iPhone13 Proなら一眼レフカメラは不要になる?【スマホ】

iphone ガジェット
この記事は約7分で読めます。

ここ最近の最新iPhoneは、カメラ性能ばかり宣伝されたりしてますが、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラの代用になるレベルなのかが気になるところですよね。

 

今回は、実際に「SONY」「Nikon」「Canon」のフラグシップモデルの一眼カメラなどを使ってきた自分がレビューをまとめることにしました。

 

一応カメラやレンズには、総額300万円程度は使ってきてプロの現場でも撮影してきた実績もあります。カメラ機材は、何かと高い商品が多すぎです。

スポンサーリンク

iPhone13 Proなら一眼レフカメラは不要になる?

先に結論をまとめると一眼カメラは、Raw現像など写真編集をしないという人なら不要です。「iPhone13 Pro」レベルのスマホカメラでもそれなりに綺麗に撮影出来ますし、写真のレタッチも出来ます。スマホ・カメラで十分だと感じました。カメラの機種にもよりますが、古めの一眼カメラならスマホの方が上が画質も良かったりします。
ただ写真撮影が趣味という人なら、一眼カメラの方が写真を撮影している気分になるためカメラで撮影するメリットはまだまだあります。
また、一眼カメラはレンズ交換をすることが出来るので、結構お金は必要になって来ますが、スマホでは撮れない写真を撮影することが出来ます。
ワイヤレスでストロボを発光させたりして写真を撮影したり、人物撮影では本格的なカメラの方がモチベーションにも繋がりますしね。
でも手間なく適度に程々に綺麗な感じの写真が撮れたら良いんだよ。っていう人は、「iPhone13 Pro」で十分だと感じました。
下の写真は、「iPhone13 Pro Max」でポートレートモードF1.4で室内撮影した写真です。
iphone 13 pro Max
スマホの写真と一眼の写真で大きな違いは、ボケがあるかどうかでしたが、iPhone13 Proなら、「ポートレート」モードを使用することで、こんな簡単に背景がボケた写真を撮影することが出来ます。
iPhone11の頃は、結構変な部分がボケたりすることがありましたが、映像処理のソフトが改善されたのか以前よりも違和感が減ってます。
これなら、今後もっと改善されて行くと一眼との違いがよりわからなくなりそうだなって感じますね。後、2,3年も経てば一眼カメラの優位性は、どんどん無くなりそうです。
うーぺー
うーぺー

今までスマホのカメラって、たいしたこと無いと思ってましたが、使い出すと割とやるやんっていう感想を持ちました。

下の写真がミラーレス一眼カメラ「ソニーα9」「FE70-200 f2.8 gm」になります。
どちらも適当に撮影した取って出しの写真です。
「iPhone13 Pro Max」の写真には、ボケ味に違和感を感じる部分もありますが、一般の人が見たらどっちでも良いかなと思える範囲だと思います。
わざわざカメラからパソコンなどに写真を転送する手間を考えると、これだけ気軽に写真を撮影することが出来るスマホカメラ悪くないっすねぇ〜。っていう感想を持ちました。
等倍にするとノイズや画質の差は大きいかと思いますが、SNS等のウェブに上げるサイズならノイズがそこまで目立つわけじゃないので、仕事や撮影が趣味じゃない人以外は、スマホで十分かもしれません。
うーぺー
うーぺー

現在写真はブログで使う程度になってるので、エアードロップで簡単に「MacBook Pro」に転送することが出来る「iPhone13 Pro Max」で良いかなとなりました。とにかくスムーズに写真を使うことが出来るのがいいですね!

一眼カメラでも、真面目に写真を撮影するならストロボなどを利用する必要性が出てくるので、そこまで手間は掛けなくてもいいかなとなってます。

写真初心者ほどスマホカメラの方がおすすめ

適当になんか良い感じの写真が撮りたいという方は、スマホカメラの方が色味補正が強いです。

 

また、「iPhone13 Pro」の手ブレ補正が強力なのか室内で撮影しても、あまりブレることなく写真を撮影することが出来ました。(今までだと、スマホは適当に撮影すると簡単に写真がブレた)

 

一眼でも、室内はエントリー機などについてるキットレンズでは、結構厳しいため、気軽に撮影出来る「iPhone13 Pro」は良いと判断します。

いつでも撮影することが出来るところが魅力

一眼レフカメラは、本当に写真を撮影するという時以外は、持ち運びしないと思いますが、スマホは基本的に常に持ち歩いてるガジェットだと思います。

 

常に持ち歩いてるからこそ、写真を撮りたい時に撮影することが出来ますし、写真の編集もしたければ、スマホのアプリで簡単にいじることも可能です。

 

わざわざ高いカメラを購入したのに、あまり撮影する機会が無かったりするなんて人も結構居たりするので、その点スマホならカメラはあくまで一つの機能だから、多少高くても購入する価値が高いです。

 

「iPhone13 Pro」は、防塵防滴仕様なので、雨が降ってる時などでも関係なく撮影することが出来るため、一眼カメラでは撮影出来ない写真も撮れます。

写真はレタッチ編集するとかなり変わる

この上の写真は、「iPhone13 Pro Max」の広角カメラで撮影した写真になります。

 

次に写真をレタッチした写真です。はっきり違いがわかるように彩度高めの編集にしました。

こちらの写真は、やりすぎ感がありますが、現在のSNS等で上がってる写真は、一眼カメラでもスマホ・カメラでも、ほぼ全て写真編集されてると思った方がいいです。

 

編集自体で写真は、かなり変わってしまうので編集の仕方を覚える方が大事かもしれません。

 

ちなみに一眼レフカメラの写真データの方がレタッチ耐性は強いです。

iPhoneだとデータの取扱が簡単

Amazon Photos

スマホだと撮影した写真をスマホのみでSNS投稿まで完結させることが可能ですが、一眼カメラの場合は、写真を撮影してからデータをスマホかパソコンなどに転送する必要性があります。

 

その一手間が割とめんどくさいです。

 

スマホは、基本的にネットに繋がっているガジェットなので、転送機能も優れてたりします。

 

実際に自分が写真データの管理運用方法をお伝えすると「Amazonプライム会員」に入ってる必要性がありますが、「Amazon Photos」を利用することで無制限の写真データをバックアップすることが可能になります。

おすすめ使い方としては、外でスマホで撮影する>自宅や外出先のWi-Fiで写真を転送(通信費節約のため)>写真データアクセスは自分が所有するどの端末からでも可能
うーぺー
うーぺー

写真を沢山撮影するとスマホの容量が減って困るという人でも、「Amazon Photos」使っておけば、無限に写真データを保存しておくことが出来るため、もう容量不足とか何も怖くない。

るしゃ
るしゃ

アマゾンに保存しておけば、パソコン、タブレット、スマホどの端末からでもアクセス出来るのがマジで便利なのよ

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「iPhone13 Pro」推しのレビューになりましたが、本気で写真撮影を趣味以上にする人以外には、もうスマホのカメラで十分過ぎるレベルです。

特に13シリーズから、簡単にマクロ撮影することも出来るようになったため、被写体によって撮影することが出来ないっていうことも無くなりました。

 

広角、標準、望遠、マクロ撮影をスマホ一つで出来るので、最近のスマホカメラは、バカに出来ないクオリティになってきました。

 

でも、「iPhone13 Pro」自体の価格が高いので、その金額出せば一昔の良い一眼レフカメラ買えますけどね。

 

何を優先するかは、人それぞれですが、もう自分は基本的に一眼カメラは使わずに「iPhone13 Pro Max」で良いと思ってますよ。

ガジェット
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント