えなこの年収1億円の内訳は?なぜプロコスプレイヤーは稼げるの?

アニメ・漫画
この記事は約5分で読めます。

プロのコスプレイヤーとして、名実ともに一番有名「えなこ」さんですが、年収1億円を突破したということを公開されてました。

 

えなこさんの現在のツイッターフォロワーは141万人超えです。

 

Youtubeチャンネルも2021年に開設して、まだまだ少ない動画投稿ながらもチャンネル登録者26万人も達成してます。

 

今回は、人気コスプレイヤーである「えなこさん」が主にどうやって稼いでるかをまとめてみました。

るしゃ
るしゃ

あくまで個人的に調べただけなので参考程度にどうぞ

スポンサーリンク

えなこの年収1億円の内訳は?

主な収入源
  • コミケ
  • えなこりん通販ショップ
  • 企業スポンサー収入
  • YoutubeなどのCM広告収入
  • 雑誌などのモデル業など

2021年は、本当に雑誌関連で「えなこさん」が表紙に載ってることが多かった印象を受けました。

 

テレビのCMなどでも見ることもありましたしね。

 

ツイッターでも、かなり忙しい日々を過ごしてるように見えたので、簡単に1億円を稼ぐことが出来たわけではないと思います。

 

実際、1日ゆっくり休める日なんて年に数えるぐらいかむしろ休みは一切無しの可能性も高いです。

わざわざ年収公開してるような人は、当たり前に税金支払ってるだろうし、著作権に関しても、コスプレイヤーでの収入は、ほとんどオリジナルの写真集です。

はじめてのメジャー写真集は、全作作家版元許諾済みでのコスプレ写真集を出してるので著作権に関しても問題ありません。

コスプレイヤーなのに水着とかの脱いでる系が多いと批判もありますが、世間の需要を考えると自分でもそちらを選択することになると思います。

 

「コスプレイヤー=アニメキャラのコスプレ」を商業利用でやってくのは、これこそ著作権が関わって来ますしね。

でも、「小林さんちのメイドラゴン」と公式でキャラコスしたりしてるので、今後公式からの依頼でコスプレイヤーの仕事が増えていくかもしれません。

嫌儲思想多すぎない?

日本人は、年収とかお金の話をすると嫌儲思想な考え方をする人が多いと思います。

るしゃ
るしゃ

「嫌儲」とは、インターネットスラングで他人が楽に儲けることに対する心情的反発といった意味合いがあるとされてます。

 

いま、流行りのYoutuberとかゲーム実況者やVtuberもラクして大金稼いでていいなみたいなコト言ってる人多いです。

 

そう思うなら、自分でやって稼げばいいのにね。

 

資本主義である以上、お金を稼ぐことは大事だし、ほとんどの人が仕事の時間をで人生のほとんどを使ってるはずです。

 

儲けてることに文句を言う人は、ほぼ自分もお金が欲しいだけっていうね。

 

お金を稼ぎたいなら、勉強して学んで行動に移さないと駄目だよと思うわけですが、そういうことのがわからない人がヤフコメとかクソリプおじさんでなんの生産性もないことするんだろうなと思います。

えなこが年収を公開する理由とは?

「他のコスプレイヤーが軽く見られないようにとか」「夢がある職業」だと思ってもらえるようにしたいということでした。
コスプレイヤーがお金を稼ぐなら、人気ジャンルのコスプレを大型イベントに参加して、フォロワー獲得と知名度を上げてから撮影会の開催と自費写真集販売あたりで攻めてくのが良さそうです。
ファンを獲得することが出来たら、Youtubeを始めて広告収入を得ることが出来たりします。
好きなコスプレをするだけで稼いでいくっていうのは、なかなか難しいとは思いますが、副業としてある程度稼ぐぐらいなら結構チャンスありそうです。
本業としてのプロコスプレイヤーで生活してくのは、一握りでかなり厳しいとは思います。
スポンサーリンク

まとめ

えなこさんは、2021年に「プロゲーマー」のけんきさんとの交際が文春の取材で明らかになりましたが、それでも人気があるのは日々頑張ってきた結果でしょうか。

 

2年ほど真剣交際してたということなので、2022年は結婚されることもあるかもしれませんね。

 

仕事が忙しい間は、なかなかプライベートをゆっくり出来ることもないと思うので、まだ先のことになるかもしれませんけど、インフルエンサーとして、今後も活躍していくことでしょう。

アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント