AIRPULSE A80レビュー!スピーカーの音質はどれぐらい上がった?

AIRPULSE A80 ガジェット
この記事は約7分で読めます。
最近、在宅時間が増えたので自宅の環境を良くするために有機ELテレビの購入などをしたりしてたりしてます。
スピーカーは、今までONKYOのGX-100HD(定価3万円)ぐらいのを利用してましたが、かなり古いスピーカーのため、そろそろもっと良いスピーカーにしてより良い音質を体験したいということで「AIRPULSE A80」(8万円ぐらい)を購入してみました。
この「AIRPULSE A80」スピーカーに選んだ理由は、単純に良いレビューが多かったのと家電は基本的に価格に依存することが多いので、最低でも今までのスピーカーより良い商品にしたかったため、3万円以上で良さそうなのを選んだ感じです。
スポンサーリンク

AIRPULSE A80レビュー

「AIRPULSE A80」を視聴する環境は、だいたい1.5mぐらい離れて視聴する環境になってます。
音声は、テレビ経由の光デジタル音声出力で利用してましたが、パソコンとつなげると192hkz出力することが出来るので、現在はパソコンのUSB経由で接続してます。
192hkzにすると、自分の作業環境だと「Final Cut Pro」で動画編集する時、早送り時に聴こえてくる音が少しおかしいときがあるので、96kHzに落とすと大丈夫になるため作業によって変更する時があります。
スピーカーを結構下の方に置いて利用してました。
本来であれば耳の位置ぐらいにした方がいいんでしょうけど、ちょうどスピーカーを起きやすい場所がこの位置のため位置までは拘ることが出来ない状態です。
スピーカーの位置に拘るなら、スピーカースタンドを利用することで最適な高さに出来そうですが、スタンドだけに8000円出すのはなかなか勇気がいるところなのでスピーカースタンドは現在検討中です。

「AIRPULSE A80」のメリット

「AIRPULSE A80」は、リモコンがついていて、光ケーブルやPC接続やBluetooth接続を簡単に切り替えることが出来てリモコンで音量も自由に変えることが出来るのは結構なメリットになります。
ボクの場合は、65インチの液晶テレビをパソコンモニター代わりに使用しているため、スピーカーを直接触ることが出来る距離ではない場所に置いてるためリモコンがあるのは便利です。
基本的には、パソコン用スピーカーとしての利用をしてますが、普通にテレビ用にも切り替えも簡単に使えますし
何でも使えるスピーカーです。
肝心の音質に関してですが、8万円近いという高い値段だけあって普通に音質は良いかと思いますが、GX-100HD(定価3万円)でも結構音が良かったので、「AIRPULSE A80」も音は良いけど、値段を考えると普通かなという感想を持ちました。
値段が高くて音が良いのは当たり前で、非常にコスパが良いなとは感じなかったです。
値段を上回る程の感動はないと思いました。多分、これ以上高いスピーカーでも自分は、そこまで音の違いがわからないかもしれません。
実際に購入して思ったのは、普通に2〜3万円程度のスピーカーなら十分な音質だと思うので、よほど音に拘りがある人じゃない限り、高いスピーカーを購入しなくても良いかな〜と思ったところですね。
オーディオ関連のコスパが良い買い方としては、3万円のスピーカーと3万円ほどのヘッドホンと2万円ぐらいのAirPods proあたりをセットにするのが良い環境かなって感じでした。
これだと、室内、屋外どこでも自由に音を聴く事ができる環境を作ることが出来ます。
ボクの場合は、これら全部持っていて今回に関しては、毎日使うスピーカーを少し良いやつを体験してみたかったので、購入してみましたがスピーカーは、高い値段を出すほどの劇的な差はなかったかなって思ったところです。

音質の良さの感じ方は人それぞれ

オーディオマニアではなく普通に一般人がなんとなく自宅でも良い音を聴きたいと思ったぐらいでしたので、そういう人にはボクが購入したような「AIRPULSE A80」クラスのスピーカーを別に買わなくても良いかなと思ったのが本音のレビューです。
コスパを考えたら、「Edifier S880DB」あたりもかなり評価が良くて3万円程度の金額なので、これぐらいのスピーカーでもほとんどの人が満足しそうな感じがしました。
前使ってたONKYOのスピーカーあたりでもいいですが、もう今は新品も売ってませんし、かなり古い商品ですからね。
せっかく新しく購入するなら、ある程度新しい物を買いたくなるものだろうと思います。
「AIRPULSE A80」音質の良さは、明確にハッキリと良いから誰ででもおすすめ出来る!っていう商品ではない感じです。かなり値段を考慮してるため、もっと安ければ評価は変わるかも
8万円近いという値段の高さなので、一般的に購入するスピーカーとしては、おすすめすることが出来ないっていうだけです。この金額って、「PS5」とか「iPad air」を購入することが出来る金額ですもんね。
オーディオが好きな人に取っては、10万円以下は安い部類に入るかもしれませんが、一般ユーザーには高い金額です。
そこそこの音質で良いなら、2〜3万円でも十分な音出してくれます。
とりあえず、家電は価格を出すほど良い素材を使ってくれてたりするので、基本的には価格出すほどよくなる傾向はあるかと思います。
ネットの企業レビューは、基本的に良いことしか言わないと思うので、実際に良いかどうかは自分で判断するしかないです。今回は、自腹購入で一般ユーザーだからこそ、本音の感想を書きました。
本来なら、5.1chにして音に囲まれる環境を作りたいところですが、5.1chは後方に置くスピーカーの位置がいまいちないので、2.0chのステレオにしてます。
テレビのサウンドバーとかも1本のスピーカーとサブウーファーで出来るだけ省スペースで置けるタイプが今の主流みたいですしね。
スポンサーリンク

AIRPULSE A80を2週間ほど聴き込んでから比較

久しぶりに「GX-100HD」で音楽を聴いてみたところ、結構音質が悪いと感じました。感覚的には、音が濁って聴こえるという感じでしょうか。
初見では、そんなに変わらない感じがしてたのですが、「エアパルス A80」の方がくっきりハッキリとした音が聴こえました。
感覚的な感じですが、やっぱり値段出した分は、音質が上がってるように感じたところですね。
比較すると低音と高音がハッキリと聴こえます。

スピーカーの高さは重要だった

試しにスピーカーの高さを無理やりコピー用紙などを使って耳の高さぐらいまで変えたところ、結構音の聴こえ方が違ってきました。
感覚としては、適当な位置に置いた「エアパルス A80」よりも正しい位置に置いた「GX-100HD」の方がいい感じに聴こえたので、変にスピーカーを買い換えるよりもスピーカーの位置の方が大切だったりするかもしれないなって思ったところです。
スピーカーの位置を変えるぐらいなら、とりあえず代用品でなんとかなると思うので一度試してみるといいかもしれません。
普通の人は、スピーカーは机の上に置けると思うので、こんなコンパクトなスピーカースタンドでも良さそうです。
レビュー評価も非常にいい感じなので、試す価値はありそうですね。
ボクの場合は、スタンディングデスクで立って作業するので、高さが全然足りないので音質に拘るなら高いスタンドを買うしかないので適当にやってます。
スポンサーリンク

まとめ

「AIRPULSE A80」のスピーカーを購入して、劇的に音質が良くなった!と感じることはありませんでしたが、結構元の音質に影響される部分も大きいかと思います。
とりあえずある程度出せるお金に余裕があるなら、3万円〜ぐらいのスピーカーを選択しておけば、自宅のオーディオは結構良い音で音楽を楽しむことが出来ると思います。
自宅のオーディオ環境を少しでも良くしたいという方は、是非試してください。
評価の良い商品は、売却時もそこそこの金額で売ることも出来るので、あまり損することはないかなと思います。
「AIRPULSE A80」を購入してから、毎日利用してみましたが、パソコン>光デジタル>Bluetoothで音質がいい感じがします。
パソコン経由なら、192hkzを選択することも出来ますしね。
まぁ正直言うと素人には、どれぐらい変わったよくわからないレベルですが、音質は普通に良くなった気がします。
ガジェット
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント