アニメレヴュースタァライトはどこで配信してる?無料で視聴方法

少女歌劇レヴュースタァライト 少女歌劇レヴュースタァライト

今回の記事では、「少女 歌劇レヴュースタァライト」のアニメを全話無料で視聴する方法をお伝えするのと、こちらのアニメの魅力について詳しく解説します。

 

こちらの記事を全て見たら、「少女 歌劇レヴュースタァライト」に興味を持っていただけるでしょうし、無料でアニメも見ることが出来ますので、是非最後まで見てくださいね。

 

「少女 歌劇レヴュースタァライト」は、有名な声優さんが出ていることや、舞台化によって結構知っている人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、そのレヴュースタァライトについて詳しく魅力や良さを解明していこうと思います!

 

レヴュースタァライトを知らない人はここで興味を持っていただけたら嬉しいです!!

 

知っている人は良さを共感し、この記事を読んで新たな良さにも気づいてもらうことが出来たら嬉しいです!

 

それでは、レヴュースタァライト解説のレヴュー開演です!!

スポンサーリンク

レヴュースタァライトを完全無料で視聴する方法

先に結論から、どこの動画サイトでアニメ「レヴュースタァライト」を見ることが出来るかどうかをお伝えしたいと思います。

現在、「レヴュースタァライト」が動画配信されている動画サイトは、「U-NEXT」になります。

本ページの情報は2020年5月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

現在、初めて「ユーネクスト」を利用する方は、31日間無料で動画を視聴することが出来ます。

U-NEXTについて
月額料金 1,990円(税抜
見放題+レンタル+1200ポイント
配信数 180,000本以上
無料トライアル 見放題作品が31日間無料+600円ポイント
画質 フルHD画質
同時視聴 4台まで
リアルタイム配信 あり(FOXチャンネル)
雑誌 70誌以上の無料雑誌を見ることが可能
ダウンロード機能 あり
そして、見放題動画を全て無料で視聴することが可能なのと、プラスで600円のポイントがついて来ます。
このポイントを利用することで、最新の映画などを視聴したり、電子書籍を購入することも可能ですので、無料期間だけでもかなり楽しむことが可能です。
映画のアニメが見れる動画サイトは、かなり少なめのため、最新作の映画配信もされてますので、「U-NEXT」は、非常にオススメで自分も契約して利用してます。
「U-NEXT」は、最新の映画アニメも配信されてますし、見放題のアニメや映画やドラマも多く、雑誌も追加料金なしで見放題になっています。
初めての登録でしたら、31日間も無料で動画を見放題ですので、まずは登録して試してみてみてください。31日間の間に使わないと判断されて解約した場合は、費用が掛かることは一切ありませんので、安心して使うことが出来ます。
有料の会員になっても、月々1990円(税抜き)と少々高めの金額にはなりますが、1200円分のポイントが毎月付きますので、それを電子書籍などにも利用することが出来るため、実質1000円ほどで見放題で動画視聴することが可能なので、コスパが悪い訳ではありません。
スポンサーリンク

レヴュースタァライトとは

「スタァライト。星の光に導かれる女神たちの物語…」になります。

 

“スタァライト”という物語に惚れた女の子、愛城華恋。

 

歌、芝居、ダンス、日本舞踊などを学ぶことができる聖翔音楽学園の俳優育成科で「舞台に憧れ舞台に生きる」同じ舞台を作る仲間、同じスタァを目指すライバルと過ごしていく日常アニメ…!

 

と思いきや

 

”謎のキリン”からのメールにより永遠の舞台少女、トップスタァを目指して壮絶な戦いが繰り広げられるアニメです。

 

舞台少女として一番大切なものをかけて、少女たちの戦いの幕が切って落とされるのです…!

スポンサーリンク

ここがすごい!

少女歌劇レヴュースタァライトは、本当に演出や話の構成がしっかりしていて、観れば見るほどすごいアニメなんです!

 

たくさんすごいところやいろんな解釈があるアニメなので、ここでは私が好きな場面や魅力あふれるキャラクターをかいつまんで紹介していきます。

個性あふれるキャラクター

レヴュースタァライトの登場人物は全員で9人。簡単な紹介をしていきますね!

愛城華恋

主人公。ひかりちゃんと「スタァライト」の舞台を観て、舞台少女になることを誓い、聖翔音楽学園にてトップスタァになるために日々進化している前向きで明るく元気な高校2年生の女の子。
口上は「星屑溢れるステージに 可憐に咲かせる 愛の華 生まれ変わった私をまとい キラめく舞台に飛び込み参上 99期生愛城華恋 みんなをスタァライトしちゃいます!」

神楽ひかり

思い付きから華恋を「スタァライト」の舞台に連れていき、華恋を舞台少女の道へと目覚めさせた幼馴染。5歳の頃にロンドンに引っ越し、そちらの演劇の名門校で演劇を学ぶ。
キリンのレヴューをきっかけに日本に帰ってきて華恋が大切なものを失わないように阻止しようとする。
クールで口数が少ない、ミステリアスな女の子。クラゲがすきで、ぷるぷるしたものが苦手です。
口上は「強く掲げた掌すり抜け 奈落に落としたあの日の誓い  再びのぼる運命の舞台  たとえ悲劇で終わるとしても  99期生神楽ひかり  全てはスタァライトのために」

露崎まひる

普段は大人しくて引っ込み思案な女の子だが、舞台の上では爛漫としている。
華恋のルームメイトで華恋の明るさや前向きさにずっと憧れている。華恋のことが好きすぎてひかりちゃんに嫉妬しています。
口上は「きらめく舞台が大好きだけど  きらめくあなたはもっと好き  まわるまわるデュエットで ずっと2人で踊れたら 99期生露崎まひる ずっとそばにいたのは  私なんだよ…」

星見純那

学年一の才女で学級委員を務めるクラスのまとめ役。判断力、分析力に優れていてとても勉強家だが、考えすぎることも…
両親の反対を押し切って舞台少女の道を選んだが天性の才能を持つ舞台少女達を目の前に悩む女の子です。
口上は「人には運命の星がある 綺羅星 あけ星 流れ星  己の星は見えずとも  見上げる私は今日限り  99期生星見純那  掴んでみせます  自分星」

天堂真矢

有名な舞台俳優とプリマドンナの両親を持つ演劇界のサラブレッド。
恵まれた体躯に高く通る声と言うまさに天性の逸材。しかし、決してあぐらをかくことなく、さらなる高みを目指して努力を続ける孤高の舞台少女。
This is 天堂真矢…本当にかっこよくて美しいです。
口上は「月の輝き 星の愛  多数の光集めて今  あなたの心に届けましょう  99期生主席  天堂真矢  今宵 キラめきをあなたに」

西條クロディーヌ

日本人の父とフランス人の母を持つハーフお嬢様。
豊かな才能を持ち、子供のころから子役として舞台に出演してきた経験がある。
しかし、天堂真矢と言う強烈なきらめきを持つ存在に出会い、ずっとライバル視している。よく、わたしは負けてないから!と真矢に言っている。
口上は「輝くチャンスは誰もが平等  だから愛のダンスで誰より熱く  自由の翼で誰より高く  99期生次席 西條クロディーヌ C’est moi, la star!(スタァになるのは、この私)」

大場なな

優しくて気が使える99期生みんなの「お母さん」的な存在です。
歌や踊りはもちろん、舞台出演にも興味があり、優れた才能を見せます。
華恋につけられたニックネームは「ばなな」。ナイスなときに「ばなナイス」と言う。
口上は「舞台に実った たわわな果実  だけどみんな柔らかだから 誰かが守ってあげなくちゃ  99期生大場なな  私が守るの。 ずっと何度でも」

花柳香子

日本舞踊の家元の孫娘。日本芸能の天才で、歌謡と舞踊で世界一になるため聖翔音楽学園に入学した。
生粋のお姫様で、双葉がいないと生活できないほど双葉に頼り切っている。
にこにこしているが、その笑顔の裏は誰よりも計算高い。

石動双葉

香子の幼馴染で、彼女に付き添って聖翔音楽学園に入学した、異端の舞台少女。努力家で香子と一緒に入ると決めてから必死の努力で入学した。
口は少し悪く男の子っぽい雰囲気だが、文句をいいつつ香子をフォローする優しい女の子です。
双葉と香子は2人で一つ。口上は2人で1つで、
「香子:歌に踊りに 住き還る  歩み進んだ二人道
   双葉:だけどアタシも見つけちまった  夜空にそびえる一本道
 99期生石動双葉 気合入れて  突っ走ります!
   香子:99期生 花柳香子   最後まで付きおーてもらうで!」
スポンサーリンク

少女たちの熱い戦い!

遥かなきらめきを目指す覚悟があなたにありますか?

 

最初、主人公の愛城華恋を始めとする主のメンバーの何人かは、結構「絶対自分が一番でいたい」みたいなトップスタァを目指すより、自分なりに頑張るぞ!って感じの子も多いんですけど、やはり「自分の目指すものの上の方」を見ると負けたくない!って気持ちが強くなってきて、私だって絶対に負けない!となっていく展開が本当に熱いです…!

 

一話だと、純那ちゃんの

「観客気分なら出てって。彼女たちを超えていかないと、舞台の真ん中には立てないの。」「こっちは真剣なの。あなたと違って。」「なりたいの。スタァに。」

と言うセリフが本当にグッときます…

 

きらめきが足りないから選ばれなかった愛城華恋ですが、

ドキッてなったんだもん。星見さんに言われて星見さんが言ってたみたいに立てない。
と言って、戦いを続けます。
華恋が最初キリンのレヴューに参加していなかったのはきらめきが足りないからと、キリンは言っていましたが、それは実は隠れた光だったわけで、ひかりちゃんと2人でスタァになるっていう理由が、1人でトップスタァを目指していたわけじゃなかったからあのメールが華恋に来なかったのかもしれませんね…”神楽ひかりちゃん”と”きらめきの光”がちょっとかかっていそうです。

また、戦闘シーンではキャラによってその少女の背景や強さ、覚悟が垣間見える曲や舞台のセットが違うところも面白く、熱い舞台少女の想いが画面いっぱいに表現されているような感じがします。

スポンサーリンク

数々の演出

みなさんは負けた舞台少女の顔が負けた瞬間絶対に見えない演出になっているのを知っていますか?

 

公式でなぜそういう演出なのかというのは書かれておらず、結構考察とかでいろんなことが言われているのですが、私的には舞台少女それぞれ、いろんな想いを抱えてキリンの戦いに臨んでいるので、悔しい以外にもいろんな感情を持っていて、悲しみ苦しみ以外の、表現できないような複雑なものがあるから書かないんだろうなと思っています…

 

確かにその方がキャラのことを考えられて世界観に入り込めるので私は結構スタァライトのこういう演出好きです。

 

そして、これは私の偏見もあるかもしれませんが

オタクアニメありがち、みんな大好き無限ループ…!

 

キリンのレヴューを勝ち抜くと、願いがかなえられるのですが、1年の時の”スタァライト”の公演がそれはもう良すぎて、ずっとこのままでいたいと願い過ぎて再演をする舞台少女がいるんですよね…

 

他のアニメと同じように、途中まで今が無限ループの最中であることがわからなくて、1人の舞台少女が運命を変えることによって変わっていく…ありがちな展開ですが、やっぱりこういう展開や演出、気づいたところからドキドキが止まらなくなります…!

 

特に、私がこの作品でドキドキするのは、無限ループもののアニメって結構1人か2人しかループしていることに気づかないことが多いのですが

 

この作品は運命を変える舞台少女を含め、3人が無限ループしていることや運命が変わったことに気が付いていて、3人ともがその運命の変化にいろんな感情を表現しているんですよ…だからキャラを知ってから観る2週目も本当に胸が熱くなります…

 

また、話のメインの女の子によってエンディング曲の”Fly me to the star”を歌う人が変わっていたり、エンディングを歌う人に合わせて絵が変わるんです。

 

キャラの心情を描いたお話の後に聴く、そのキャラの”Fly me to the star”は本当に心がギュッとさせられます…

幅広いコンテンツ

現在少女歌劇レヴュースタァライトには、アニメのほかにもゲームや舞台があります。

 

アニメ以外のこの2つから入っても楽しめるので紹介していきます!

アプリゲーム  レヴュースタァライトRE LIVE

このゲームはアニメで出てくる聖翔音楽学園以外の敵高校が出てきます。

 

もちろんアニメに同じくみんなライバルで、みんなトップスタァを目指す仲間ですが、アニメと違ってアニメに続くオリジナルストーリーがたくさんあります。

 

ゲーム内のイベントも、”スタァライト”のお話のように舞台のお話を使っていて、キャラクターのまた違った一面がみれることもあります!

舞台 レヴュースタァライト

アニメで声優をしている方たちが、キャラに扮して実際の舞台で実演するんです…!

 

最近アイドル系アニメの声優さんがライブをしているような感覚ですが、

 

実際の舞台はやはり迫力が違って、レヴュースタァライトの良さをさらに感じられるものになっています。

少女歌劇レヴュースタァライトまとめ

いかがだったでしょうか。

 

正直、ゲーム・舞台・アニメどれからはいっても絶対に楽しめるので是非少しでも観てみてください!(最新の舞台は公演によっては舞台の始めの方の公演やアニメのストーリーを観てからのがいいかもしれません)

 

しかし、一番最初にも書いたように、結構考察があり解釈も様々なので、この記事をみて少しでも気になった方はアニメを1話から観るのが一番いいと思います。

 

そして、

 

実はレヴュースタァライト、映画がやるんですよ!!

 

この映画には舞台やゲームで出てくるキャラクターも登場するといわれています…!

 

情報を見る限りアニメを観れば、映画の内容も理解できるようになっているようなので、観ていない人は映画が始まる前に観ることをお勧めします。

 

観ればあなたもきっと素敵なきらめきに包まれますよ!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました