漫画喫茶で元を取る方法を全力で考えてみた件【マンガブログ】

漫画喫茶 アニメ・漫画
この記事は約3分で読めます。

漫画喫茶(ネットカフェ)は、宿泊施設として利用することも出来てコスパが良いので、たまに利用することがあります。

 

今回は、漫画喫茶で料金以上の元を取るには、どうすれば良いかを考えてみてまとめてみました。

 

漫画喫茶を利用することを考えてる人は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

漫画喫茶で元を取る方法を全力で考えてみた件

快活クラブ

今回、料金の参考にしたのは、東京都の「快活クラブ」料金です。

 

地域によって料金は、違うみたいですが日本の大都会の料金表なら、これより高くなるっていうのは少ないはず。

 

コスパ重視なら、「飲み放題カフェ」がベストですが、宿泊するなら「鍵付完全個室」を選択したいところですね。

 

「ナイト12時間パック」で3430円っていうのは、ちょっと高い感じもしますが、ビジネスホテルだと最低1泊5000円はするだろうから安いとは思います。

ナイト12時間パック

  • 「ナイトパック12時間」1時間あたりの料金286円
  • 「ナイトパック8時間」1時間あたりの料金322円

計算してみると、だいたい1時間300円程度の利用料金なので、300円以上のコストを取ることが出来たら、元が取れる計算ですね。

漫画を読むのが一番効率的か?

漫画

ネットカフェ(漫画喫茶)らしく、漫画を読みまくるのが一番利用料金の元を取れそうだと予想しました。

 

とりあえず、ゲオの漫画レンタル料金と比較してみることを計算してみましたが、漫画1冊2泊3日で60円、10冊まとめてレンタルで1週間600円という料金表でした。

漫画1時間読む速度は?

漫画1冊読む時間は、漫画の種類にもよりますが自分が実際に試しに読んでみたところ1冊10分〜15程度で読むことが出来ました。

 

実際に読んだ漫画は、「オタクに恋は難しい」12分程度、「範馬刃牙」1〜3巻だいたい1冊10分程度掛かりました。

 

読む速度も普通に読みましたが、本を探す手間とか考えると1時間に5冊ぐらい読めるぐらいと想定して計算すると、1時間300円程度のコストなので漫画だけだとトントンレベルですね。

 

ドリンクを飲みながらでも、飲み物のコストはそんな高くはないので、個室の方を借りると結構元を取るのは厳しそうだ。

 

でも、個室でゆっくりしたスペースを確保することが出来ることを考えると、高くはない料金設定だとは思います。

スポンサーリンク

まとめ

飲み放題カフェの方で漫画を読む場合は、漫画と飲み物を飲むだけでも、普通に元が取れそうです。

 

漫画喫茶をお得に利用したいという人は、個室じゃない方を利用するといいと思いました。

 

漫画喫茶では、インターネットやアニメも視聴することが出来ますが、アニメを視聴するなら、ネット動画配信サイトを契約した方が安く済みます。

>>「ネット動画配信サイトおすすめランキング10位」

ネット動画配信サイトおすすめランキング10位【無料お試しあり】
...
アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント