名探偵コナン緋色の弾丸のネタバレ感想とあらすじまとめ

緋色の弾丸 アニメ・漫画
この記事は約8分で読めます。

名探偵コナン 緋色の弾丸(めいたんていコナン ひいろのだんがん)は、2021年4月から劇場で上映されている名探偵コナンシリーズの最新アニメ映画です。

スポンサーリンク

緋色の弾丸のあらすじ

簡単にあらすじを紹介すると、今回舞台となるのは東京で、スポーツの祭典の「ワールド・スポーツ・ゲームス(WSG)」でした。

 

大会会場に向かうため真空超電導リニアもターカーに乗る予定のWSGのスポンサーには、毛利小五郎の護衛がつきます。

 

そして、毛利には、蘭とコナン、灰原哀も同行します。しかし、事前の健康診断を受けた病院で事件が発生します。酸欠事故が起こり、そのドサクサで、スポンサーと元FBI長官が姿を消してしまうのです。

その捜索にコナンが立ち上がります。コナンは、スポンサーにあらかじめ発信機をつけていました。それを頼りにスポンサーを探します。

一方、赤井秀一お車でスポンサーを探していて、それを、世良とメアリーがオートバイで尾行しています。そして、とある工場で、赤井と世良、メアリーが衝突します。

その後、コナンの活躍で、誘拐されたスポンサーを無事救出しますが、元FBI長官が見つかりません。彼を見つけるために、コナンと世良は、リニアモーターカーに乗り込みますが、その車内で元FBI長官を発見するのです。

そこから、次々と謎が明かされ、犯人像が浮かび上がってきます。そして、赤井一家による犯人の追及が始まります。

そして、最後の最大の見どころは、真空超電導リニアモーターカーの大暴走です。なんと犯人の策略で、リニアモーターカーの制御が効かなくなるのです。

リニアモーターカーは時速1,000キロという信じられない高速で暴走します。さらには、リニアにクエンチが発生して、脱線の危機にも直面します。はたして、コナンは直面した危機をどう回避するのか?という話です。

スポンサーリンク

緋色の弾丸の感想


この映画の全体的な感想は、ストーリー性とスピード感があり、見応えがあり面白かったです。

 

序盤から、真空超電導リニアモーターカーという珍しい乗り物が登場するところから、この電車で何か何かあるに違いないと予想はしていたものの、時速1,000キロでの大暴走劇は、私の予想を遥かに超えていて、スリリングな仕上がりに大満足です。

また、今回は灰原哀ちゃんが、とても可愛らしいルックスと演出でヒロイン感満載で大いに活躍してくれたのが個人的にはよかったです。

 

そして、架空の乗り物の真空超電導リニアモーターカーの完成度も高かったと思います。

 

それだけにストーリーに説得力がありました。

映画の中盤から、やっと、赤井一家の活躍が始まりましたが、いつもの通り笑える要素が満載でした。大いに笑ったのは昴さんの乗っている自動車です。真っ赤な派手すぎる車での登場は大爆笑でした。

そして、毎度のコナンの暴れっぷりも最高でした。今回も、お得意のスケボーアクションを見せてくれました。いつも、このシーンを楽しみにしているので、とても嬉しかったです。

 

人命救助と犯罪者を追い詰めるためには、暴力も振るうし犯罪にも手を染める勢いのコナンにはいつも感心させられます。

 

また、キャメルの演技お面白かったですね。

 

特に、彼のリアクションがとても面白いです。キャメルは回を重ねるたびに面白さが増しているのではないでしょうか。

 

特にゼロの日常で安室さんと喧嘩するシーンは大好きです。なお、赤井さんによる超遠距離射撃が成功するのには仰天しました。

 

映画を見る限り、数キロ以上の距離が離れている様子なのに、リニアモーターカーが入るトンネルに見事命中させるのは、真実味はないものの、アニメの良いところだなと感じました。

この映画のテーマソングは、東京事変の曲でしたが、この映画の雰囲気にとてもマッチしていたので、最後にその曲を聴きながらのエンディングロールはとても後味が良かったです。

20代女性の感想

うさきち
うさきち

アニメファンです。
原作も途中まで読んでいましたが、かなり長編で全部集めるのは難しく最近はアニメに移行しました。
今までの映画も全部見ています。
緋色の弾丸も楽しみしすぎて、公開初日の仕事帰りに見てきました。
今推しの女優さんの一人である浜辺美波さんがゲスト声優をされるというのも気になりました。
それに何と言っても、赤井さんが好きなので、赤井ファミリーが活躍すると予告で見て、とても期待して見に行きました。
昨年はコロナで公開延期になってしまい、とても残念に思っていました。
結果としては、1年待ったかいがありました。
まず、コナンと哀ちゃんの掛け合いが好きな方にはオススメです。
また、本編では珍しい?哀ちゃんの蘭姉ちゃん呼びを何度か聞くことができます。
博士クイズと派手な爆発と命からがらの生還はいつものことなので予想通りです。
予告の時から今回はリニアが壊れるんだろうなと予想はできました。
せっかく完成したものを見事に破壊するのは、いつものことですね。
今回はどうやって、助かるんだろう、お決まりの博士の道具を使うんだろうなとは思いましたが、スピード感のある展開にすごくはらはらしました。
散りばめられた伏線に感嘆しました。
犯人についてですが、今回は登場人物が少なかったので、何となく予想はつきました。
動機もそのままでした。
謎解き要素が少なかったし、リニアの説明も要所要所で加えられていたので、子供が見てもわかりやすいように努力されているんだろうなと感じました。
何の捻りもなく、謎解きと誘拐された人を救出できたので、まだ何かあるだろうな、お決まりのパターン(命がけの救出作戦)かと思っていました。
今回のテーマはリニアで、しかも本当に建設予定なのに、それを壊す度胸がすごいなと思いました。
それにオリンピックと合わせて公開される予定がまさかこんなことになるとは撮影当時は誰も想像できなかっただろうなと感じました。
あとは、名古屋市民なので、所々知っている見慣れた場所が映って、とても楽しむことができました。
ただ一つ残念だったこととしては赤井ファミリーは確かにちょくちょく出てきますが、本編には全く関係なく、それぞれが単独で動いており、4人全員が顔を合わせることはありませんでした。
世良さんとメアリー、忠吉と赤井さんの絡みはありました。
メアリーは沖矢さんが赤井さんだと気づいている節があり、世良さんも薄々気づいているのではないかと思います。
メアリーとコナンが対面することもなかったですし、メアリーと哀ちゃんの絡みもありませんでした。
あとは毎回お決まりの蘭と新一がお互いの名前を叫び合うシーンがなかったことが驚きでした。
もう付き合ってしまっているから、なくしたんでしょうか。
今回の蘭はずっとリニアに閉じ込められたコナンくんと世良さんの心配をしていて、二人が助かったことがわかったら、涙を流すほど喜んでいました。
毛利小五郎は完全に空気でした。コナンくんや哀ちゃんに参加者名簿をあっさり盗まれていたのには笑いました。
忠吉と由美さんが好きな方にはオススメです。
特に最後の方で忠吉の活躍シーンがあります。
赤井さんよりも忠吉に持ってかれましたね。
でも、赤井さんもすごかったです。
リニアの構造を理解して、犯人に一撃を与えるのは赤井さんにしかできなかったことだと思います。
コナンでは珍しく人が死ななかったことにも、驚きました。偶には良いと思います。
今回の映画では、コナンの凶悪犯でも殺さずに、自殺もさせずに絶対生きて逮捕するという想いが伝わってきました。ピアノソナタ殺人事件をテレビで再放送していた理由がわかりました。これも伏線でしょうか。
来年は警察学校編を映画化するみたいなので、こちらも楽しみにしています。

スポンサーリンク

まとめ

名探偵コナンの劇場版シリーズの24作品目で、アニメシリーズは追うことが出来てないという方も、映画だけは楽しみにしてる人も多いんじゃないでしょうか。

 

2020年に公開予定でしたが、2021年に延期され無事に劇場で公開されてよかったと思います。

 

現在、映画館では左右の席がスペース開けるようになってたり、色々対策されてたりするので、ゆっくり視聴することが出来る場所も多いので、是非視聴して欲しいところです。

 

現在、過去の名探偵コナンシリーズの映画がいくつか「U-NEXT」で、動画配信されており、過去作も楽しんでおります。

 

初回なら、31日間完全無料で楽しむことが出来るので、こちらも合わせて利用してみてください。

>>「U-NEXT」のメリットや特長を解説

U-NEXTのメリットや特徴を徹底解説【2021年最新版】
...

 

アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント