ヴァニタスの手記のアニメ動画配信はどこがおすすめ?一気見視聴まとめ

ヴァニタスの手記 無料アニメ動画
この記事は約10分で読めます。

アニメ「ヴァニタスの手記」(ヴァニタスのカルテ)動画が全話フル配信しているサイトを調べて一覧としてまとめました。一気観視聴することが出来るおすすめの視聴サイトも紹介してますので、アニメ視聴の参考にして頂けたらと思います。

「ヴァニタスの手記」は、「月刊ガンガンJOKER」にて2016年1月号より連載開始して、2021年7月の夏アニメ化した漫画作品になります。

アニメ「ヴァニタスの手記」の動画配信はどこでしてる?

ヴァニタスの手記

Amazonプライムビデオの評判やメリット・デメリットを徹底解説
...
結論からまとめるとアニメ「ヴァニタスの手記」は、「Amazonプライムビデオ」での視聴がおすすめになります。おすすめする理由としては、ネット動画配信サイトで最速視聴が可能だからです。
にゃんこ先生
にゃんこ先生

4日遅れで動画が配信されても良い場合は、他の動画配信サービスでも視聴することが可能なので、他の動画配信サービス(VOD)も一覧表としてまとめてますので確認してみてください。

他のネット動画配信サイト(サブスクサービス)も比較してみましたので、もし無料キャンペーンを利用していないサイトがあれば、利用してみるのもありです。

◎:最速配信、〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

動画サービス 視聴可 無料期間 公式サイト
〇:無料視聴可 31日間無料

+600ポイント

今すぐ視聴
〇:無料視聴可 14日間無料 今すぐ視聴
〇:無料視聴可 31日間無料 今すぐ視聴
〇:無料視聴可 2週間無料 今すぐ視聴
◎:最速配信 30日間無料 今すぐ視聴
〇:無料視聴可 14日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 無料期間なし 今すぐ視聴
×:配信なし 30日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 30日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 30日間無料 今すぐ視聴

アニメ「ヴァニタスの手記」は、それなりに大手の動画配信サイトなら動画配信されている感じでした。他にも色んなアニメを一気見視聴したいという方は、「dアニメストア」「U-NEXT」の利用をおすすめです。どちらも初めて利用するという方は、31日間の無料利用をすることも出来ます。

U-NEXTのメリットや特徴を徹底解説【2021年最新版】
...

アニメ「ヴァニタスの手記」の地上波放送について

ヴァニタスの手記放送地域

「ヴァニタスの手記」の放送地域は、画像通りになります。比較的地上波のテレビ放送が多めのアニメ作品です。

 

でも、今はネット動画配信サイトでもテレビで動画を視聴することが可能になってるので、一つでも動画配信サイト(VOD)を契約しておけば、全国どこでも見逃したアニメがあっても一気観視聴しやすかったりするので、どこからしら一つのサイトは契約することをおすすめします。

 

動画配信サイトのデメリットとしては、月額費用が多少掛かることですがしっかり利用すれば、損するような内容じゃないぐらいコンテンツが豊富なところがいいですよね。いつ辞めても解約金などもないので、自由に利用する時だけ契約すればいいです。

 

今は、本当に沢山のアニメが毎シーズン配信されてるので、色んな作品を楽しみたいなら、動画配信サービスは非常に便利です。

>>アニメ「公式サイト」ランキング10位【無料視聴可】

アニメ公式サイトおすすめランキング10位【無料お試しあり】
...

アニメ「ヴァニタスの手記」とは

TVアニメ『ヴァニタスの手記』本PV|2021年7月2日放送開始

吸血鬼(ヴァンピール)に呪いを振り撒いている"ヴァニタスの書"を探しているヴァンピールのノエと、呪持ちとなったヴァンピールを"ヴァニタスの書"で救う人間のヴァニタスが出会い、呪持ちの元凶であるシャルラタンの手がかりを探していくというストーリー展開です。

うさきち
うーぺー

ノエが天然で好奇心が強く、ヴァニタスへの接し方や回想シーンで出てくる幼い頃が面白くて可愛いです。

ノエは幼い頃に出会ったルイとドミニクと三人で仲良く楽しく幼少期を過ごしていましたが、仲良くしていた他のヴァンピールの子が呪持ちとなり、ノエ達を助けるためにその子を殺したルイもまた、呪持ちでノエに襲いかかってしまい、「どうせ殺されるならノエに殺されたい」と願うルイと、ルイの苦しみに気づけず、ルイの願いを叶えられないノエの辛さが、観ていて涙が出ました。

 

しかし、ノエにとってトラウマではありますが、呪持ちを助けたいというノエの原動力となる過去だと感じます。ヴァニタスは自信家でギャグ要員のような部分もありますが、ヴァニタスの書を使って呪持ちを救うシーンは神秘的で美しいです。

 

ヴァニタスの書を狙ってルカという少年とその騎士のジャンヌが現れ、ジャンヌと戦闘になりましたが、ルカを人質に交渉するような狡猾さもあり、ジャンヌに恋をしたからとグイグイ迫る強引さと色気もあり、観ていてハラハラしたりドキドキしたりと楽しいです。

うさきち
うーぺー

ヴァニタスとジャンヌの今後の関係やノエのトラウマ克服、シャルラタンについてなど、気になることが多く、夢中になってしまい、早く続きが観たくなります。

アニメの「ヴァニタスの手記」感想口コミ

TVアニメ「ヴァニタスの手記」ティザーPV
うさきち
うーぺー

ヴァニタスの手記と書いてヴァニタスのカルテと読むようです。原作はガンガンJOKERで連載されている同名漫画で望月淳氏が作者です。作者の望月淳先生は過去にもパンドラハーツという作品がアニメ化されています。パンドラハーツも視聴したことがあるので、また同じ作家の作品か、と興味を惹かれました。絵柄はとても美麗で可愛らしく、好きなタイプの絵柄だったので、期待していました。本編開始前にPVを観たのですが、映像も青が基調とされたような画面でとても綺麗だったので、ますます期待が高まりました。世界観もゴシック調というかヨーロッパ風の世界観で雰囲気があり、好きな作風です。キャラクターもイケメンな(笑)青年二人がメインキャラクターで華があります。吸血鬼専門の医者であるヴァニタスが主人公でノエという吸血鬼の青年と行動をともにしています。イケメン二人がメインキャラクターで、OPなどでも明らかに煽っている感じがするので、この二人の絡みを少なからず期待していた面もあります(笑)。確かに絡みもありますし、この二人の掛け合いは見ていて面白いし、ほのぼのします。しかし実際は二人とも女性キャラとの絡みのほうが濃厚な気がします(笑)。BL作品ではないので当たり前ですが、そういうのを期待している人にはちょっと違うと思われてしまうかもしれません。

くまー
くまー

「ヴァニタスの手記」は原作者の望月淳さんが好きだったこともあり、アニメ放送を心待ちにしていた作品です。
そんな私がまず心惹かれたのは、アニメ映像の綺麗さです。キャラクターデザインや配色をはじめ、建物・乗り物・風景等の描写の細かさなどに魅入ってしまいました。 作品の中では特にヴァニタスとノエのすごく好きです。2人がアップで映る場面では、何度も一時停止をして、服の配色や、瞳の色、光の当たり方など舐めまわすように見てしまいました(笑)
また各シーンにマッチした壮大なBGMも魅力的です。音楽合ってこそのアニメだと個人的に思っていますが、この作品はBGMが合わさることでドキドキ感やわくわく感が増します!と断言できるくらいBGMも素敵なので、ぜひそちらにも耳を傾けてもらいたいと感じます。
あと忘れてはいけない!!豪華な声優陣も魅力のひとつですね。鬼滅でおなじみ花江さんをはじめとした、素敵な声優の皆さま。漫画を読んでいた人間ですが、自分の思い描いていたキャラクターの声にほぼ近くて嬉しさを感じています。動画配信サービスでは現在は5話ほどまで放送されていますが、これから新たにキャラクターが登場するのか?声優さんは誰なのか?その部分も見逃せないですね。
ヴァニタスの手記、1話の段階で「旅路の果てに彼(ヴァニタス)をこの手で殺すまでの物語・・・」なんてノエが言っていて、これからどうなるのか気になり過ぎる作品です。アニメに魅せられ過ぎて、漫画の続き買おうかな、とヴァニタス再熱の予感です。
まだ見てない人、見ようか迷っている人がいたら、ぜひぜひ1話だけでも見てみてください!

ぴよきち
ぴよきち

最初のシーンで、ノエが飛行船に乗っていた時、たまたま一緒に乗っていたお客さんの女性が倒れた時、それを見たノエが声をかけに行くシーンが優しい人に見えました。
その女性が悪い魔法に取りつかれた時、ヴァニタスが助け出すシーンが、かっこよかったです。
ヴァニタスが吸血鬼のジャンヌニにキスをしたシーンが素敵でした。
ジャンヌの照れた顔が女性ぽくって可愛かったです。
ノエの前に、幼馴染のドミニクが現れたシーンがまるで、宝塚の男みたいでした。
ノエとドミニクが、仮面舞踏会に行き、二人でダンスをするシーンがたくましかったです。
ヴァニタスがまた、ジャンヌに出会い、ジャンヌがヴァニタスの首を噛み、血を飲んでいくところが、吸血鬼の姿に見えました。
ノエとドミニクの子供の頃に出会ったシーンでは、ドミニクの少女時代が可愛かったです。
ヴァニタスの魔法を使うシーンが凄かったです。
出演している声優さんも豪華でみんな上手でした。
ヴァニタス役の花江夏樹さんもまんまヴァニタスのイメージがあり、かっこよかったです。

ペンタ
ペンタ

吸血鬼が存在する19世紀のフランスを舞台に吸血鬼の青年ノエと吸血鬼に呪いを与える書を持つ青年ヴァニタスの姿を描いた吸血鬼ものとバディものの要素を合わせた印象の作品です。
美麗なキャラデザで主人公が2人の美青年という事もあり、一見BL風になっていきそうな印象を持たれますが、実際には(現時点では)そこまでBL風ではない感じですね。
とはいえ雰囲気的には女性向けアニメという点では変わらず、男性視聴者にはあまり向かない雰囲気も感じました。
作風的にはどちらかと言えばとっつきにくい雰囲気が否めず(例えば主人公のノエとヴァニタスの関係性も判りづらかったりとか)、また吸血鬼ものというとホラー的な作品になりがちという事もあってか、少年漫画的なコメディシーンを積極的に入れようとしている感がありますが、キャラデザ等の雰囲気とマッチしてるとは言い難く、多少どっちつかずになっている感が否めませんでした、むしろシリアスな作風を徹底的に貫いた方が個人的には方向性が判るので良し悪しはともかく、どういう作風で見れるという点が判りやすかった気がしました。
とはいえ、パリの風景を始め作画に関しては流石に綺麗に感じられました。
どちらかと言えばやはり女性向けアニメといった印象を感じましたね。

ヴァニタスの手記まとめ

TVアニメ『ヴァニタスの手記』ノンクレジットオープニングムービー
アニメ「ヴァニタスの手記」は、「dアニメストア」「U-NEXT」での視聴がおすすめです。理由としては、アニメ視聴をするなら2つ共コンテンツの配信量が非常に豊富で視聴出来るアニメ動画が多いからです。
本作はヴァンパイアと人間世界の共存を描いている作品で、人間である主人公が呪いにかけられたヴァンパイアをいかに救っていくのかというところが見どころです。
テーマは決して明るくはなく、呪いをもっているヴァンパイアは容赦なく非難され、処理されていく描写は生々しく、トラウマをかかえているキャラクター達も多いです。
しかし、所々コミカル調の描写があることによって、緩急がつけられており、アニメの綺麗な絵によって、より魅力的な作品になっています。綺麗なイラストは毎話見応えがあり、私たちにとって、非日常のヴァンパイア世界を際立たせているといえます。
また、中世ヨーロッパ調の衣装や街並みが物語の世界の中心になっており、私たちが思い描くヴァンパイアが住んでいる世界観にぴったりで可憐で美学あふれるシーンとセリフが多いのが特徴です。
また、キャスト陣が豪華なのがよりこの作品のクオリティを上げている要素の一つであり、周りよりも逸脱した思想や行動をとる主人公と、過去にトラウマがありながらも意志を強く貫くサブキャストのボイスを花江さんと石川さんがつとめることによって、さらにキャラクターが魅力的に思えます。まだまだ謎が多いことが多く、それをどう解決していくのか、紐解いていくのかを見ていくのがとても楽しみな作品です。
他にもおすすめの2021年夏アニメは、ランキング順でまとめてますので、視聴の参考にしてみてください。
ネットの動画配信サイトで、どういったサービスがあるか気になってるという方は、他の記事でもまとめてます。

コメント