虹ヶ咲アニメ感想まとめ【ラブライブ】

虹ヶ咲 アニメ・漫画
この記事は約5分で読めます。

今回は、「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」 のアニメの感想をまとめました。

 

今作は、ラブライブシリーズの3作品目で、今までのラブライブは、9人のグループ活動のストーリーですが、ソロアイドル活動メインになっており、今までのラブライブとは違う感じとなっております。

 

ラブライブ!を視聴するのが初めての方や暫くラブライブから離れて居た方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

虹ヶ咲アニメ感想まとめ

ラブライブ!シリーズのμ’s、Aqoursに続く虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会ですが、今までのスクールアイドルとは一味違います。

μ’sやAqoursはグループとしての活動が主体であったのに対し、虹ヶ先学園スクールアイドル同好会はソロアイドルとしての活動が主となっているため、一人ひとりの個性を存分に堪能できます。

 

アニメの挿入歌もゲームなどで発表されていなかった新しい楽曲となっており、中にはVOCALOID楽曲で有名なDECO*27さんが作曲した歌もあったり……。

虹ヶ咲

一人ひとりの成長物語はもちろん、その成果が存分に発揮される挿入歌にも注目です。また、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARSで描かれていたストーリーとは全くの別物なので、あのストーリーはちょっと残念だったな……なんて方でも十分に楽しめる濃密な内容になっています!

 

さらに、スマホゲームのラブライブ!スクールアイドルフェスティバルの「一般生勧誘」で登場していたキャラクターも、ちゃんとCVがついて出てきます(笑

 

そんな小ネタも含まれているので、元からラブライブやスクフェスが好きな人にももちろんおすすめです。現在放送されているのは8話までですが、今後の展開がとても楽しみな作品です。

スポンサーリンク

虹ヶ咲のアニメ評価

お台場を舞台にして展開される美少女たちの物語がとても面白いです。本作はラブライブシリーズの三作目にあたり、完成度も高く評判も上々です。

 

9人と1人をメインのスクールアイドル同好会のメンバーはとてもかわいらしく見ていて癒されます。

メインキャラの一人一人に焦点が当てられながらお話が展開されており、キャラのことを深掘りしながら丁寧にシナリオを描いているので、キャラクターに愛を感じることができて好感が持てます。

 

お話のラストでその回のメインキャラがライブを行うMVが人数分用意されているところにスタッフの本気を感じることができます。今まで放送された分のお話は全て視聴しましたが、どれもこれもキャラの愛に満ちた素晴らしいモノでした。

 

キャラたちが画面の中で活き活きと動き回っているのを見て、やっと虹ヶ咲の時代になったんだなとシミジミと思いました。

個人的には彼方ちゃんの回を気に入っており、妹思いの良き姉の奮闘と、彼方がどうしていつも眠いのかの理由について述べられており、素晴らしい姉妹の絆を拝むことができて感動しました。

 

最後のMVも彼方の美しさがありありと描かれており、彼方というキャラクターに命が籠っておりとても満足することができました。

スポンサーリンク

虹ヶ咲アニメまとめ

アニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」は、今までのラブライブシリーズを視聴してなかったり、ゲームをプレイしていない方でも内容となっております。

 

話の展開もスピーディーで、1話ずつ一人のキャラのストーリーとなってます。

 

アイドルアニメが好きな方におすすめです。

https://koumasai.jp/archives/7563

コメント