逆あおりで荷崩れ犯人逮捕で弁償に?

煽り対策 ニュース
この記事は約4分で読めます。

2021年1月14日滋賀県の京滋バイパスを走る大型トラックが急に逆あおりを避けたことによって、積み荷が破損して被害総額3000万円になったということです。

 

この映像は、ドライブレコーダーにしっかり残ってるので、このあおり運転をした犯人は遅かれ早かれ逮捕されることになると思っております。

スポンサーリンク

逆あおりで荷崩れ犯人逮捕で弁償に?

急な“逆あおり”避け・・・積み荷破損で損害3000万円か(2021年1月19日)

映像には、ナンバープレートにモザイクが入っておりますが、こんな危険な行為をするのは、公開して欲しいようなところですね。

 

しっかりとドライブレコーダーに証拠が残っている以上は、この車を所有している人を特定するのは難しくないと思います。

 

ただ、誰が運転してるかどうかまではわからないと思うので、自分は運転していないとかの言い訳をする可能性はあるかもしれないですね。

 

ちなみに犯人が捕まった場合は、損害費用を支払う必要性がありそうなので、ちょっと苛ついたからといって安易なあおり運転は、絶対にしてはいけませんね。

 

スピードが遅くてハラがたったなら、普通に邪魔なんてせずに抜けばいいだけなのに正直映像を見た限り急ブレーキを掛けた意味がわからないところですね。

 

ニュース的には、こういった行為があったとしか発表されておりませんが、犯人が使って弁償金額を支払うことになったら、それもまたニュースにしてほしいところですね。

 

そしたら、危険なあおり運転の抑止に多少つながることだと思います。

 

それにしても、ちょっとしたことで、あおり運転をしたドライバーは浅はかでしたね。

 

過去には、超精密機器を積んだトラックを煽って、荷台の荷物を破損させたことで1億円以上の請求が行ったという事件もあったということなので、もっとしてはいけないことを認識させる必要性がありそうですね。

ドライブレコーダーは大事

車を運転している以上、どこで自分が事故をするかもわからないし、相手が一方的にぶつかってくる可能性もあります。

 

そんな時に大事になってくるのが証拠です。

 

人の意見よりも、このように映像として証拠が残っている方が大事になります。

 

最近は、ドライブレコーダーが付いている車も増えて来ましたが、まだ付けていないという方は、これを機にドライブレコーダーを購入して付けてみてはどうでしょうか?

 

自分が事故を起こさなかったとしても、他の人の事故映像を残すことによって、役に立つこともあると思いますので、付けていて損することはないなって思います。

 

保険の意味も込めて、ドライブレコーダー買ってもいいんじゃないでしょうか。

 

ドラレコがあれば、煽り運転対策にもなると思います。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーのおすすめ商品を紹介

ちょっと高いかもしれませんが、結論からいいドライブレコーダーを紹介します。

 

なんか中途半端なドラレコを購入して、映像が微妙だったりしては、実際に撮影してたとしても役に立たないかもしれませんので、それならもういいドラレコを買っていきましょう。

 

前後2カメラが付いているため、幅広い範囲を撮影することが出来て、死角が少ないカメラとなります。

 

そして、夜間の映像も綺麗なので、状況にもよりますがナンバーを確認出来る可能性が高まります。

 

ナンバーをしっかり撮影することが出来れば、証拠としてかなり役に立ってくれるかと思いますので、ここはケチらず購入したいところですね。

 

ドラレコでも、かなり売れている売れ筋商品となってますので、購入して間違いない商品かと思います。

 

付属している32GBの容量だと少なめかと思いますので、128GBぐらいのSDカードに変えると録画時間が増えて良いです。

ニュース
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント