SONY XBA-N1レビュー【ハイレゾ対応有線ケーブルイヤホン】

ガジェット
この記事は約5分で読めます。

便利さだとブルートゥースで接続出来るワイヤレスイヤホンがおすすめですが、欠点は音質に拘る方や接続が切れたりする安定性がいまいちな場合があります。

 

個人的には、今時の3万円ぐらいの高めの価格帯である「AirPods Pro」とかならワイヤレスの便利さとコンパクトなサイズ感で、それなりの音質があるのでワイヤレスイヤホンでも満足度は高いです。

 

今回は、1万円ちょっとで購入することが出来るハイレゾ対応の有線ケーブルであるソニー「XBA-N1」のレビューを実際に使用している方に書いていただきましたので、ワイヤレスイヤホンでは物足らない音質に拘りたい方や有線派の参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

SONY XBA-N1レビュー

XBA-N1

SONYのイヤホンの中でも、1万円を超える高級品に属する部類のイヤホンです。

 

いいイヤホンとは何なのか考えていくと、響き渡る重低音の迫力だったり、澄み渡る高音の美しさだったり、いい製品の特長は様々だと思います。

 

しかし、この製品は、低音に迫力があるわけではなく、高音が美しく響くわけでもありません。全体的に、音が中性的で特徴がなく、静かに忠実に原音を再現しているという印象があります。

 

これは、いいバーテンダーや執事がもっているような性質、出しゃばり過ぎず、場に溶け込み、飽くまでも穏やかに上質な雰囲気をかもしだすような落ち着きを体現しているようにも思えます。

 

低音に迫力のあるイヤホンが活発な若者のようなイメージなら、高音が美しいイヤホンは清楚な女性、神々しい荘厳性といった印象を備えているかもしれません。

 

それならば、このイヤホンには、なにものにも染まらない、なにものでもない老成された穏やかさがあるのではないか、と思います。

XBA-N1

低音の良さを訴えたり、高音の美しさを声高に叫ぶのではなく、その良さを大きな声で主張しないような穏やかな性質が、このイヤホンには宿っていると思います。そして、それは再現する事が難しい部類の表現だと思います。下手をしたら、ただの品質の良くない粗悪品とみなされてしまう恐れがあるからです。

 

しかし、このイヤホンの音を注意深く聞いていると、ボーカルと楽器の音がきれいに区分されていて、両者がはっきりとそれぞれの音色を持っている事が分かるようになっています。安いイヤホンでは、それらの区別がなく、音がひとつの音としてしか聞こえてこないのですが、このイヤホンは、それぞれの音の存在を大切に表現しており、それぞれの音が音として独立しているような印象を受けます。

 

なので、全体としてひとつのメロディであるにも関わらず、そこにはそれぞれの音があり、それが感覚に深みを与えているかのような良さがあります。

 

このように、それぞれの音を大切にしているような優れた印象があるのがこのイヤホンの特徴なのですが、その他にも、音が丁寧に表現されている所もポイントです。

 

音を迫力のある響きで強調したり、輝かしい澄んだ高音で補強したりする事がなく、ひとつひとつの音をそのまま丁寧に鳴らしている所に好感が持てます。

 

自分を大きく見せようとか、素晴らしいものに見せようとか、そのような思想がこのイヤホンには無く、先ほども言いましたが、老成して自我を控えめに削ぎ落したような、洗練された落ち着きを宿した大人のような、

 

そのような印象があります。迫力だけを求めていない静謐さのようなものがこのイヤホンにはある、と言えるかもしれません。音を鳴らす事によって、逆に静かさを表していると表現する事もできるでしょうか。

 

そして、それは中々できる事ではないと思いますし、その点、このイヤホンは優れた性質を備えていると思います。

 

それが、普通のイヤホンにはない高級感を演出しているようにも見えますし、それがSONYがたどり着いた音表現のひとつの答えとして、このイヤホンの中に宿っているような気がします。

XBA-N1

また、特に、私の耳に合わせてオーダーして作ったわけではないのですが、装着してみると、耳にぴったりとはまる装着感の良さがあり、その点も優れていると思います。このように、音色でも、構造でも、優れた品質を生み出しているのがこの製品の特長であり、良さであると思います。

るしゃ
るしゃ

イヤホンは、キャップによってつけ心地が変わるので、標準に付いてるイヤホンキャップで自分に合ったやつをしっかり見つけて利用するのもたいせう。

色々と書いてきましたが、このイヤホンの音色表現には難しい部分があるため、気楽に迫力と透明感を楽しみたい、という方には向いていないかもしれません。

 

それが、人によってはマイナスポイントになる事もあるかと思います。
しかし、そこになにがしかの美学があるのは伝わってきますし、それを様々に解釈するという楽しみもあると思います。

 

私はこのように思いましたが、この良さをどのように表現するか、使ってみた人が、それぞれ考えてみると良いのではないでしょうか。

 

力が抜けている、落ち着きがある、静寂がある。様々な表現ができるかと思いますが、個人的には、老成した、高級感のある優れたイヤホンであると思いました。

スポンサーリンク

まとめ

音質に拘りたい方は、まだまだ有線のイヤホンを使う価値があると思います。良い音質で音楽を楽しみたいという方は、「Amazon Music HD」を利用すると多数のハイレゾ音源が配信していて、色んなジャンルを楽しむことが出来ますのでおすすめです。

 

初月無料キャンペーンをやっていて、無料期間中に解約すれば完全にタダでお試し出来るので、一度気軽に試してみてください。音質の違いがわかると思います。

>>「Amazon music HDの評判は?音質は本当に良いの?」

Amazon music HDの評判は?音質は本当に良いの?
...

自分自身は、もうワイヤレスイヤホンの便利さの方が大事なのでワイヤレス派になってます。

 

ただ、自宅でじっくりと音楽を楽しみたい時は、ちゃんとそれなりに良いスピーカーで聴いてたりするので、何を重視するかによって変わってきそうですね。

>>「サウンドバーかスピーカーはどっちがおすすめ?」

サウンドバーかスピーカーはどっちがおすすめ?【初心者向け】
...

>>「イヤホン関連の記事一覧はこちらから」

ガジェット
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント