HT-ST5000レビュー今が買い時か?【ソニーサウンドバー】

HT-ST5000 ガジェット
この記事は約7分で読めます。

2017年11月発売されたソニーのフラグシップ機サウンドバー「HT-ST5000」ですが、後継機である「HT-A7000」が発売されたことにより生産終了品になり、現在在庫処分で値段が一気に値下がっております。

「HT-ST5000」の販売価格帯は、平均15万円前後でしたが現在10万円以下で購入することが出来る価格帯まで下がって来たので、コスパ的には今が買い時そうです。

 

ということで、今回はサウンドバー「HT-ST5000」のレビューをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

HT-ST5000レビュー今が買い時か?

先に結論をまとめていくと「HT-ST5000」は、ソニーの最上位サウンドバーのため、音質に関しては非常に満足出来るレベルかと思います。しかし、リアスピーカーを置くことが出来るタイプじゃないため、リアル5.1chの臨場感には敵わないです。コスパ良くテレビの音質を上げたいという方は、新モデルの「HT-A7000」よりも在庫処分で値段が下がっている「HT-ST5000」の方が良さそうです。

基本的に家電製品は、新しい機種と値段が高くなるほど性能は上がりますが、スピーカーに関しては単純に音質だけだと大きな差はないですし、感じ方も個人差が大きい部分になります。

 

個人的には、テレビの前に置くだけのサウンドバータイプだと、7.1.2chのサウランドシステムでも、実際に置けるリアスピーカーには敵わないと考えてるため、配置的に置けるなら実際にリアスピーカーを置きたいところです。

 

今は、自分も部屋の環境的にリアスピーカーを置くことが出来ない状態なので、前に置くことが出来るスピーカーにしてますが、たまにリアル5.1ch以上に戻したいなって考える時がありますね。

 

ワイヤレスリアスピーカーが別売りでも良いので発売してくれてたら、「HT-ST5000」の評価はもっと良かったかもと思います。
「HT-ST5000」の商品説明にあるような全方位から音に包み込まれるという感覚は、前方に置くだけのサウンドバータイプでは、限界があるなっていう印象です。
予算があるなら、2021年に新発売されたソニーのホームシアターシステム「HT-A9」は、ワイヤレスで7.1.4chの接続が出来るスピーカーは非常に評価も良くていいですね。
値段が高いのにも関わらず非常に良く売れてるみたいで、在庫も少ない状況が続いてます。
スピーカーが多くなると設置場所の調整が困りやすいですが、ソニーの設定で結構自動調整をしてくれるので、オーディオ初心者でも最適な場所を選択してくれるところも良い感じでした。
うーぺー
うーぺー

ただ値段が高すぎんだろ…と思うよ。もう少し安ければ良いなーって思う商品ですね。ただ、これがあれば自宅の環境が最高になるのは間違いない商品です。

スポンサーリンク

HT-ST5000の音質について

サウンドバーは、音質が悪いという印象を持ってる人もいるかもしれませんが、さすがにこの価格帯のサウンドバーなら、それなりに良い音を出してくれるので、よほどのスピーカーマニアじゃなければ満足出来るかと思います。

テレビの前にサウンドバーをサクッと置くだけで設置することが出来て、設置に苦労することがないところもいいですね。

 

自分も1万円〜15万円ぐらいのスピーカーを様々使って来ましたが、スピーカーに関しては、10万円前後のを購入すれば十分かなと判断しました。

 

これ以上のスピーカーを購入しても、大きな違いはわからないでしょうし、スピーカーに使える金額があるなら、他のガジェット関連に使いたいっていうのもあります。

サブウーファーがワイヤレスなのは便利

ワイヤレススピーカーの弱点は、音が途切れる可能性があることですが、これは部屋の無線環境によるので、実際に使ってみないことにはわからないところになります。

自分は、ワイヤレスでも特に音が途切れるなんてことは、ほとんど体験しなかったので問題ありませんでした。パソコンなどの接続にBluetoothも結構使ってますが、そんな接続が頻繁に切れるなんてことは無かったです。

 

「HT-ST5000」は、サブウーファーを有線接続することが出来なくて無線接続のみの機種になるので、どちらでも選べたら良かったですがソニーのサウンドバーは、だいたいそうなってるんですよね。

 

ワイヤレスの接続が問題無ければ、サブウーファーの置く場所を結構自由にすることが出来ます。

 

サウンドバー単体だとどうしても低音がいまいちなので、サブウーファーを付けるかどうかで、結構音の感じ方は変わります。サブウーファーの音量は、6~8ぐらいが丁度良いかなって思います。

 

低音は、かなり響くので音量を上げすぎると近所迷惑になりやすいので注意が必要です。
スポンサーリンク

HT-ST5000とHT-A7000の比較

HT-A7000は、HT-ST5000の後継機種になりますが、1本のサウンドバーにサブウーファーを内蔵した7.1.2chサラウンドシステムです。
サブウーファーを置く場所がないという方には、サウンドバー1本だけでそこそこの音質を楽しむことが出来る商品に仕上がってます。
ソニー(SONY)
¥44,000 (2021/09/22 23:13:38時点 Amazon調べ-詳細)
そして、この「HT-A7000」からリアスピーカー「SA-RS3S」を購入することで、後方からのリアルサラウンドを追加することが可能になりました。
サブウーファーに関しても、サウンドバーのみからでは物足らないという方には、「SA-SW3」と「SA-SW5」を追加することで、より低音を利かすことが可能です。
このため「HT-A7000」は、リアルサラウンドスピーカーを追加して拡張させることが可能になりましたが、一つ一つの追加商品が結構高めの設定なので、全部揃えるだけで20万円ほどの出費になります。
うーぺー
うーぺー

サウンドバー単品だけなら、「HT-ST5000」の方がサブウーファーが別途付いていて、コスパ的にもいいよねって思います。

リアルサラウンドを構築したいなら、既に高評価で在庫切れが多数発生している「HT-A9」の方が良いかなと思えるぐらいです。どちらも20万円ほどなので、「HT-A7000」のフルセットか「HT-A9」のどっちを買うか?ってなったら、「HT-A9」を選択してしまいますね。
スピーカーだけで、20万円っていうのは、正直なかなか高い出費かと思いますが、毎日使うものならそれなりにお金を使っても元が取れる分以上は楽しめるはずです。
スポンサーリンク

HT-ST5000まとめ

サウンドバーは、1万円ちょっとのやつはおすすめしないのですが、値段が高いサウンドバーなら、気軽に設置出来るメリットを確保しつつ音質も上げることが可能です。
「HT-ST5000」の販売価格が15万円前後だった時は、値段が高いイメージがありましたが、10万円以下で購入することが出来る今なら買い時と言っても間違いないと思います。
既に生産終了品なので、2021年内で在庫切れして新品購入することが出来なくなる商品なので、自宅の音響環境を良くしたいという方は、是非手に入れてみてください。
ある程度、良い値段になってくると音質の評価は難しくなると言うか機能性とか設置のしやすさも大事になってくるかなと思うところです。日本の住宅環境じゃ爆音でスピーカーを鳴らすなんてことも難しいですしね。
ちなみに自分は、今パソコンをメインにUSB接続していることもあり「AIRPULSE A80」というアクティブスピーカーをメインに使ってます。
良いスピーカーを手に入れたら、インターネット動画配信サイト(VOD)を使って、色んな動画を視聴して楽しみたいところですね。
ガジェット
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント