鬼滅の刃のアニメがつまらない?なぜ人気になったか調べてみた

鬼滅の刃 鬼滅の刃

今、鬼滅の刃て凄い人気ですよね。

 

かなり人気過ぎて、自分は敢えて漫画とアニメのどちらも見ていなかったのですが、一度試しに見てみるかと思いアニメの方を視聴してみましたが、4、5話ぐらいの途中で視聴するのを辞めてしまいました。

鬼滅の刃の視聴を辞めた理由

これは、人気だからなんとなく見てみたけど、思ったより面白いと感じなかったんですよね。

 

理由としては、物凄い人気過ぎて、見る前からの期待があり過ぎたのが原因かもしれません。

 

ただ、鬼滅の刃が好きな人に話を聞いてみると、序盤は結構微妙だけど、後からストーリーが面白くなるっていうことでした。

面白くなる前に見るのを辞めてしまってたみたい

実は、鬼滅の刃って序盤の方は、原作の方でもあまり盛り上がらずに打ち切りが心配されていた作品だったらしいです。

 

後々、登場する善逸と伊之助が出てきたあたりからが、鬼滅の刃が面白くなってくるらしくて、それまでに見るのを辞めてしまったからみたいですね。

 

アニメで言うと、だいたい11話ぐらいですから、割と1クールの終わりぐらいまでみないと面白くなって来ないって言うのは、アニメ的にはどうなんだろって感じもありますが、急に展開が変わって面白くなるなら、また観てみるかなと思ったところであります。

アニメ鬼滅の刃の口コミ感想

これだけ人気があるので、他の人の意見も知りたいなって思って、鬼滅の刃のアニメの感想や評価についてのレビューのアンケート取りましたので紹介させていただきます。

 

是非、アニメ視聴の参考になればと思います。

30代女性

妹から流行っているからと進められて見てみました!ジャンプ原作というだけあって「友情、努力、勝利!!」満載のストーリーです。昨日の敵は今日の友的に仲間が徐々に増えていき、根性で成長していき、最後には勝利する。「これぞジャンプ!」というストーリーが好きな方にはおすすめです。
他のジャンプ系と違うなと思う点は、主人公がものすごく優しいところだと思います。熱血的な優しさや、不器用ながらの優しいではなく、ただただ優しい。かつそれゆえのもどかしさとか、苛立ちとかは感じないので、すごく心温まります。
主人公以外にもキャラクターの魅力はこのアニメのポイントだと思います。少ない話数の中で相当数のキャラクターが登場しますが、個性が際立っていて面白いです。まだまだ深堀されていないキャラも多いですが、すでに背景などが見え隠れしているキャラの話が面白いので、続編を早く見たくなります。
作画の雰囲気は最近だとちょっと珍しい線太めで色も濃い感じです。ここはちょっと好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、元々繊細なタッチが好きな私でも違和感なく入れはしました。物珍しさもあってか戦闘シーンの動画部分など注目してみているとわくわくしますよ。

30代男性

鬼滅の刃の評判はアニメの視聴の前から聞いていたのですが、漫画原作の方は全く読んだことがありませんでした。しかし、アニメ版の最初の数話を見ただけで、確かにこのアニメは次世代のワンピースやNARUTOになりうるだけの十分なポテンシャルを持っているということを確信しました。
まずこのアニメの一番の強みは、伝統的なジャンプ少年漫画のいわゆる王道バトルモノの雛形に則っていることだと思います。誰もが馴染みのある物語展開を基盤としているので、初見の人たちにも抵抗を感じさせず素直に物語の世界に入っていけるのだと思います。
しかし、ただ既存の文法に則っているだけでは凡百な駄作となってしまう可能性を免れません。鬼滅の刃の素晴らしいところは、決して奇をてらうわけではない王道でありながらも、その上に他作品では真似できない独創性を存分に展開していることです。まず世界設定が素晴らしい。大正時代という時代劇と現代劇の境にある時代設定を取り、今までの作品とは一風違った世界観を作り出すことを可能にしています。
さらに成功するアニメに不可欠なキャラ設定も良く、それぞれの登場人物が他作品では見られない個性を発揮しています。特に個人的に好きなのは我妻善逸で、普段は間抜けキャラでありながら、恐怖が高まって眠ってしまうとめっぽう強くなるという対比の作り方がとてもうまく、ついつい感情移入してしまいます。
鬼滅の刃は以上のように、成功するべくして成功した作品であると言えます。これからも独創的な作品世界を作り続けていくことに期待しています。

20代男性

週間少年ジャンプにて2016年の11月から連載中の人気漫画『鬼滅の刃』。2019年の4月からアニメ放送が始まり、そして2020年10月に劇場版が公開されます。今、日本で一番人気でファンが多いアニメだと思います。時代は大正時代、主人公の竈門炭治朗の家族が鬼に喰われ、妹が鬼になってしまったところから始まります。炭治朗は妹を人間に戻すため、鬼を滅ぼすために強くなっていくというストーリーです。始まり方が驚愕で、始まりから心を奪われてしまった人も多いと思います。キャラクターがとても魅力的で人気があり、キャラクターの衣装のコスプレが日本中で流行りました。炭治朗が後に入団する鬼を殺すプロ集団「鬼殺隊」のキャラクターが人気があり、鬼殺隊のキャラクターの衣装のコスプレが特に人気があります。鬼殺隊には最高位に立つ9人の剣士がおり、それぞれに○柱という肩書きを持っています。日輪刀という剣で鬼を倒していき、全集中の呼吸という流派を使い、技をくりだし鬼を倒していきます。日輪刀や技も人気があり、真似をする人が増えてきました。鬼滅の刃は謎が多く、その謎がストーリーが進むにつれ明らかになっていくのが楽しく人気である理由だと思います。そして鬼にも人生があり、どうして鬼になってしまうかという経緯も残酷で感動する場面もあります。家族への愛や仲間の大切さなど鬼滅の刃からはたくさんの大切なことを学ぶことができます。ぜひおすすめするアニメです。

20代女性

鬼になってしまった妹の禰豆子を救うべく、鬼殺隊士になることを決意した炭治郎ですが、入隊する為には並大抵の努力では足らず、修行を重ね続ける炭治郎に胸を打たれました。最初は冷たく厳しいばかりだった鱗滝さんが、炭治郎を抱きしめるシーンは感動して涙を流してしまいました。そして鬼殺隊士になれた後の炭治郎は心身ともに更なる成長を遂げていき、その想いの強さがしっかりと形になっているのが嬉しかったです。また、誰よりも優しい炭治郎ですが、優しいからこそのその鬼への怒りにはアツいものを感じれます。決して揺るがない真っ直ぐな想いを持っているからこそ、炭治郎には鬼には負けてほしくないです。あとは鬼殺隊同期の善逸と伊之助とのデコボコトリオっぷりも面白くて好きです!最初は全く息が合わなくて問題ばかりだった3人が同じ任務をこなすことで助け合うことを知り、協力して支え合えるようになったのも見ていて嬉しかったです。アニメがあっという間に終了してしまったのがとても残念でしたが、今後は映画に続いていくということだったので映画も絶対に見に行きます!既に原作では作品は読み込んでいますが、映画の内容はまた感動出来るストーリーなので、今からとても楽しみです。そして映画の後には再びアニメ化してほしいです!

20代女性

鬼滅の刃はとても見ごたえのある素晴らしいアニメです。
この作品は鬼になってしまった妹を救うため旅をする心優しい兄が主役なのですが、この主人公をはじめ、作中に出てくるキャラクターの個性が最高です。
主人公は真っ直ぐで清らかで強くて努力家な少年です。
でもどこか抜けてて天然で可愛くて温かい、そんな誰もが応援したくなるTHE好かれキャラです。
またそんな彼と共に旅を続ける仲間には、誰よりも才能はあるのに弱虫泣き虫逃げ腰の男の子がいます。
彼のキャラクターもとても良くて、鬼と戦うという現実離れした設定の中でとても的確にビビり文句を炸裂してくれます。
彼の言葉選びが面白くてつい声を出して笑ってしまうシーンも多いです。
このようにこの作品には個性豊かでつい好きになってしまうような、良いキャラクターが多く揃っているのです。また鬼滅の刃が子供だけでなく大人からも人気があるのは、ストーリー構成がとてもしっかりしているからだと思います。
ただ鬼とのバトルを繰り広げるだけではなく、鬼には鬼なりの悲しき過去や事情があり、残虐なことをしている敵だと分かっていてもどこか同情してしまいます。
このようにストーリーに深みをもたせている作品だからこそ、世代を超えて愛され読まれるのだと思います。一度読むとつい夢中になってしまう素晴らしい世界観のアニメです。
ぜひ多くの人におすすめしたいです。

鬼滅の刃まとめ

実際に感想を聞いてみると、今後は最後まで観てみようかと思えました。

 

急にめちゃくちゃ面白くなって、凄くハマってしまう作品ってありますからね。

 

今回の鬼滅の刃もそういうパターンみたいです。

 

物凄く人気な作品だから、序盤から面白いのかなと思ってましたし、人気過ぎて期待し過ぎた部分もあったので、今度はちゃんと最後まで観てみます。

 

判断は、それからですね。

追記 アニメ全話と漫画全部読みました

やはり、後半になってから盛り上がってきた感じでした。途中から魅力的なキャラクターがどんどん出てきましたので、一気読みしてしまいました。

 

ここまで人気になるほどか?とは、思ったところではありますが、普通に良作ではあると思いました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました