神様になった日8話の感想まとめ【アニメの無料動画】

神様になった日 アニメ・漫画
この記事は約5分で読めます。

「神様になった日」(The Day I Became a God)は、Key・アニプレックス・P.A.WORKSによるアニメです。今回は、「神様になった日」のアニメ8話の感想をまとめました。

 

記事最後には、今なら無料のアニメ視聴方法へのリンクを紹介していますので、最後まで御確認ください!

スポンサーリンク

神様になった日アニメ第8話の感想まとめ

TVアニメ「神様になった日」第8話「海を見にいく日」予告映像
第8話「海を見にいく日」 映画撮影は順調に進み、夏休みも残りわずかに。 ひなが言う“世界の終わり”が近づくにつれ、陽太はひなが急に成神家から居なくなってしまうのではと不安を感じるようになる。意を決して、ひなについて両親に尋ねることにするが……。
7話の最後にひなと博士が一緒に映っている写真が見つかったので、そろそろ話の展開が変わって来そうな感じだったので、この1週間楽しみでしたよね。
前半パートは、前回の続きの映画制作の続きかなと思ったら、一旦ひなの話の深堀りでした。陽太は、親にひなの事情を聞いて理由がわかりました。
そして、陽太とひなは一緒にひなを捨てた父親を探しにいくことにします。
家は、ひなが知っていたのですぐにひなの父親に出会うことが出来ましたが、お茶が陽太のしか出なかった時は一瞬幽霊パターンかと思ったところですが、さすがにそういうわけじゃなかったみたいですね。

しかし、ひなはロゴス症候群という病気で祖父である博士が引き取って、ひなは回復することが出来たみたいですが、なんかわけありな感じがしますね。
話数が進むにつれて、神様になった日の「日」の文字がどんどん欠けていってることは、ほとんどの方が注目してることでしょうけど、最終的に「神様になった」になるんでしょうかね。
ペンタ
ペンタ

今回の8話で、ひなの過去がわかってきましたが、ストーリーも終盤になってきましたね。世界の終わりには、あと4日ですが、本当に世界が終わるのかひなが居なくなるってことなのでしょうか?

アニメ「神様になった日」の第8話のまとめ

うさきち
うさきち

ロゴス症候群とは、wikiでも調べましたけど実在する病気ではないみたいで架空の病気みたいですね。アニメだし実在する架空の方がわからないからいいかもしれません。それにしても、ようやく進みだした感じがしますので、これから「神様になった日」は見逃せなくなって来ましたね。

コメント

  1. アルジャーノンに花束を