鬼滅の刃のアニメは何話から面白くなる?見所を紹介します

鬼滅の刃 鬼滅の刃

大人気アニメ【鬼滅の刃】ですが、キャラクターはよく見て知っているけど物語を知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

また、今から見るにしても長かったら飽きそうだな~と思う方もいるはず。

 

この記事では、【鬼滅の刃】を見るならおさえておきたい見所を紹介します。

スポンサーリンク

テレビで放送したのは全部で何話?

 

まずは【鬼滅の刃】のテレビ放送について紹介していきます。

 

【鬼滅の刃】の放送は全部で26話になります。

 

ストーリーとしては、炭治郎達が新しい任務の為に列車に乗っていくシーンで終了しています。

 

原作マンガでは7巻の53話までの物語ですね。

そして、テレビアニメの続きが『劇場版 鬼滅の刃ー無限列車編』になっています。

 

アニメの続きを読みたい方は、これ以降の話を読んでいけばいいことになります。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】で面白くなってくるのは11話「鼓の屋敷」

https://twitter.com/yu_ki777_/status/1245271738809606144

 

鬼滅の刃は、すぐに鬼退治が始まるわけではありません。

 

最初は、主人公・炭治郎の家族の物語から始まります。

 

そして妹・禰豆子が鬼になってしまう所から、炭治郎が鬼殺隊になる物語を描いていますね。

アニメの盛り上がりは

アニメ第11話の「鼓の屋敷」は炭治郎が吾妻善逸や嘴平伊之助と初めて会うストーリーです。

 

善逸とは最終選別で顔を見て覚えがあったのですが、2人が仲間になるのは11話が初めてですね。

 

【鬼滅の刃】11話では、炭治郎・善逸コンビの出会いから始まります。初対面の善逸は女の子に泣きついていて、見るからにヘタレなのが分かりますね。

 

その後、炭治郎と善逸は2人の兄妹と出会います。

 

2人は

「お兄ちゃんが閉じ込められてる」

と言っていて、炭治郎と善逸は屋敷の中に行きます。

 

その後、屋敷の中では猪の顔を被った嘴平伊之助と出会います。伊之助は見た目のインパクトが強すぎて、最初に見たときは敵なのかと思うほどでした。

 

しかも「猪突猛進」って言いながら走りまわっています。

 

また、調べたところによると【鬼滅の刃】はアニメで7話程まで進んでいる段階では原作でも盛り上がりが薄く、危うく打ち切りになる所だったようです。

 

しかし、11話で仲間が増えたり鬼との戦いがあったのでここから鬼滅の刃が一気に盛り上がり始めました。

 

【鬼滅の刃】11話の「鼓の屋敷」ではこの後メインキャラクターになる炭治郎・善逸・伊之助の3人の出会いと、鬼殺隊になってから初の鬼退治の物語なのでオススメです。
スポンサーリンク

ぜひ見て欲しいオススメは?

 

【鬼滅の刃】を見るならぜひ見て見所になってくる名シーンは、19話と23話です。

 

特に19話は視聴者やファンの間で神回といわれていて、「好きなシーンランキング」にも選ばれていますね。

 

さっそく、オススメの回について紹介していきましょう。

【鬼滅の刃】19話は神回!

 

まずは「神回」と呼ばれる19話から紹介します。

 

19話のタイトルは『ヒノカミ』です。

 

19話では、後に登場する鬼殺隊・柱の胡蝶しのぶと富岡義勇が登場しますね。

 

また物語の内容としては、炭治郎達が下弦の伍の鬼である累と戦うストーリーです。

 

19話では、十二鬼月と呼ばれている鬼の中でも強い鬼を相手に戦う姿が描かれていますね。

 

しかも、十二鬼月と呼ばれるだけあって物凄く強いんですよ・・・。

 

炭治郎は水の呼吸を習得していたのですが、子供の頃にお父さんに教わった「ヒノカミ神楽」を思い出すんです。

 

そして、妹の禰豆子も初めて血鬼術を使うんですよ。

しかもお兄ちゃんの炭治郎を助けるために。

 

また、19話では内容も素晴らしいのですが映像もとても綺麗だと話題になりました。

 

19話は兄弟の絆がとても表現されているので、ぜひオススメです。

豪華な柱が登場する【鬼滅の刃】23話

 

【鬼滅の刃】23話では、初めて柱とお館様が登場します。

 

富岡義勇・胡蝶しのぶは以前に登場しているのですが他にも

  • ・伊黒小芭内
  • ・悲鳴嶼行冥
  • ・不死川実弥
  • ・時透無一郎
  • ・煉獄杏寿郎
  • ・宇髄天元

が登場します。

 

9人の柱それぞれの個性が表れていて、一気に登場人物が増えていきますね。

 

さらには、炭治郎の妹・禰豆子が鬼だという事で生かしておくか、殺すべきかで言い合いになります。

 

そして不死川実弥が「鬼の本性を見せてやる」といって自分の腕を切り、禰豆子に見せますが禰豆子は「人間はみんなか家族だから傷つけてはいけない」と頑なに拒否していました。

 

いっぽう炭治郎は妹を鬼にした鬼舞辻無惨を恨み、倒そうと意気込みますがお館様からの一言「今の炭治郎にはできないから、先に十二鬼月を倒そうね」と言いました。

 

炭治郎とお館様のやり取りに笑いをこらえる柱たちも面白い物語ですね。

スポンサーリンク

コメディ要素では14話が面白い

 

笑えるシーンが特に多いのは【鬼滅の刃】14話ですね。

 

14話では、炭治郎と伊之助が喧嘩をする所からはじまります。

 

伊之助は炭治郎の妹・禰豆子を殺そうとするのですが炭治郎は全力で止めます。最初は真面目なシーンなのですが、中盤からはコメディ要素が一気に増えていきます。

 

喧嘩が終わったあと3人はケガの治療をしに「藤の花の家紋の家」に行きます。

 

そこには1人のおばあさんがいるんですけど、とにかく移動が速くて善逸は妖怪ババアと言うんですよ。

 

そして伊之助は炭治郎に次から次へと意地悪をするんですけど、炭治郎は究極の天然なので意地悪されている事に気づかず何を言われても優しく接します。

 

そんな炭治郎を見てさらにはキレる伊之助とのやり取りが面白いです。

スポンサーリンク

まとめ

アニメ序盤の方は、結構いまいちな評価を受けている「鬼滅の刃」ですが、11話頃からストーリーが盛り上がって来ますので、序盤を乗り切ってください。

 

鬼滅の刃は、ストーリーが進むにつれて、魅力的なところがありますので、是非とも最後まで視聴していただけたらと思います。

 

リサ
リサ

なんだかんだで、一度序盤だけ視聴して見るのをやめてしまった過去があるんですけどね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました