povo2.0の24時間データ通信使い放題をテザリングで使い倒した件

povo2.0テザリング ガジェット
この記事は約6分で読めます。

povo2.0がついにサービス開始になりましたので、さっそく「UQモバイル」からMNPして「povo2.0」に切り替えました。

 

デュアルesimで「楽天モバイル」も利用しているため、これでデータの使用量次第では毎月0円運用が可能です。

 

デュアルSIMが使用することが出来るスマホ端末を利用しているという方は、是非「楽天モバイル」と「povo2.0」運用を検討してみて欲しいレベル。電話使い放題+データ4GBで月額990円(税込み)運用が出来て、安定のau回線が使えるので、楽天モバイルの不安定さをカバーすることが可能です。

スポンサーリンク

povo2.0の24時間データ通信使い放題をテザリングで使い倒した件

povo2.0データ使い放題

「povo2.0」では、アプリからの課金でプランをトッピングすることが可能です。

 

今回は、ブログ記事のネタとして「24時間データ使い放題」330円(税込み)を使ってみることにしました。

 

トッピングは、課金してからすぐに高速通信することが可能になるため、本当に必要な時だけ契約する感じでやっていけば、かなり月のコストを抑えることが可能です。

トッピングなし時の通信速度は、0.1Mbpsという感じでウェブサイト閲覧もままならないレベルなので、通信が必要な時はその都度トッピングは必須です。

 

現在、データ使い放題を契約してから「iPhone13 Pro Max」をテザリングして「MacBook Pro」で記事を書きながら、Youtubeの動画を流しながら作業をしてます。

 

HD画質で流しながら作業してますが、動画の読み込みが止まるなんてことも無くて快適に作業することが出来てます。

通信速度はぼちぼち

テザリング

この通信速度は、テザリングをした「MacBook Pro」で計測しました。

 

個人的には、10Mbps以上が安定して出てたら、普通に通信としては問題ない感じなので、24時間データ通信はガッツリ外出先で使いたい時に役立ちそうです。

 

ただ、YoutubeでHD画質の動画を流しながら、ウェブサイトを開いたりしたらウェブサイトの読み込み速度が遅かったりしたため、HD画質+ウェブサイト閲覧は、少し厳しいかなという感じですね。

 

住んでる地域によっては、もっと通信速度が出る場所もあると思うので、通信速度が速い場所なら問題は無さそうです。

 

テザリングでもここまで使えるなら、モバイルWi-Fiルーターの出番は益々無くなるだろうなって思います。

 

自分の使い方としては、基本的に自宅の光回線のWi-Fiを活用してデータ通信を抑えつつ、たまに外出先でガッツリ使いたい時があるぐらいなので、自分が必要な時に必要なデータを契約出来る「povo2.0」は、なかなか良いプランですね。

 

上の方でも書きましたが、「楽天モバイル」と「povo2.0」の組み合わせをすれば、通話し放題+4GBで月額990円というのは格安運用過ぎます。今までは格安SIMなら、同価格帯も可能でしたが「povo2.0」は、データを本当に使わない月は0円で維持出来ますからね。
うーぺー
うーぺー

今年の2021年は、なるべくデータ通信を控えて月額0円運用していきたいと考えてます。というのも「iPhone13 Pro Max」を購入したのが高すぎたからだ!

注意点としては、180日間以上(半年)ほど有料課金がない場合、利用停止や契約解除になる可能性があるため、ずっと0円運用することは不可能ですが、普通にスマホを使っていていたらデータトッピングすると思うので問題ないレベルです。

外出先によっては凄い速度も出ました

通信速度

いくつか外出先でPovo2.0の通信速度を計測してみましたが、場所によっては4Gなのにこんなスピードで計測されたりしました。

 

スマホの4Gでこんなスピードは、初めてみましたが良い環境なら通信速度は凄く良い感じですね。

4Gがここまでやれるなら、5Gじゃなくても良いのでこれをどこのエリアでも浸透させてくれたらありがたいんですけどね。ちなみにこのスピードは、普通の自宅の光回線WI-FIよりも速いぐらいの通信速度です。
個人的な感覚としては、「100Mbps」以上出てたら速いなぁ〜って感覚ですね。
一番重要だと思うのは、一時的な通信速度よりも常に安定してそこそこの通信速度が出ることですけどね。この辺は、「povo」はある程度信用しても良さそうだと思ってます。
万が一のためにデュアルSIM運用しておけば、どちらも使えないっていうことは少なくなるため、0円運用を考えれば「楽天モバイル」と「povo2.0」は契約しておいて損することは無さそうです。
スポンサーリンク

どのデータトッピングがお得か?

povo2.0
これは、どれだけ普段データ通信をするかによりますが、コスパが良いのは150GBの12980円です。平均1ヶ月25GB使えて、月額2164円と考えるとなかなか安いですね。
スマホでここまでデータ通信をするっていう人は、かなりスマホを使ってる人かと思います。
動画をあまり視聴せずにウェブサイト閲覧がメインだと言う方は、月3GBあればやっていけそうな感じなので、月額990円のプランになりそうです。
自分もスマホの通信では、動画視聴は避けてるので3GBプランでやっていけそうな感じです。
うーぺー
うーぺー

「UQモバイル」の時は、全く通信を使って無くても最低のプランで月額1628円のコストが発生してましたが、ぼちぼち使えて月額990円以下で利用することが出来るようになったのはありがてぇ。

スポンサーリンク

まとめ

「povo2.0」は、スマホからのテザリングでも普通に通信が安定していて使うことが出来ました。今後、他社も似たようなプランを出して来そうな感じもしますが、もしそれも0円運用が可能なら追加で契約するかもしれません。
iPhoneは、デュアルSIMの「楽天モバイル」+「povo2.0」運用ですが、「iPad Pro」は、SIMなしのテザリング運用してるため、0円なら契約して通信障害や利便性を良くするために契約ですね。
現代では、スマホの通信は必須なので、こうやって月のコスト負担が下がったのは顧客としては助かるところです。
今まで、スマホの通信費に毎月1万円近く支払いしてたのが無くなったは大きすぎますね。
でも、何も考えていない方は、ずっとプラン変更をしないまま、あまり使用しないにも関わらず高い料金を支払い続けてる人も居たりするので、情報を知って実行する者だけが得する時代だなぁって思います。
https://koumasai.jp/archives/15397
ガジェット
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント