ブルーレイのレンタルが少ない理由とは?【ゲオ・ツタヤ】

この記事は約4分で読めます。

最新のアニメや映画のレンタルをしようと思っても、DVDばかりでブルーレイのレンタルが少ないことが多いです。

 

DVDの場合、地デジ以下の画質なので正直綺麗じゃないですよね。

 

今回は、ブルーレイのレンタルが少ない理由と高画質で動画を見たい人向けの対処方法について解説します。

スポンサーリンク

ブルーレイのレンタルが少ない理由とは?

  • ブルーレイは丁寧に扱う必要がある
  • DVDで十分と思ってる一般人も居る
  • 時代的にネット動画配信の需要が強くなった

ブルーレイの管理が大変

ブルーレイのレンタルを普及させることが難しいのは、ブルーレイの管理が大変ということが上げられると思います。

 

レンタルは、かなり雑に扱う客がいるため、ブルーレイのディスクに傷が付くとすぐに読み込みエラーが出る可能性が高いからです。

 

ブルーレイは、DVDと比べてかなりの情報量を詰め込んでいるので、ちょっとした傷でも再生不良になることもあります。

 

もちろん通常使用なら問題なく使えるんですが、レンタルの場合だと本当に雑に使用する人が多いんですよね。

DVDなら研磨で対応可能

DVDの場合、ある程度の傷はDVDを研磨というクリーニングで読み込み不良を治すことも可能だったりします。

 

蔦屋やゲオでは、ちゃんと研磨機がありCDやDVDに傷が付いてる場合、研磨して再度レンタルで再利用されてたりします。

 

しかし、ブルーレイでは一度傷がついたディスクを研磨して修復するのは難しいです。

 

この理由から、ブルーレイは傷がついたらレンタルに出せなくなり、DVDよりもコストが掛かるためレンタルがあまり普及しなかったのだと思います。

DVDで十分と思ってる一般人も多い

一度、ブルーレイの高画質を視聴したら、なかなかDVDの画質には戻ることが出来ないと思います。

 

しかし、家電があまり好きじゃない人やとりあえず動画が視聴出来たら良いと思ってる人も居たりするので、DVDのレンタルで良いと考えてる人も居るみたいです。

 

個人的な意見としては、DVDの画質は低画質過ぎてアラ過ぎるので、ブルーレイ画質で見て欲しいと思うぐらいですけどね。

 

まぁ今の時代、ディスクのレンタルよりもネット動画配信サイトで視聴した方が良いと思うので、「まだディスクレンタルしてるの?」っていう時代になりつつあります。

 

時代は、サブスクでの視聴がメインです。

ネット動画配信サイトが普及した

U-NEXT

今、動画を視聴するという人は、わざわざゲオや蔦屋まで行ってレンタルするっていう人の方が少ないと思います。

 

理由としては、ネット動画配信サイトの方が便利過ぎるからです。

動画配信サービスなら在庫切れがない

頻繁にDVDをレンタルしていた時代では、借りたいと思った作品がレンタル中で在庫切れのため借りることが出来ないとかありました。

 

しかし、動画配信サービスなら在庫切れとか関係なく自分が視聴したいタイミングで動画を見ることが出来ます。

見放題定額制

DVDレンタルは、基本的に1つ何百円で1週間レンタルとか期限が決まってます。

 

動画配信サービスは、1ヶ月間の定額制契約で見放題で色んな作品を視聴することが可能です。

 

料金は各サイトによって違いますが、1000円〜2000円で1ヶ月間好きな動画が見放題なのは、凄く安く動画を楽しめる時代になったと思います。

 

映画1回分の料金で、一ヶ月間動画を楽しむことが出来るため、レンタルよりも動画配信サービスの方が良いと思うぐらいです。

スポンサーリンク

まとめ

時代的にディスクをレンタルするよりも動画配信サービスで完結させる人が増えたので、もう円盤のレンタル業界自体どんどん廃れていくからブルーレイのレンタルが普及することは少ないです。
ちなみにネット動画配信サイトの画質は、サイトにもよりますがブルーレイ並の画質で配信されているので、画質や音質面でもDVDレンタルしにいく必要性もありません。
現状レンタルする意味があるという人は、ネット関係が弱かったり、ネット回線を契約していない人だけかと思います。
この記事を見れてる時点で、ネット回線の環境はあると思うので、これを機にネット動画配信サイトに移行してみるのも一つの手だと思います。
各サイト無料期間があったりするので、まずはお試しすることをおすすめです。
https://koumasai.jp/archives/11133
アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント