まこなり社長誹謗中傷で法的処置を取る2名の人物とは誰?

この記事は約4分で読めます。

以前、まこなり社長の新サービス(アンコモン)をYoutubeの動画にて発表されましたが、マコさんの株式会社divとまこなり社長本人の誹謗中傷と名誉毀損行為等の事実を確認することが出来た2名の人物に法的処置を取ることを発言されました。

 

今回は、このことについて色々と個人的な見解をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

まこなり社長誹謗中傷で法的処置を取る2名の人物とは誰?

UNCOMMON(アンコモン)の動画が上がった時、炎上させたい人達がまこなり社長が情報商材を始めたとか話題にして悪いイメージがついたことを覚えております。

 

実際にどの程度の名誉毀損などがあったかについては、調べておりませんがわざわざこういった発言をされるぐらいなので、結構酷い内容だったこというを予想出来ます。

 

影響力がある人達に乗っかかるのは、影響力がない自分たちがやる戦法としては良いと思うのですが、行き過ぎた発言などをすることはいけないことだと思います。

 

ある程度、便乗する手法は効果的だと思ってるので自分自身も記事としてまとめているわけですが。Youtubeでも、この炎上案件に便乗するために沢山の人達がYoutubeに動画投稿されてますね。

 

結論から言うとそういった動画を視聴したところで自分自身の時間の無駄になるだけです。再生回数回すことにより、動画投稿者の収益として情報発信者は儲かりますけども

まこなり社長に法的手段を取られる二人は誰なのか

これが気になる点だと思いますが、こんなの特定したところで読んでる方にも良い影響を与えることが出来るものだと思わないため、タイトルは釣りになってしまいましたが特定することはしておりません。

 

多分、Youtubeに動画上げてる人達ではなくて、一般の人で直接ツイッターのリプやDMとかお問い合わせフォームとかに送りつけてるような人だとは思います。

 

ちなみにこんなのを特定するために自分自身の時間を使うのは、勿体ないと思うので反応してしまった人は、反応しなくて良いと思います。

 

これを調べる時間があるなら、自分自身のために役に立つようなことをしたいところですね。

 

このことに関しては、まこなり社長がそのうち動画を上げてくれるらしいので、どこのようなことがあったことがあったかについては、待ってたらわかると思います。

 

それにしても、なにか新しいことに挑戦しようとすると、悪質な事実無根なことを発言して評判を落とそうとしてくる人達がいるのってなんだかな〜って思ってしまうところですね。

 

現在は、誹謗中傷された側は黙ってブロックするなり、スルーするのが対処方法となっておりますが、ネット上で匿名でやりたい放題してる人達は、然るべき措置を講じられて欲しいところです。

 

出る杭は打たれるっていうという言葉の諺がありますが、まさにこれだなって思います。対処としては、それ以上に出るしかないのでしょうけども、かといって好き勝手してはいけないよね。

スポンサーリンク

まとめ

まこなり社長の元には、新サービスアンコモンを開始する前から、「事実無根の嘘」「誹謗中傷」は多数あったみたいで、さすがに容認出来ないレベルにまで来たんでしょうね。

 

ネット上で合っても、誹謗中傷などを行ったら、どんどん取り締まられるようになっていく時代になれば、多少こういったことも減っていけばいいと思います。

 

裁判とかは、実際にやると結構時間掛かるみたいですし、手間と費用が掛かるからスルーするのが得策なんでしょうけど、行き過ぎた行動はちゃんと対処していかねばなりませんね。

 

それにしても、こんなことをしなければいけないってような世の中って世知辛いですね。

ニュース
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント