オッドタクシーのアニメ動画配信はどこがおすすめ?比較一覧まとめ

オッドタクシー 無料アニメ動画
この記事は約8分で読めます。

アニメ「オッドタクシー」の動画が全話フル配信しているサイトを調べて一覧としてまとめました。おすすめの視聴サイトも紹介してますので、アニメ視聴の参考にして頂けたらと思います。

「オッドタクシー」は、主演・花江夏樹 × 芸人 × 脚本・此元和津也 × 音楽・PUNPEEによるオリジナルTVアニメーションになります。

アニメ「オッドタクシー」の動画配信はどこでしてる?

Amazonプライムビデオの評判やメリット・デメリットを徹底解説
...
結論からまとめるとアニメ「オッドタクシー」は、「プライムビデオ」での視聴がおすすめになります。理由としては、「オッドタクシー」は、プライムビデオ独占配信作品だからです。
にゃんこ先生
にゃんこ先生

他の動画配信サービスでは、都度課金になります。ポイント利用でもいいという方は、一度試してみる価値はあります。

他のネット動画配信サイト(サブスクサービス)も比較してみましたので、もし無料キャンペーンを利用していないサイトがあれば、利用してみるのもありです。

◎:最速配信、〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

動画サービス 視聴可 無料期間 公式サイト
△:課金視聴 31日間無料

+600ポイント

今すぐ視聴
△:課金視聴 14日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 31日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 2週間無料 今すぐ視聴
◎:最速配信 30日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 14日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 無料期間なし 今すぐ視聴
×:配信なし 2週間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 30日間無料 今すぐ視聴
×:配信なし 30日間無料 今すぐ視聴
△:課金視聴 30日間無料 今すぐ視聴

アニメ「オッドタクシー」の地上波放送について

オッドタクシー

オッドタクシーは、放送地域が少なめです。基本的には、「プライムビデオ」での視聴が一番いい感じですね。

 

動画配信サイトなら、CM広告もないですし、アニメを見逃したときも一気観視聴することが出来ますからね。

 

今は、本当に沢山のアニメが毎シーズン配信されてるので、色んな作品を楽しみたいなら、動画配信サービスは非常に便利です。

>>アニメ「公式サイト」ランキング10位【無料視聴可】

アニメ公式サイトおすすめランキング10位【無料お試しあり】
...

アニメ「オッドタクシー」とは

TVアニメ「オッドタクシー」ティザーPV

人間が生きる社会を動物で表現しているというアニメですが、展開は今のところゆっくりしている感じがしたので個人的にはゆったり見れて良かったです。

 

ストーリーは犯罪系なのかなぁっと思ってしまいます。

 

入れ替わり立ち替わりお客さんが乗って来て話をしているのですが、いつも淡々と毒を吐くタクシー運転手の小戸川のツッコミだったりテンポが独特な感じがして結構ツボにハマってしまいます。

 

また、小戸川の皮肉や思考含めて、キャラクターとして上手く成り立っているのが素晴らしいと感じます。

 

こんなブラックな鋭いツッコミができるタクシー運転手って現実だとあり得ないから、余計面白く感じるのかもしれないです。

 

あと、普段自分が思っていても言えないような言葉を代弁してくれるから見ていて爽快感もあります。最近のアニメはわざとらしい台詞や話し方が多い中で、あくまでも自然体な感じが結構好きです。

 

そして、深夜ドラマみたいなしっとりした感じや愛着の湧きそうなイラストのキャラクターたちがインパクトがあってこれからも見ようと思わせてくれるようなアニメでもあります。

 

お客さんのリアルな悩みや笑える会話が軸にあって、それを中心としたミステリーの面白さが増していて飽きずに楽しめそうです。

アニメ「オッドタクシー」の感想口コミ

TVアニメ「オッドタクシー」PV第2弾
うさきち
うさきち

アニメ『オッドタクシー』を観て、「度々振り回される小戸川」と「タクシー内外での日常」が特に魅力的だと思いました。
まず、度々振り回される小戸川についてです。このアニメでは、タクシーを通した人々の交流が描かれます。タクシー運転手の小戸川は、毎日何人もの乗客と接する中で、時に事件に巻き込まれるなど、一見平凡に見えるものの実は想像できない背景を持つ人々によって仕事に支障が出るような困難に見舞われます。見た目は近寄りがたいものの、実はお人好しな小戸川だからこそ、何気ない出来事に翻弄されるところに、可愛らしさを感じて今後どうなるのか追い続けたいと思いながら観ていました。
次に、タクシー内外での日常についてです。物語の中では、小戸川と乗客たちのタクシー内での交流はもちろん、小戸川のプライベートでの過ごし方や乗客たちの学校生活や職場での生活など、タクシーを通して関わるようになるまでのタクシー外での生活の模様も丁寧に描かれます。タクシー運転手を取り払った小戸川の日常に、新鮮さを感じながら観ていました。また、タクシーの乗客たちの小戸川と話している時とは違う日常生活での姿に、ギャップを感じて楽しく思いながら観ていました。

くまー
くまー

アニメ「オッドタクシー」は、声優の花江夏樹さんがキャスティングされていると聞いたため、自分が好きな声優さんの一人なので「これは観なきゃダメだ」の初回から観ています。オッドタクシーを観た感想を一言で言うと「独特な世界観のアニメ」です。観ていて「ギャグアニメなのか、シリアスなのか、よくわからない」といった感じになっています。

女子高生の誘拐事件」が起こります。「指名手配の男」を知らないかと警察官が訪ねてくるのですが、お客がバズらせようと撮った写真に「指名手配の男」が写っていました。「主人公」は誰かを匿っている様があります。病院へ行ってから仕事へ行こうとした時に、警察官に検問されてしまい、車内にあったドライブレコーダーを持っていかれます。一方、病院では「6000錠」の薬が盗まれていたことに気付きます。その時に、警察官と指名手配は裏で何かを交換していました。

あらすじだけ見るとシリアスやアニメな感じがありますが、実際の絵は「動物」です。出てくるキャラクターはみんな動物で可愛らしい感じに描かれているため、見た目はギャグアニメにも見えなくもありません。しかも、主人公は「トド」です。これからストーリーがどうなっていくのか、とても楽しみなアニメの一つです。

ぴよきち
ぴよきち

これなちょっと変わったアニメのようです。見始めると登場人物が全て動物な事に気付きます。主人公はタクシー運転手の小戸川(セイウチ?)。ほのぼ日常アニメかな?タクシーに色々なお客さんが乗ってきてそこで色々なドラマがある、といった感じでしょうか。タクシーから流れる漫才のラジオやアイドルの歌。お客として乗ってくる大学生とは今時のツイッターのバズり方について話をしたりします。やはりタクシーあるあるアニメかなと思っていると、小戸川が病院へ行くシーンへと移ります。そこで登場する癖のある医師とナース。ははあ、これはタクシー運転手小戸川の一人の人間(?)としてのアレやコレを描いた作品なのかな?なかなか変わったキャラクターが多くて面白いぞと思ってきます。しかし後半から何やら流れが変わっていきます。どうやら女子高生が行方不明になるという事件があったようなのですが、まさかの小戸川がこの事件に関わっている?というようなシーンがいくつも見受けられます。また、病院の方でも何やら薬がなくなっているという事件が発生しており、どうやら日常ほのぼのアニメではなかったようだと気付き始めます。この2つの事件がどのように解決していくのか、犯人は誰なのか。まだまだ色々な展開を見せてくれそうなので楽しみです。

ペンタ
ペンタ

警察官の兄弟・大門兄弟から小戸川が検問抜けるシーンは、どぶを見たかと大門兄が小戸川に問い、ここで小戸川は大門兄とどぶが仲良しなのを指摘します。大門兄は便宜上検問してるようです。このシーンは重箱炭つつくような違反とりかたをする、視力検査は勘で当てたことも語られて、樺沢が重箱ど真ん中つっこんでたシーンはコミカルです。さらに小戸川は鳥目ということも激白し、鳥目は暗闇で見えにくいことですが、事件との関係では女子高生が深夜疾走してるので、何らかの関係あると考察できます。そして、白川は1話で不可解な行動をしていて、1つしかない消しゴムを白川が小戸川にあげたシーンですが、どうして1つしかないのに白川持っていたのでしょうか?それは偽の消しゴムで、小戸川の身辺調査のためgpsイチタン先になってたケースがあります。さらに小戸川が診察室から出てくときの白川も怪しい感じでした。1話ラストは大門兄はドブにドライブレコーダー渡して、二人はグルで犯人はドブの可能性がありそうです。そして、小戸川宅のシーンは小戸川押し入れにいる誰かに対し話しかけてる感じです。いつ逃げてもいいなど意味深なセリフがあって、失踪した女子高生を匿ってるのでしょう。

「オッドタクシー」まとめ

TVアニメ「オッドタクシー」PV第3弾
アニメ「オッドタクシー」は、「プライムビデオ」での視聴がおすすめになります。理由としては、「オッドタクシー」は、プライムビデオ独占配信作品だからです。
他にもおすすめの2021年春アニメは、ランキング順でまとめてますので、視聴の参考にしてみてください。
https://koumasai.jp/archives/14467
ネットの動画配信サイトで、どういったサービスがあるか気になってるという方は、他の記事でもまとめてます。
https://koumasai.jp/archives/11133

コメント