Switchクレヨンしんちゃんオラ夏レビュー感想まとめ

オラ夏 アニメ・漫画
この記事は約4分で読めます。

2021年7月15日にニンテンドースイッチから「クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み〜おわらない7日間の旅〜」(オラ夏)が発売されます。

 

オラ夏は、「ぼくなつシリーズ」の綾部和氏が手掛けるということで、ぼくなつファンも期待されてる作品です。

 

クレヨンしんちゃんというと子ども向けのキッズアニメという認識が強いかと思いますが、映画のクレヨンしんちゃんは、普通に大人でも感動出来る作品だったりしますよね。しんちゃんの声優さんが変わってから、あまり視聴することが無くなりましたがゲームを機に新しい声優さんに慣れそうです。

レビューということで、多少ネタバレを含む記事になります。

スポンサーリンク

Switchクレヨンしんちゃんオラ夏レビュー感想まとめ

クレしん

先に結論をまとめると「オラ夏」の初見感想は、クレヨンしんちゃんの世界観を上手く再現していて、Switchの夏ゲームでもなかなかの高評価作品になると感じました。

「オラなつ」のストーリーは、いつもの埼玉県春日部市が舞台ではなくひろしの九州出張で熊本のアッソーでのお話になります。熊本は、しんのすけの母親みさえの故郷ということで、今回熊本県を舞台にしたみたいです。

 

田舎町でのクレヨンしんちゃんの劇場版に近い非日常的なストーリーとなってます。

 

映像のクオリティもアニメのクレヨンしんちゃんを上手に3D化していて非常に品質が良い感じです。PS5やPS4では、リアル重視な映像が多いですが、アニメ系はこういうので良いんだよ。っていう感じで文句なしの品質です。

 

BGMも自然音メインで夏を感じやすい効果音を使っているところは高評価です。変にBGMを使うよりもこういう工夫はいいですね。

 

エリアが変わる時のロードも特にない感じなので、ゲームをプレイしていてストレスを感じる場面は少ないかと思います。

7日間では終わらない

熊本の期間は、7日間で終わるような感じで話が進みますが、サブタイトルで記載されてる通り「おわらない7日間の旅」ということで、ループ物のストーリーになってました。

 

これを見た時、涼宮ハルヒの憂鬱のエンドレスエイトを思い出すようなところですね。

 

しかし、ループに入ってから、同じ部分もありますが変化している部分もあるので、違いを普通に楽しむことが出来る内容となってます。

 

ストーリーのプレイ時間は、10時間程度でクリアすることが出来るぐらいなので、結構サクッとゲームクリア出来るボリュームです。収集などをしっかりやってくと20時間程度は掛かるかもしれません。

 

ゲームのボリュームは、少し物足らないと感じる人もいるかもしれませんが、これぐらいのボリュームの方が途中で辞めてしまうことなくクリアまで出来るかもしれないですね。

 

やりこみ要素として、虫や魚のサイズ表記が無かったりするところも少し残念なポイントではありました。

スポンサーリンク

オラ夏まとめ

「ぼくのなつやすみ」が好きだった人は、購入しても損ではないかなと思います。よほどクレヨンしんちゃんが嫌いというわけじゃない限り買いですね。感覚としては、一つのクレヨンしんちゃんの映画をゲームで体験することが出来たという感じになれると思います。
基本的には、子どもでも楽しめるようになっている内容ですが、大人でも普通に面白い内容かと思います。
ニンテンドースイッチを持ってる方は、ぜひ購入してみてプレイしてみてください。アマゾンでもかなり売れてるみたいでゲーム売れ筋ランキングでは一位を獲得してました。
ゲームを機に久しぶりに映画クレヨンしんちゃんも視聴して欲しいところなので、良かったら「ABEMAプレミアム」を利用して視聴してみてください。
現在、「ABEMAプレミアム」は、2週間無料で利用することが出来て映画クレヨンしんちゃん27作品を視聴することが出来ます。
https://koumasai.jp/archives/10554
アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント