約束のネバーランド2期は原作何巻?アニメ1期ネタバレあらすじも

約束のネバーランド その他
この記事は約7分で読めます。

今回は、2021年1月から、アニメ2期が始まる約束のネバーランド(約ネバ)について紹介していきます!

スポンサーリンク

約ネバ2期は原作何巻から何巻まで放送される?

前作である約ネバ1期は12話、原作漫画だと5巻のあたまで終わっています。

今度テレビアニメ放送が始まる2期は、ストーリー的に2クール25話での放送で、原作では5巻の中盤くらいから13巻のあたまくらいまでのアニメが放送されるのではないかと予想しています。

 

約束のネバーランは、全巻20巻全181話まで発売しており、アニメ2期が終わっても、全話ストーリーが終わるわけではなさそうですね。

 

続編は、アニメ2期の円盤売れ行きや動画配信サイトでの視聴され具合によって、制作されるかが決まるので、アニメ2期も成功して欲しいところですね。

 

ちなみに実写映画「劇場版 約束のネバーランド」は、なかなか良い評判でした。

「劇場版 約束のネバーランド」の感想まとめ

映画約束のネバーランド感想と評価まとめ!面白いのか?
...
スポンサーリンク

約ネバ1期のあらすじ、ネタバレをふり返り

ここからは「約束のネバーランド」アニメ1期のあらすじ、ネタバレを抜粋して順番に紹介していきます。

1話「121405」

親がいない子供たちが生活する施設。

 

ある日の夜、里親が決まったというコニーが皆に見送られ出発します。大きくなったら″ママ″みたいなお母さんになりたいと無邪気に笑うコニー。

ママは子供たちが生活する施設(ハウス)の職員。

 

コニーが出発してしばらくしてから、ずっと大事にしているうさぎのぬいぐるみ「リトルバーニー」が忘れられていることに気が付きました。

ハウスの年長であるエマとノーマンが届けるためにコニーを追いかけます。

 

コニーが乗っていくであろう車に近寄ると、、、

変わり果てたコニーの姿がありました。

足音に気が付いたエマ達は慌てて車の下に身を隠す二人。

「この人肉は金持ち向けの高級品」

「ここの所並の出荷が続いている。」

「ようやく上もの以上を収穫できる。」

 

かつて想像上の生き物だと聞かされていた″鬼″が

目の前に存在していて、会話している。

エマ達がハウスで育った理由は他でもなく、

 

鬼たちの食料になるためでした。

 

エマとノーマン、もう一人の同級生レイの三人で逃げようとノーマンは提案します。

エマはハウスの子供たち誰一人置いて行きたくないと答えます。

 

子供たちには誰一人として同じ運命は辿らせない。

その気持ちはノーマンも同じです。

二人はハウスの子供全員での脱獄を決意しました。

2話「131045」

夜に見た光景、知ってしまった事実、すべてをママに悟られないように計画を進めていくエマ達。

 

昼間の自由時間にママの合図で子供たちが集められます。

ママの新しい”お手伝い”としてシスター・クローネが現れました。

 

脱獄を決めたこのタイミングで敵が増えたことに

エマ達は焦りを感じます。

3話「181045」

新たな敵、クローネが現れますます動きが制御されていく中、

エマが発信機の場所を特定します。

事態が好転してきているところに、

ノーマンが衝撃的な言葉を口にします。

「子供たちの中に内通者がいる」

弟妹たちの中に情報源がいるかもしれない、

エマは疑心暗鬼になりはじめていました。

4話「291045」、5話「301045」

ほかの子達の逃走訓練など、エマ達の手が回りきらない部分を任せるためにハウスからの脱獄計画にドンとギルダの二人を引き入れることにしたエマ達。

 

なかなか信じてくれなかったものの、最後はエマの言葉を信じて一緒に逃げ出すことを決めました。

 

内通者だったレイは脱獄に協力しながらママに情報を流し、

その報酬として外の世界の日用品を取り寄せることを要求していました。

6話「311045」

ハウスの図書室に「紹介したい人がいる」というエマに

連れてこられたレイとノーマン。

エマの手には”ウィリアム・ミネルヴァ”の名前が書かれた本。

 

エマの話によるとミネルヴァさんの本には

暗号で伝えらえれた食用児へのメッセージが

いくつもあり、

味方かもしれないというのです。

 

外に出たらミネルヴァさんを探し出し、

みんなで生き残る方法を見つけ出そうと三人で決意を固めます。

 

次の日の朝、計画の話をしていると木の陰から

エマ達のことを見ていたクローネが現れました。

「私と組まない?」

 

何を考えているのかわからないクローネに

エマ達は言葉を失います。

7話「011145」

今の境遇から抜け出したいというクローネ。

 

お互いが目的を果たすために協力をしようというものでした。

クローネはエマ達と同じようにハウスで育ち、

 

今はママになりたいと話します。

大人の体にはチップが入り、外に出ると電流を流され

死に至る。

 

ハウスから出られない運命であるなら、

せめて一番いい暮らしがしたい。

 

これがクローネの狙い、願いでした。

8話「021145」

クローネのもとに本部からの手紙が届きます。

内容は「クローネを第4プラントのママに任命する」というものでした。

事実であるのか疑うクローネでしたが

本部からの連絡は絶対であることから迎えに来ているグランマのもとに向かうクローネ。

 

秘密がばれていることをもみ消していることが許せないクローネはグランマに直訴することを決めました。

「脱走しようとしている」

声を上げるクローネに対して「制御はできているのだから邪魔はしないで」と答えるグランマ。

グランマとイザベラにとって邪魔だったクローネは”排除”されてしまいました。

その日の午後、レイがイザベラに嘘の情報を流していたことを知ったイザベラは、レイを部屋に閉じ込め、

 

エマとノーマンに、ノーマンの出荷が明日であることを伝えます。

9話「031145」

ノーマンが出荷されることをなんとか阻止しようと発信機を壊しハウス内に身を隠して、そこからみんなで逃げようというエマ達の提案をノーマンが受け入れます。

 

しかしノーマンは結局身を隠すことはなく、探ってきたハウス周辺の様子を二人に伝えます。

10話「130146」

逃げるという選択肢を捨てたノーマンは自分が見てきたハウス周辺の様子を細かくエマ達に伝えます。

 

時間は無情にも過ぎて行き、ノーマンが出荷される時が来ました。

エマとの思い出の糸電話だけをトランクに詰め、出発しました。

 

ノーマンを失いとてつもない絶望感がエマとレイを襲います。

11話「140146」

ノーマンが出荷されていき、レイもエマも落ち込み、

誰が見ても計画は白紙になったように思える状態でした。

 

しかしレイもエマも全く諦めておらず、水面下で脱獄の準備は進められていました。

エマはハウスに火をつけて火災での避難に見せかけ逃げるという作戦をレイに伝えます。

レイは、食料として育てた自分がここで死んでママに後悔させてやるという思いでいましが、それに気付いていたノーマンはレイを死なせることなく脱出する方法をエマに伝えていたのです。

 

12話「150146」

4歳以下の子供たちには、必ず迎えに来ると約束を交わし上級生たちは続々と崖を渡り外の世界に足を踏み入れていました。

 

イザベラが子供たちに追いついたときは最後のエマが崖を渡るタイミングでした。

 

イザベラにもハウスで育ち、脱獄をはかった経験があるからか、最後はエマ達の後ろ姿を静かに見送りました。

 

この後に原作漫画にはない、お団子に結んでいた髪をほどく場面があるのですが個人的な感想として、ママ”ではなくイザベラとして子供たちを愛し、普通に生きていく未来の幸せを願っているのではないかなと感じました。

これからの自由への期待と懸命に生きる覚悟にとても相応しい朝陽が、子供たちを待っていました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

約束のネバーランド2期は、2021年冬アニメとしても期待値が高い作品の一つになります。

 

アニメ2期前にじっくりアニメ1期を視聴して振り返ってから、2期を視聴したいところですね。

約束のネバーランド1期と2期の視聴はこちらから

約束のネバーランド2期はどこで見れる?【アニメ無料動画】
...

アニメ「公式サイト」ランキング10位

アニメ公式サイトおすすめランキング10位【無料お試しあり】
...
その他
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント