映画約束のネバーランド感想と評価まとめ!面白いのか?

映画約束のネバーランド アニメ・漫画
この記事は約5分で読めます。

今回は、人気アニメ作品の「約束のネバーランド」が実写映画化して、アニメ2期化も2021年1月7日に放送開始することが決定している約ネバの劇場版について感想と評価をまとめました。

 

漫画とアニメは、非常に評価も高かったですが、果たして実写映画は成功だったのか面白いのか視聴の参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

映画約束のネバーランド感想

わたしは原作漫画が大好きで全巻持って何回も読んでいるので、正直実写映画化には反対でした。ですがTwitterで原作者様や作画の方がとても楽しみにされている様子を見て、初日に見に行ってきました。

 

アニメの1シーズンでやっていた農園からの脱出を上手く2時間で纏めてくれていたなと思います。

 

浜辺美波さんのエマは、初めは少し歳を取りすぎているので心配していましたが、細かい演技力でそれを感じさせないとてもピッタリなエマでした。

 

ノーマンとレイの方は初めましてでしたが将来が楽しみだなという印象でした。この映画のキモはやっぱりママとクローネです。

 

クローネは原作とは体格も肌の色も全然違いますが、渡辺直美さんを見て、うわ、クローネがいると素直に思うことが出来ました。ママは原作の美人ででも怖い狂気さを北川景子さんが見事に演じられていました。

 

夢に出てきそうな怖さです。お二人共原作での気持ち悪さを実写化できちんと体現されていて感動しました。

 

最後の最後、エンドロールの後に注意書きがあるのですが、笑えてしまいました。

 

この映画はスタッフロールの最後まできちんと見ることをオススメしたいです。約束のネバーランドを知らない友達にもおすすめできる映画でした。

にゃんこ先生
にゃんこ先生

原作ファンだと、基本的に実写映画化は、辞めて欲しいなって感じることが多かったりするんですが、今作はなかなか良かったなってところですね。

スポンサーリンク

映画約束のネバーランドの評価

映画「約束のネバーランド」【予告】12月18日(金)公開

浜辺美波さんは、さまざまな役柄を見事に演じきる素晴らしい女優さんだなと改めて感じさせてくれました。

 

本作も難しい役だったと思いますが、ピッタリで改めて驚かされました。北川景子さんのの演じたイザベラも、恐ろしい雰囲気や立ち振舞いが秀逸で素敵でした。

 

ノーマンは声も見た目も素敵で、演じている俳優さんのことが気になってしまいました。他のキャストも原作のイメージに近い印象を受けました。コニーが特に可愛らしくてキュンとしてしまいました。

 

渡辺直美さんの役柄にも注目していましたが、原作のイメージを壊さない印象を受け、コミカルさが素敵で好感触です。

 

映画の短い時間枠の中にに難しい話をコンパクトに収め切れており、原作を見ていた私もすごく楽しむことができました。

 

アニメと映画の世界観の感じもかなり近い状態で、そこにも感激しました!特別出演、友情出演されていた2人が豪華でしたのでぜひ劇場で見ていただきたいです。舞台映えしそうな作品という印象も受けました。

 

子供たちが諦めずに助け合っていく姿、希望を捨てない姿を見てとても刺激を受けました。映画鑑賞でこの感覚を得られるものは見応えを感じます。感動したい方に特におすすめしたい作品です。

にゃんこ先生
にゃんこ先生

原作を知らない方も楽しめる作品になっていると思います。

映画「約束のネバーランド」口コミ

ペンタ
ペンタ

この映画は、少年ジャンプで連載されていた同名タイトルのマンガを実写映画化した作品です。アニメ化もされた人気作品だけに実写化の期待はありましたが、個人的には実写化は難しい作品だと思っていました。それは主人公エマ、そしてノーマンとレイが11歳という設定なので子役で作ってもなかなか集客できないだろうと考えたからです。それを打破するため、童顔の浜辺美波さんを主人公エマ役に持ってきたのです。公開前の予告編などで浜辺さんの金髪姿を見ましたが、見慣れないせいもあったか、違和感しかありませんでしたが、すぐに見慣れました。原作同様、元気で明るく、子供たちを引っ張るエマを自然体で演じられていました。レイ役の城桧吏子さんの雰囲気も、原作のイメージに近く、良いキャスティングだと思いました。そのほかで、イザベラ役を演じた北川景子さんの演技も秀逸であったと思います。優しい目と恐ろしい目のギャップが凄まじく、さすが女優さんだと感じました。またクローネ役の渡辺直美さんも目だけでなく、顔全体というか、身体全体で演技されていて、迫力があり、存在感を出していました。原作にはまだ続きがあるので、ぜひ同じキャストで続編を作ってほしいです。

ぴよきち
ぴよきち

私は、約束のネバーランドを漫画で見ていて、とても気に入っていたので、映画でもやると知った時から、とても楽しみにしていました。出演者がとても素晴らしいですし、かなり満足できました。実写化成功している作品であると言えます。渡辺なおみさんが、漫画のシスタークローネのキャラクターを上手に演技していて、すごい人だと思いました。渡辺なおみさんの様々な演技の表情が豊かで印象強く残っています。北川景子さんも、表裏のあるイザベラの優しい時の表情とシリアスで怖い時の表情を忠実に再現していて、とても演技力があると思いました。ノーマンも漫画のイメージ通りのキャスティングで、かなり嬉しかったです。アニメから大部分が省かれて映画になる事が多くて残念な思いをする事が多いのですが、約束のネバーランドの映画は、省かれている事が気にならないくらい、良いシーンの連続でとても見応えがありました。テンポもストーリーも良くて、初めて約束のネバーランドを見る人でも充分に楽しめると思います。一番怖かったのが、鬼のシーンでした。かなり大きくて迫力がありました。あのシーンでかなり緊迫した雰囲気になりました。塀の上のシーンが最高に感動しました。

アニメ「約束のネバーランド」の動画視聴はこちらから

アニメ約束のネバーランド無料で動画を視聴するには?感想と口コミも
...
アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント