LG 55BXPJAレビュー55型の有機ELテレビがコスパ最高かも

OLED 55BXPJA ガジェット
この記事は約7分で読めます。

今回は、4K有機ELテレビ「LG 55BXPJA」を購入したので、実際に使ってみた感想レビューをまとめることにしました。

 

Amazonのプライムデーにてセールにもなるみたいですが、現時点でも13万円以下で購入することが出来るコスパが良い有機ELテレビなので、購入する価値は非常にあります。

 

むしろ、2021年の新モデルが発売したところなので、今が最安値で購入出来る最後の機会かなと思います。

 

それでは、実際に使ってみたレビューをまとめていきます。

スポンサーリンク

LG 55BXPJAレビュー

「LG 55BXPJA」は、発売当初20万円ほどした有機ELテレビになりますが、2020年モデルということで手に入れやすい価格帯まで値段が下がって来ました。これ値下がることは、ほぼ無くて在庫が無くなるまでに手に入れたいところです。

 

メイン使っているテレビは、65インチの4k液晶テレビを利用してますが、それと比較しても有機ELテレビの画質は、ハッキリと綺麗だなと感じました。

 

有機ELテレビは、家電量販店の明るい場所では性能をあまり発揮することが出来ないので、家の方が綺麗に視聴することが出来ると思いました。

55インチだと、一人で組み立て設置作業するのは大変ですし、Amazon購入だと設置・設定を業者に頼んでも+110円という金額なので、絶対に業者に依頼したほうがいいです。他のネット業者だと、設置だけで1万円とかしたりするので、Amazonの設置サービスは利用した方がお得。

画質面

有機ELテレビの購入を検討する方は、最高クラスの画質に拘る人が多いかと思いますが、画質に関しては液晶テレビよりも有機ELテレビの方が上だと感じるはずです。

 

有機ELテレビは、色が濃く見える感じです。実際液晶テレビでは、見えなかった部分が見えます。写真だと有機ELテレビだと赤い模様がわかるのですが、液晶テレビの方ではわかりにくかったりしました。

 

というか、有機ELテレビで見て初めて背景って赤一色じゃなかったんだと気づいた感じです。よく言われるのは、黒色の表現が凄いというのもわかりやすいところですよね。ライブ映像とか凄いなって感じることがあります。

 

これは、液晶テレビでは感じることが無かったです。

 

有機ELテレビの方が動きが早い映像でも、スムーズに描写されます。

 

自分の使い方としては、アニメ視聴やパソコンモニターとして使うことが多いですが、画質は液晶と比べてもハッキリとした映像だと感じました。

 

有機ELテレビは、液晶テレビと比べても視野角が広いので、どこから見てもかなり綺麗ですね。勿論、正面から視聴しても綺麗です。

 

4k120Hz対応しているので、PS5のテレビとしては最適だと思います。とにかく「LG 55BXPJA」は、コスパが良い有機ELテレビですね。

 

ちょっと価格は上がりますが、「OLED 55CXPJA」のゲーミング推奨モデルを購入するのも良いかもしれません。

自分が購入した時は、スタンダードモデルの方が圧倒的に安かったので、スタンダードモデルを選択しましたが、1万円ちょっとぐらいの追加で購入することが出来るなら、ゲーミング推奨モデルを選択してたと思います。
ロゴがスタンドの方にあって、特に目立った感じじゃないデザインもいい感じです。
どうせ国内の有機ELテレビを購入したところで、有機ELパネル自体は、全てLG製なので有機ELテレビは、国内メーカーにするメリットは、そこまでないかなというところ
購入時、他のレビューとかも色々見てみてから購入することにしましたが、勝手に画面が暗くなるとか明るくなるとかは、視聴してる感じありませんでした。同じ画面で放置してる時は、スクリーンセーバーになって、画面の焼き付き対策はしてくれます。

スピーカー

音質に関しては、やはり薄型テレビの欠点として音質は外付けスピーカーと比べるとたいしたことがないという感想になるかと思いますが、薄型テレビとしては意外と良い音を出してくれます。

 

音に関しては、人によって感じ方が違うので、普段外付けスピーカーを利用していない人なら、別にこれで十分だと感じる人も多いクオリティにはなってます。

 

万が一、音質に満足できなくなった時は、外付けスピーカーを使えばいいだけですね。

 

基本的に今のテレビのスピーカーだと、もっと高いテレビでも音質はそこまで大きく変わらないと思うので、スピーカーは必要十分かなという感じでした。

操作性

リモコンの操作性は、国内メーカーと比べると番組表の表示が遅めかなという感じですが、その分価格を抑えることが出来るので、個人的には気にすることではなかったです。というか、地上波放送は、全く見ないのでこの点はどうでも良かったりします。

 

パソコンモニター代わりに使うことも多くて、パソコンモニターでこの性能なら非常に安いと感じてます。

 

またNetflixやAmazonプライム・ビデオなどの各VODサービスもテレビの機能としてありますし、この辺は、4,5年前のテレビと比べても普通にレスポンスは早くなってます。

自分の場合は、各ネット動画サービスにログインするのが面倒だったので、他のテレビで使っていた「Fire TV Stick 4K」を利用して使ってます。

 

別に無くても困らないとは思いますが、一つは持っておくとパソコンモニターにつなげて使ったり、旅行先に持っていってテレビに取り付けたら、そのまま動画を視聴することが出来たりするところがいいです。

 

「Fire TV Stick 4K」は、一つは持っておきたい周辺機器の一つですね。

 

個人的には、ネット動画配信サービスを契約しておけば、地上波テレビ放送は一切視聴しなくても困らないなっていう感じです。ニュース見たい人は、ヤフーニュースで気になる記事があれば、それだけ見れば時短にもなりますし

 

ニュースは、ネガティブなものやどうでも良いようなニュースばかりだったりするので、週に1回軽く見る程度でも良いなっていう生活をしてます。

電気代は液晶テレビより掛かる

有機ELテレビのデメリットとしては、液晶テレビよりも電気代が1.5倍〜2倍程度高くなりますが、最近の液晶テレビの電気使用量が低いので、ゲーミングパソコンなどと比べたら普通に有機ELテレビの方が消費電力も少ないので気にするほどでもないかなと思います。

 

一応、電気代が上がるということで欠点として入れましたが、有機ELテレビが欲しいと思うような画質マニアの人は問題だと感じる人は少ないんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

LG 55BXPJAまとめ

有機ELテレビとしては、非常にコスパが良い商品
Amazonなら初期不良は簡単に返品することが可能
画質は4K液晶テレビと比較しても綺麗
家電量販店で有機ELテレビを見た時は、あまり液晶テレビとの差がわからなかったですが、家の部屋の明るさだとハッキリと違いがわかりました。家電量販店は、店頭がかなり明るいみたいで性能を発揮することが出来ないみたいですね。
わざわざ部屋を暗くしたりしなくても、通常利用で違いはわかるので、現時点での最高画質で動画を楽しみたいという方は、買う価値はあります。
液晶と有機ELでは、色鮮やか差が全然違ってきます。
以前までは、有機ELテレビが液晶テレビの倍ぐらいしていたので価格が高すぎると感じてましたが、LGの有機ELテレビなら液晶テレビとの価格差もあまりなくなってきたので、コスパも良くなった印象です。
これぐらいの価格差なら、購入を検討しても良いなっていうレベルまで下がって来ましたし
2020年モデルは、もう在庫処分でセールとして売り出しして在庫限りだと思うので、気になってる人は早めに手に入れてください。
2021年モデルは、価格が高いだけで画質面ではほぼ差はないかなと思います。
せっかくの有機ELテレビなので、地上波テレビ放送の画質ではなくて、ネットの動画配信サービスの方が高画質で動画を楽しむことが出来るため、合わせてVODサービスも利用してみてください。
無料期間もあるので、無料で色んなサイトを試すことが可能です。
https://koumasai.jp/archives/11133
ガジェット
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント