外付けSSDは何がおすすめ?【2021年最新版】

アニメ・漫画
この記事は約5分で読めます。

外付けSSDは何がおすすめかどれを購入すればいいか迷ってしまいますよね。

 

今回は、実際に色々検討した中から購入して良かったと思える外付けSSDを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

外付けSSDは何がおすすめ?2021年版

SSD

外付けSSD2021年現在でおすすめの商品は、写真にもある通りSanDiskのポータブルSSDになります。

理由は、一眼レフカメラとかを使ってる人達なら、一般常識的な感じになってますが、とにかく安定して使用出来ることです。SDやCFカードを利用してる人は、Sandisk製の商品は高いけど、いい商品っていうイメージが付いてるかと思います。

 

そして、動作も安定していて速度もスペック通り出るので、購入して間違いない商品になります。

 

自分は、windows10とmacbook pro16インチ MacBook Pro13インチm1チップ搭載ので試してみましたが、どれも問題なく使用することが出来ました。

 

速度もしっかりと計測しましたが、465MB/Sとほぼほぼ公表されているレベルの速度が出ていたので、十分満足です。

実用的には、これぐらいの速度が出ていれば十分ですね。コスパを考えると2TBで2万円代で購入出来たなら良かったと思います。

 

容量を小さいのを購入すれば、もっと価格を抑えることが出来ますが、なるべく大きい容量を買っておくとデータを沢山保管することが出来ていいと思ってます。

ちなみに倍ぐらいの4万円ぐらい出すと1050MB/秒の速度が出るということで、お金に余裕がある人はミドルクラスの外付けSSDも選択に入ると思います。

 

これは、かなり重たいファイルを頻繁に取り扱いする人がメインになるかと思います。

写真編集と動画編集なら500MB/秒で十分速い

自分が購入して利用しているのは、外付けSSDのスタンダードモデルになりますが、500MB/秒なら普通に動画編集や写真編集がサクサク動くので、これで十分なぐらいです。

 

普通に数GBのデータのコピーもめちゃくちゃ早いので、これは購入すべきだなって思いましたね。

 

いくらHDDが安いといっても、一度この速度の快適さをしってしまうともうHDDには戻ることは出来ませんね。HDDを利用するのは、本当に低コストでバックアップを取りたい人向けかなと思うぐらいです。

 

HDDは、動作もうるさいしサイズも大きいので、もう今の時代はSSDの時代ですね。

 

簡易ではありますが、IP55の防滴・防塵性能もあるので、外出先でも結構安心して利用することが出来ると思います。出先であっても、自宅と同じ環境で作業することが出来たりするのは、本当に有り難いですね。

 

動画編集をよくする人に取っては、外付けSSDは必須の周辺機器だと思いました。一度、使うと本当に良すぎてめちゃくちゃ勧めたい商品ですね。

SSDの注意点

Sandiskの外付けSSDを使う前は、他の外付けSSDを利用していたのですが、普通に使えていたので特に違和感なかったんですが、一度ソフトで速度を測定してみたところ、40MB/秒しか出ていませんでした。

 

SSDなら、せめて300MB/sぐらいは出てるものだと思ってましたが、ちゃんと測定しないとわからないものですね。ちなみに速度が出なかった理由は、USB-Cケーブルが原因でした。

 

他のUSB-Cケーブルに変えたら、普通に速度が出るようになったので、結構ケーブルって大事なんだなっていうところですね。

 

このケーブルで、sandiskの外付けSSDでも測ってみましたが、40MB/sぐらいしか出なかったので、ケーブルって以外と重要な商品でした。USB-Cだから、問題なく使えるっていっても速度は出ないのもあるっていうことですね。

 

もし、外付けSSDを購入した時は、念の為ちゃんと速度は測定しておいたほうがいいかもしれません。

 

ちなみに紹介してるSandisckの外付けSSDには、ちゃんとケーブルも付属されていて、そのケーブルで測定したら500MB/S近く出てたので、別途でケーブルを購入する必要性がないところも安心です。

 

今まで、40MB/Sのを使ってたわけだから、10倍ぐらいの速度に変わったら爆速になるのは当たり前っていうところですね。

MacBook Pro内臓のSSDはもっと速い

内臓のSSDは、圧倒的に速いので基本的な作業は、MacBook Proの内蔵を利用して作業するようにしてます。

 

ちなみに2021年現行のMacBook Proの場合、外付けは1000MB/Sぐらいまでしか出ないため、これ以上速度が出る外付けSSDを購入したところで性能を発揮することが出来ないみたいです。

もし、購入するなら、今は1000MB/SまでのミドルクラスのSSDを購入した方がいいっていうことですね。

 

それと内蔵SSDがこれだけ速いっていうことは、購入する段階である程度大きいSSDを購入したいところです。もう、めっちゃ爆速ですし、後から追加することは出来ないので、毎回1TBのを購入するようにしてます。

 

1TBもあれば、十分色々出来ますし、足りなくなった場合は、外付けSSDに移動させておけば、基本的に内蔵SSDで作業することがだいたいの人も可能になると思います。

 

せっかくの高性能なパソコンの機能をしっかりと使いこなして、有効活用したいところですね。

 

それにしても、SSDだから音が全くしないし普通に使えていたので、あまり気にしてなかったのですが、ちゃんと速度を計測するのは大切ですね。

 

Macユーザーは、アップルストアで「Disk Speed Test」で検索すると測定ツールがすぐに出てきて無料ダウンロードすることが出来て操作も簡単なので利用してみてくださいね。

 

そして、快適なパソコンライフを送ってください。

外付けSSDとHDDの違いについて

外付けSSDかHDDどっちがおすすめ?違いについても
...
アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント