BeatsFlexは音質悪い?ワイヤレスイヤホンレビュー

Beats Flex ガジェット
この記事は約6分で読めます。

今は、スマホがあれば簡単に動画の視聴や音楽視聴がすることが出来ますが、外出先ではイヤホンやヘッドホンを使って音を聴くことが多いと思います。

 

今回は、比較的手が出しやすい5000円前後の価格帯である「BeatsFlex」についてレビューをまとめることにしました。

 

うーぺー
うーぺー

私自信は、ワイヤレスイヤホンは「AirPods Pro」とヘッドホンは「WH-1000XM4」の使い分けをしてますので、「BeatsFlex」は別の方で実際に使用してる方にレビューを書いて頂きました。

スポンサーリンク

低価格で日常使いにおすすめなBeatsFlex

BeatsFlexの一番の利点は低価格で購入できることだと思います。

 

Beatsはそのスタイリッシュなデザインや目を引く色合い、そして高音質が特徴でAppleの傘下ということもあり世界中で愛されている有名オーディオブランドです。

 

そのBeatsのワイヤレスイヤホンが5,400円で購入できるというのは驚きました。もちろんただ安いだけではありません。元々Beatsは高級路線でしたがそのブランドのイメージを崩すことの無いイヤホンになっていると思います。

 

私は元々ヘッドホンを使用していましたが壊れてしまったのでワイヤレスイヤホンを探していました。

 

iPhoneユーザーなのでAirPodsが一番に浮かびましたが価格は高いしワイヤレスイヤホン初の私にとってはケーブルが無いのは落としてしまいそうで心許ないと思いました。

うーぺー
うーぺー

私みたいなガジェット好きは、多少値段が高くても快適度やそこそこの音質を求める人は、「AirPods Pro」とかの方がおすすめですが、ケーブルなしのため紛失が怖いという人には、ケーブルが繋がってるタイプはいいかもしれないですね。このタイプは、とにかくバッテリー持ちが良いのもメリットです。

低価格帯でコスパがいいのでAirPodsの代わりにも

Beats Flex

私のようにAirPodsの代わりとなる物を探している方にはぜひおすすめしたいです。

 

お手頃なお値段でBeatsというブランド力もあるのでプレゼントするのにもぴったりだと思います。まず見た目ですが、私が購入したのはブラックで黒にアクセントカラーとして赤が入りシンプルでいてかっこいいビジュアルです。

 

カラーは全4種類あるので自分のファッションに合わせやすい色が見つかると思います。ボタンは3つしか無いので操作はとてもシンプルです。そしてケーブルには長時間使っても快適な工夫がなされています。

 

ご存知の方も多いと思いますがイヤーバッドがケーブルで繋がれて首の後ろに回す形となっています。

 

音楽を聴かない時はイヤーバッドがマグネットになっているのでそのままネックレスのようにかけっぱなしにしていても忘れてしまうほど柔らかいケーブルです。ケーブルはニチノールで作られておりとても柔軟でありながら軽く耐久性にも優れています。

 

ポケットや鞄にぐしゃっと入れても絡まないのはストレス解消です。ボタンは常に鎖骨のあたりにあるので装着、使用共に非常に快適です。

うーぺー
うーぺー

ケーブルで繋がってるタイプのワイヤレスイヤホンは、ちょっと耳から外す時とか首に掛けて

バッテリー持ちが非常に良い

バッテリー持ち

次にバッテリー機能ですが12時間連続で利用できるので外出先で切れてしまうことは滅多に無いでしょう。購入時に充電器は付属されていないので持っていない方は購入が必要です。

 

急速充電の機能もあり10分の充電で1.5時間の利用が可能です。

 

左右のイヤーバッドのマグネットをくっつけると音楽が一時停止になりバッテリーの消費を抑えてくれます。また耳に戻すと音楽が再生になります。

うーぺー
うーぺー

「AirPods Proの再生時間が最大で4.5時間なので、3倍近くバッテリー持ちするのは長いですね。AirPods Proは、長時間視聴する時は、たまにバッテリー切れすることがあるので持ちが長いことに越したことはないです。コンパクトにするとバッテリー容量が少なくなるのは仕方がない部分ですけどね。

BeatsFlexの音質が悪いと低評価する人の理由

BeatsFlex

Androidにも対応していてBluetoothで簡単に接続することができます。付属品にはイヤーチップが4種類も付いているので自分に合うサイズが見つかりやすいと思います。
しかし、自分にフィットしていないと音質がかなり低下するとの意見が多いです。

 

低評価をする人の理由はだいたいこれが多いです。

 

BeatsFlexにはカナル型という耳栓タイプが使用されています。AirPodsの様なインナーイヤー型に比べると外れにくくぴたっと耳に密着するので音漏れが少なかったり細かい音も聴き取りやすいことが利点です。

 

しかし、ぴたっとフィットさせるのには慣れが必要なのでカナル型を使い慣れていないと音質が悪いと感じることが多いです。

 

ほんの少しでも密着していないと音が抜けて乾いた音と言いますか悪く聞こえるのです。前作のBeatsXが1万円を超えるのに音質の評価があまり良くありませんでした。

 

そのBeatsXに比べると改良されて音質はかなり良くなっていると思いますがまだそういう風に感じてしまう人が多いといった点ではイヤホンとしての性能は低いのかもしれません。

BeatsFlex

Beatsでこの低価格だからと多少は諦めが必要かもしれませんがブランドにこだわらなければもっと安く買えたり同じような金額でグレードの高い物が買えることも確かにあります。

 

他社の物であれば防水機能もあって充電部分にふたがついている物もあるのでもっと安心して使えるかもしれません。

 

以上のことをふまえても音に対して相当なこだわりを持っていたり音響オタクでなければ私はおすすめの品だと思います。この低価格ですから1万円を超えるようなイヤホンと比べたら性能に不備を感じるのは当然のことかと思います。

 

むしろそれと比べてしまうのは求めすぎだと思います。

 

最初から数万円のイヤホンを購入した方が間違いありません。私的には気軽に毎日使えて十分な音質を感じているのでおすすめの商品です。

スポンサーリンク

まとめ

BeatsFlexは、アップル製品との連携が良いですね。

 

「AirPods  Pro」を使ってる理由の一つは、「MacBook Pro」や「iPhone」や「iPad Pro」の接続切り替えがスムーズに出来ることもあります。

 

「BeatsFlex」には、ノイズキャンセリング機能がないので、ノイキャン性能が欲しいという方には、結構値段が高くなってしまいますが、やはり「AirPods  Pro」がおすすめです。

 

音楽の視聴は、アマゾンミュージックが音質が良くて、初月無料キャンペーンもやってたりするので音質のテストにも最適です。

>>「Amazon music HDの評判は?」

Amazon music HDの評判は?音質は本当に良いの?
...

スマホでYoutubeを結構視聴するという方は、「Youtubeプレミアム」を利用するとバッググラウンド再生や「Youtube music」が非常に快適になります。ただ、普通に登録すると月額の費用が高すぎるので、格安で登録することが出来る裏技的手法も別の記事でまとめてますので、こちらも確認してみてください。

>>「Youtubeプレミアムを月額200円で利用する裏技」

Youtubeプレミアム1550円の利用は情報弱者!月200円の登録方法
...
ガジェット
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント