に入店することにします。

ラーメン界の仙人と出会う

ラーメン店に入ると、藤原初期は「ラーメン界の字引」と自負する仙人と出会うことになります。これまで激辛ラーメンを何度も食べてきた仙人は、勝手に藤原書記に対して対抗心を燃やすことになります。

このラーメン店で、提供される激辛ラーメンは「キャロライナ・リーパー」というものすごい激辛の唐辛子が使われており、二人は想像を絶する辛さに「これは死んでしまう!」と苦しんでしまいます。

 

仙人は、諦めかけそうになるが全力で激辛ラーメンを完食しようとする藤原書記を見て、二人は激辛ラーメンを食べ切ることに成功します。

日付が変わり

日程が変わって、生徒会の会計石上優に激辛ラーメンを完食したエピソードを藤原書記が話します。

 

運動もしたし、ストレス太りしなくて済んだことを加味したら、実質0カロリーです。と石上に話したところ、「ざっと計算した感じ1000キロカロリー超えてますね。本当に痩せたと思います?」と石上に言われた発言に対して、藤原書記は、あの名言の「うるさいなぁぶっころすよ?」を言い放って、このコマでこの話数の〆を決めました。

 

この衝撃的なオチは、かなり面白い展開で話題になりました。

スポンサーリンク

アニメの登場は?

この1コマがアニメでは、まだ登場しておりませんが、もしかしたら人気の場面なのでやってくれる可能性はあります。

 

ただ、現在アニメ2期のお話は、今6話目で「かぐや様は告らせたい」の第7巻ぐらいのところをやってますので、可能性としては低めではありますね。

 

もし、このシーンが来たら、SNS等で再度ネタとしてかなり盛り上がることは間違いなしなので入れてくるかもしれませんがw

まとめ

藤原書記のこの1シーンを見たときは、衝撃的な印象を受けましたね。原作漫画でこんな一コマをぶっ込んでくるところが素敵です。

 

「かぐや様は告らせたい」には、様々な面白いシーンがありますので、このネタは知ってるけど、見てない方は是非見て欲しい作品です。

 

漫画を読むのが大変な方は、漫画を読むのも良いので、アニメから視聴してみるのも良いかもしれないですね〜。

かぐや様は告らせたい1,2期アニメ動画を無料視聴する方法について
...
かぐや様は告らせたい?アニメの評価は?感想の口コミをまとめました
...
かぐや様は告らせたい?生徒会メンバーは?プロフィール一覧まとめ
...
藤原千花の名言や声優やプロファイルをまとめました
...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました