シン・エヴァ劇場版特典ネタバレ注意の中身は何?

シン・エヴァ特典 その他
この記事は約5分で読めます。

ついに「シン・エヴァンゲリオン」劇場版が何度も延期されましたが公開されたので、初日に映画を視聴してきました。特典のことは、全く知りませんでしたが入場者特典がありましたので、ネタバレ注意の中身を公開します。

 

ネットを調べても、みんなネタバレ厳禁ということで公開されていませんでしたからね。

 

ということで、ここからの記事はネタバレになりますので、まだ映画視聴していない方や中身をバラされなくない方は、この記事だけは見ないでくださいよ!

にゃんこ先生
にゃんこ先生

映画行って特典貰ったけど、開けたくないんだよなぁっていう方いると思います。自分もそうでしたが、ブログの記事の為に公開しますw

スポンサーリンク

シン・エヴァ劇場版特典ネタバレ注意の中身は何?

シン・エヴァの特典は、表紙に「式波・アスカ・ラングレー」のイラストが描かれていて、裏側には「ネタバレ注意」と書かれてましたので、さっそく中身を開封していきます。

 

中身は、エヴァの専門用語が書かれてる感じですね。

 

ハッキリいって、単語の意味はほとんどわからないです。

エヴァンゲリオンシリーズは、全部視聴してきましたが、ただアニメを視聴したぐらいのにわかレベルの知識じゃ理解不能ですよね。

誰か細かくこの単語の解説してくれる人がそのうち出てくるはず!w

考察したい人は、嬉しい特典かもしれないですね。

 

気になる用語があれば、ご自身で検索してみてね(・ω・)

 

さすがにこれで記事が終わったら、内容がなさすぎるので、今回のシン・エヴァの感想をしていきます。

 

こちらも普通にネタバレしていくので、ネタバレ一向に構わない人だけ読んでください。

シン・エヴァ劇場版の感想

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、2012年11月17日公開されましたが、こちらも初日に映画見に行ったんですよね。

 

Qは、さすがにワケガワカラナイヨっていう感じでしたが、完結編のシン・エヴァは、ちゃんQが終わった続きのお話しになってました。それにしても、9年振りというのは、かなり待たされましたね。

 

エヴァの映画も4シリーズ目で、最後になりますが、本当にこれでエヴァンゲリオンが終わるのかっていう感慨深いものがあります。

 

今回のエヴァは、一応、序、破、Qの簡単なあらすじが初めに軽く流れるので、今までのシリーズの映画を視聴していなかったり、結構忘れていても、そこそこ思い出せるようになってました。

 

でも、ちゃんと劇場版シリーズを先に視聴してから、シン・エヴァ見たほうがいいですね。

この記事を読んでる人は、既に過去作は視聴済みだと思いますが、映画前にフルで視聴したい人は、「プライム・ビデオ」で配信されてるので、そちらで全話確認してください。

 

ちなみに冒頭の「シン・エヴァ」もプライム・ビデオで配信されているので、そこも嬉しいところです。

 

まぁ映画を視聴してから、冒頭が配信されてること知ったんですけどね!

ここからネタバレありで簡単なあらすじも

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告【公式】

冒頭のヴィレの衣装がダサすぎる。これわざとやってるレベルでダサい。

 

「真希波マリイラストリアス」は、劇場版のオリジナルキャラクターなのだけど、めっちゃ良い。ヨーソロー!

 

前半は、日常回で大人になったトウジやケンスケなどが登場しました。初めは、ずっと落ち込んでたシンジくんでしたが、徐々に心を開いて復活していくシンジくんがいました。

 

日常回が結構長かったですが、個人的にはこれは別に良かったです。

 

後半は、ヴィレ本部にアスカとシンジも一緒に戻って、ネルフ本部に突入してフォースインパクトを止めにいくやで

 

なんやかんやで無事解決、「さよなら、全てのエヴァンゲリオン」ハッピーエンド(めっちゃ端折ったw)

 

大人になったシンジくんの声優は、CV緒方恵美さんからCV神木隆之介さんになってましたね。神木さんは、映画「君の名は。(立花瀧)」役やバクマン。(高木秋人)役が代表作です。

 

大人になったシンジ君達を見ることが出来るとは思ってなかったですね。お気に入りのマリとシンジがくっついたところは良かったやで

 

もう少しその後の話も見たいと気になったところでしたが、無事にエヴァが完結するのを見ることが出来ました。

 

さよならは、また会うためのおまじない」

「さよなら、エヴァンゲリオン。」

スポンサーリンク

まとめ

正直、エヴァQは少し微妙だった印象を持ってたので、当日シン・エヴァを視聴するか迷ってたところもありましたが、これは観ておいて良かったです。

 

でも、自分は現代っ子なのか、やはり2時間30分近くある映画をスマホを一切触らずにいるっていうのは、正直少し辛いものがありましたw

 

普段から、アニメは他の作業をしながら視聴してたりすることが多いので、長時間一つのことに全集中するのは厳しいものです。

 

でも、あと1回ぐらいはまた視聴しようかなと思える内容でしたね。今の映画館場所にも寄るかもしれないですが、1席スペース空けて座るので、かなりゆったりと視聴することが出来る点も良かったです。

 

劇場版エヴァシリーズは、「プライム・ビデオ」でまた視聴し直すかな(´・ω・`)

コメント