梶裕貴出演おすすめアニメ紹介まとめ【声優】

梶裕貴 アニメ・漫画
この記事は約11分で読めます。

今回は、声優の梶裕貴さんが演じたのおすすめアニメを紹介することにしました。

 

アニメを視聴出来るサイトも紹介してますので、気になった作品がありましたら、是非視聴してみてくださいね。

スポンサーリンク

梶裕貴さん出演のおすすめアニメ

梶裕貴さんは、代表作としては主人公役の進撃の巨人(エレン・イェーガー)や七つの大罪のメリオダスなどが有名かと思います。

 

他にも様々なアニメにも出演されておりますので、作品の説明もいれつつ紹介していきます。

 

ほとんどが自分もメインで利用している動画配信サイト「U-NEXT」で、アニメを視聴することが可能になってます。

「U-NEXT」のメリットやデメリットを徹底解説

U-NEXTの特徴やメリットとは?登録・解約方法やおすすめを徹底解説
...

アオハライド(馬渕洸)

アオハライド

原作を読んでいた時からこの声は梶裕貴さんがいいなと思っていたのでとても嬉しかったです。

 

まだ声優さんも決まっていない段階から勝手に梶裕貴さんの声を勝手に当てて読んでいました。

 

そのくらいこの馬渕洸は梶裕貴さんしか似合わないと思います。幼い時は田中くんでしたが親の都合で馬淵に変わり双葉と再開した時に馬渕だけどという低音ボイスが最高にかっこよくてアニメ化してくれてありがとうと思いました。

 

あとは双葉に対してシャンプー変えた?というセリフがありますがここは是非語尾を少しあげてハテナで問いただしているようにしてほしいと思っていたのでアニメで本当にそのように言ってくれていたので好きすぎて何回も聞きました。

FAIRY TAIL(リオン・バスティア)

FAIRY TAIL

今まで数々のアニメを見てきましたがこのアニメが1番好きでカナアニメに勝てるアニメはないなというくらい大好きなアニメです。

 

リオンはグレイと同じ氷の造形魔導士ですがリオンの方が作る造形がかっこいいです。グレイと初めて戦った時はトラを氷で作っててすごいと思ったのとかっこいいと思ったのと両方ありました。

 

声はとても強そうな低い声で何度も共演しているグレイ役の中村さんとも息ぴったりな感じが出ています。フェアリーテイルのギルドとは違い、一応敵同士になりますが全く敵に見えないような立ち位置も好きです。

 

やはり戦闘シーンが1番かっこいいと思います。

K(十束多々良)

K

梶裕貴さんを初めて知ったのがこの作品でした。最初は回想シーンにしか登場しないから現実世界にいないのか、この人はと思い見ていくとまさかの殺されてすでに死んだら役だったので驚きでした。

 

楽しみにしていたのに驚きの方が大きかったです。赤の王のところに所属していますがそこで十束多々良がギターを持ちながら歌を歌っていてその歌声がものすごくうまかったことは今でも覚えています。

 

とても落ち着くような声をしている声優さんだなと思いました。声優さんはそのキャラクターに声を吹き込むだけではなくて歌も歌えるのかと初めて知りました。

からかい上手の高木さん(西片)

からかい上手の高木さん

香川県の小豆島を舞台とした学校で繰り広げられる、ゆるい青春アニメ。主人公である西片を演じています。

 

見どころとしては、タイトルにある高木さんという梶裕貴演じる西片の同級生に、ひたすらからかわれる様子に終始微笑ましく感じてしまう点です。

 

例えば、皆さんは「消しゴムに好きな人の名前を書いてカバーで覆っておくと願いが叶う」という迷信を聞いたことはあるでしょうか?

 

作品内にも登場し西片が実際に同じクラスの男子グループからその話を聞き、実践しようと計画します。その策略を先に知っていた高木さんが西片に対してからかいを仕掛けます。

 

どのようなからかいをしたかはネタバレになるために伏せるのですが、展開を見たときにはとても笑いました。

 

メインキャラクターである高木さんと西片の攻防(?)ともいえるゆるい日常アニメを皆さんにぜひ見ていただけると幸いです。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(広瀬 康一)

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

杜王町という架空の舞台で起こった日常を映し出したアニメです。「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部となります。本アニメにて主人公の友人でありメインキャラクターでもある広瀬康一というキャラを演じています。

 

登場した初期こそは頼りない、内気である高校生の1人を演じているのですがある事件がきっかけで作品内にて超能力とされている「スタンド」を身につけます。

 

そのスタンド能力が原因で事件に巻き込まれたり、はたまた同じ高校の女子生徒から好意を持たれ、拉致監禁(彼女も能力者)される等さまざまなトラブルに巻き込まれていきます。

 

物語の中で注目してほしい点としては、上記のような事件や、杜王町を舞台にして起こる連続失踪事件への真相に迫る中で人として成長していく姿を見ることができます。

 

声優としても声色を使い分けることがとても上手で、他にも多く登場するキャラの中でとても輝いて見えるので是非とも視聴していただきたい作品です!

鬼滅の刃(錆兎)

鬼滅の刃

今や社会現象となっている鬼滅の刃にて、最初に炭治郎が鱗滝左近次のもとで作業している際に炭治郎を叱咤激励する役として登場します、最初の登場で炭治郎の性根を折るほどに怒ることから、少し怖いキャラなのかな、と1人感じていました。

 

ですが実際に視聴を進めていくにつれてとても人に物事を教えるのが優しい、心の優しい青年だったのだなということがわかります。

 

ネタバレ回避のために多くを語ることはできませんが、作品内においてとても重要な役割を果たしていきます。炭治郎だけではなく、周囲の人々に対しても印象を残しているため重要キャラの1人として位置付けられるものと考えています。

 

アニメ視聴と同時に原作も読み進めていたのですが、このキャラの真相を知った際には涙してしまいました。

 

それだけ作品内においても重要なキャラとなっています。声優としても、梶さんで大当たりのキャラだと思っています。彼にしか出せない声、感情表現を是非とも感じ取っていただきたいです。

僕のヒーローアカデミア(轟焦凍)

僕のヒーローアカデミア

梶裕貴さん演じるクールなキャラが好きな方はおすすめです。

 

主人公とその幼馴染に次いで3番手に活躍が多いキャラを演じていらっしゃいます。

 

半冷半燃という強力な個性を持っており、その強さからクラスの中でも一目置かれた存在で入学当初は尖っていました。

 

No.2ヒーロー(現No.1)であるエンデヴァーを父に持ち、ある一件から親子の間に確執が生じていましたが主人公デクとの対決をきっかけに父に対する反抗をやめてからは性格が丸くなり、時々天然を炸裂する愛らしいキャラへと変わっていきます。

 

クールだけどおとぼけな轟くんが可愛くてかっこいいので、その変化とギャップがおもしろいのでおすすめです。

七つの大罪(メリオダス)

七つの大罪

クールなキャラを演じることが多い梶裕貴さんですが、この作品では明るい性格の主人公の役をされています。

クールキャラとはちょっと違ったキャラクターの声を聞きたい方におすすめです。

ちょっとエッチな一面もある、飄々としていて気さくなメリオダスですが、自分のことに対しては秘密主義で謎の多いキャラクターです。

伝説の騎士団「七つの大罪」の団長を務めていたメリオダスの過去や、謎の強さの秘密がだんだんと明らかになっていく展開に目が離せません。

個人的に七つの大罪のメンバーである妖精王キングと巨人族ディアンヌの過去編がめちゃくちゃ感動しました。

バクマン。(小杉達朗)

バクマン。

アニメにはほとんど登場しませんが個人的にとても好きなキャラクターなので挙げました。

 

2人の少年が作画と原作をそれぞれ担当するというかたちでコンビを組んで、漫画家を目指すストーリーです。

 

人間模様が非常にこまやかに描かれており、真面目だけどクスッと笑える展開も多くて飽きなく楽しめます。

 

主人公たちのライバルとして登場する漫画家の一人に七峰透というキャラがあり、その担当編集・小杉役を演じられているのが梶裕貴さんです。

 

七峰はとても邪道でグレーな漫画の作り方をしており、その事実を知った気弱な小杉は最初は見て見ぬふりをしていましたが「少年漫画は『熱血』『汗臭さ』『泥臭さ』がもっとあってもいい」を持論をかまし、七峰を更生させようと熱く語るシーンがとてもかっこよかったので見どころの一つです。

 

漫画がどのようにして作られているのか、事実に基づいて描かれているのでとても興味深く面白いです。

ノラガミ(雪音)

夜トというフリーランスの神様が穢れを払ったり事件を解決していく最中、刀として出会った雪音を改心させていくところが見どころだと思います。

 

出会った頃はほわほわした綿雪のような容姿だったけど、その中身は中学生くらいの男の子。思春期で揺れ動く不安定な年頃で事件を起こして夜トを傷つけ穢れていく。

 

けれど、夜トは傷つきながらも雪音を見放すことなく親のような愛情を持って接し、改心させることに成功させます。

 

物語の中で、親しい神々が雪音の穢れを祓うシーンが出てくるのですが、梶さんの「痛みを受け止める」表現はとてもリアルで胸がギュッとなりました。

ダイヤのエース(成宮鳴)

ダイヤのエース

よくある野球名門校の高校野球部の部活モノ。とにかくリアリティ溢れる作品だと思います。

 

甲子園を目指していることから、今年を逃したら来年はない3年生の気迫や、ライバル校との駆け引き、同じポジションを争う選手同士の思いなど、部活をしていた頃にこういうことあったなと青春を思い出しました。

 

また、もともと漫画を読んで好きになったのですが、アニメになることでより躍動感が表されています。

 

ピッチャーが一球投げるまでの心理をモノローグとともにゆっくりと間をとって描かれていたり、送球を取るときのザッという足音、応援席の声などもとてもリアルで物語の中に引き込まれました。

にゃんこ先生
にゃんこ先生

野球アニメのダイヤのA、田舎の高校で野球をやっていた少年沢村栄純がピッチャーの御幸一也との出会いから強豪高校の青道高校の野球部に入部し、チームメイトといっしょに甲子園、そして甲子園制覇を目指して奮闘するストーリー、第一シーズンでは1年生の栄純。超天然バカな性格でチームのムードメーカー的な存在となりながらも大事な場面を任されたりもし、奮闘します。毎試合毎試合、勝つかどうか続きがどんどん気になるし、競合の戦いにドキドキするアニメです。栄純の前向きさにもすごい良さを感じるし青春だなと感じれて面白いアニメです。栄純が青道のエースになれることができるのか見どころです。

ツキウタ。THE ANIMATION(師走駆)

ツキウタ。

架空の音楽事務所に所属する2組のアイドルグループの話。作品のほとんどは1話1〜2人ずつアイドルの日常を切り取った話になっているのですが、私が感動したのは最終話の2組一緒にライブをするシーンです。

 

前話までに困難を乗り越えてきたアイドル達が絆をより深めてのライブ出演。

 

本当のアイドルのように照明や音響も切り替わるステージで、華やかな衣装を着たアイドル達がフォーメーションを作って歌い踊るんですが、そのクオリティがミュージックビデオ。

 

3Gで描かれてはいますが、キャラクターが実際にこんなファンサービスチックなことしそうだなということまで再現されていて楽しかったです。

あひるの空(車谷空)

あひるの空

やっとアニメ化されたバスケ漫画あひるの空。長野県からお母さんの入院している病院の近くに行くために神奈川の九頭龍高校に入った空。

 

不良の溜まり場だったバスケ部を空の性格で周りをどんどん引きこんで変えていく感じが凄い暖かくて応援したくなるストーリーです。

 

漫画でも感動するお母さんとの別れのシーン、アニメ化されて音声が入ることでより感動が増して何回見ても泣けました。

 

どん底から這い上がっていき、何回もトラブルなどでうまく行かなくても立ち向かって再起動するメンバー、応援したくなるしどの話も感動するしすごいいい青春アニメです。

進撃の巨人(エレン・イェーガー)

進撃の巨人

初っ端からある壁の中に住んでいる人間たちが謎の大型の巨人たちによってどんどん喰われていくという衝撃のシーンから始まる話。

 

漫画で見るよりもアニメは巨人に人間が喰われていくシーンがリアルで怖いくらいです。

 

巨人を駆逐するために入った調査兵団で戦うエレン、ミカサ、アルミン、壁の外からだと思っていた巨人が壁内で急に現れたりどんどん変化していくし、巨人とは一体なんなのかどこからなんのためにやってきているのか一度見たらどんどんハマって行って面白いです。

 

ラストに連れて伏線回収の仕方の凄さに驚いきでした。是非一度見たことない人は見てみてほしいアニメです。

スポンサーリンク

声優の梶裕貴まとめ

今回は、梶裕貴さんが声優として演じられてるアニメ作品をいくつか紹介させて頂きました。

 

梶裕貴さんの配偶者は、声優の竹達彩奈さんで2019年に結婚されました。あずにゃんと結婚羨ましいところですね!

 

視聴したことがないアニメで気になった作品があった場合は、是非視聴してみてください。

アニメ「公式サイト」ランキング10位【無料視聴可】

アニメ公式サイトおすすめランキング10位【無料お試しあり】
...
アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント