Macbook Air M1チップ感想レビュー!これは買うべき

MacBook Pro アニメ・漫画
この記事は約7分で読めます。

ついに2020年11月17日より、M1チップが搭載されたMacBook ProとMacBook Airが発売されましたね。

 

発売前から、かなり高スペックだということで話題になっておりましたが、実際に使用してみないことには、わからない部分が多かったので、購入を検討してる方もいたかと思います。

 

しかし、実際に発売してからの感想レビューを見ていると、これは買うべきだなと思えるレベルだったので、今回まとめてみました。

スポンサーリンク

Macbook Air M1チップ感想レビュー

MacBook Pro16インチは、かなりスペックも高く特盛にすると50万円という高値のパソコンなのですが、今回の吊るしスペックMacBook Air 11万円の処理スピードが50万円のパソコンを超えてるということで、これは普通にヤバイですね。

 

ガチでこのスペックのパソコンがこの値段で手に入るっていうのは、革命的ですね。

 

新型MacBookを購入するのは、ほぼ確定で、後はProかAirかどっちにするか?メモリーとSSDの容量は増やす?っていうぐらいで、もう購入を検討して良いと思います。

 

Mac Pro(デスクトップパソコン)と比べても、圧倒的に早いのは凄すぎる内容です。

これは、久しぶりにワクワクするパワーアップのパソコンですよね。今までは、ちょっとスペックが上がったかな〜って思うレベルでしたが、今回は素直に凄いクオリティです。

スポンサーリンク

音も静かで起動も早すぎるしiOSアプリも使える

MacBook Pro 16インチは、特にちょっと負荷がある処理をすると、めっちゃファンが回ってうるさいのですが、今回のM1チップ搭載されたパソコンは、めちゃくちゃ静かだということです。

 

うるさいと結構集中出来なかったりするので、これは嬉しいですね。そして、バッテリー持ちも今までの倍ぐらい増えたということなので、処理スペックも上がって処理も早いなら買うしかないでしょっていうところです。

 

4k動画の編集も普通に出来るレベルでLightroomやPhotoshopの処理も普通に出来るということで、今回のMacBook Airヤバイですよ。

 

しかも、今までと販売価格も安いので、これなら購入すべきものですね。

 

今まで、MacはWindowsと比べるとスペックの割に高いイメージしかありませんでしたが、これなら対抗することが出来るようになりました。

起動スピードは、今までのMacBookでも、そんなに気にならなかったですが、今回の速さは凄いですね。

デメリットもある

気になる点は、メモリーが最大16GBまでなのとUSB-Cポートが2つしかないということです。

 

16GBまであれば、基本的には問題ないですが、カスタマイズしないと16GBに出来ないので、初めから8GBだけでなく16GBも販売して欲しいところでしたね。自分は、16GBもあれば、十分なので16にしますが、8はちょっと心配だなって思ってしまいます。

 

それともう1点気になるのが、USB-Cポートが2つだけなことです。

 

充電しながらMacBookを使うとなると、一つしかポートが空かないので、これはちょっと不便ですね。やっぱり4ポートは欲しかったです。

 

あとは、細かな不具合バグが発生するかもしれないので、仕事で使う人は要注意ですが、一般的な使用の人は、全員購入しておいて間違いなさそうですね。

 

今回MacBook Airがかなりコスパいい感じなので、とりあえずAirを購入して、次に出る上位のPro待ちが良さそうな感じがします。

AirとProの差は、そこまでない感じがしますので

複数ディスプレイの拡張が出来ない

デュアルディスプレイの拡張は、今回のM1チップ搭載のパソコンでは出来ない仕様となっております。

 

外部ディスプレイの出力は、1台までなので、複数のモニターを使用したい方は注意してくださいね。

今は、大きめの4kモニターに映せば、デュアルにしなくても作業スペースを確保することが出来るので、個人的には一つのモニターの方が見やすくておすすめですけどね。

 

1本のUCB-Cで充電しながら、画面を拡張させることが出来るので、こんなので十分です。良いモニターは、モニターだけでMacBook Air並の価格がしてしまいますけども

スポンサーリンク

安定を取るなら安くなった旧MacBook Proもあり

新しいOS、CPUなどパワーアップしたM1チップのMacBookですが、不具合のバグが出る可能性があります。

 

安定性を考えるなら、過去のMacBook Proで様子見をするのもありだと思ってます。

 

今回のM1チップの新型が発売されたことで、旧商品は一気に値下がりしておりますし、中古市場も劇的に安くなることが予想されますので、安くMacBook Proを手に入れるチャンスでもあります。

 

この機会に10万円以下でMacBook Proを手に入れるのもいいかもしれないと思うところです。

 

それにしても、こんなにM1チップでパワーアップしてくれるとは思わなかったですね。

スポンサーリンク

MacBook m1まとめ

出先で、MacBook Pro 16インチは、重たいしデカかったので、13インチの方が扱いしやすく使いやすいので、今回のM1チップは買いです。

 

AirにするかProにするかは、悩ましいところではありますが、バッテリー持ちが2時間多いProの方を選択することにします。

 

Proのタッチバーは、正直いらないと思ってますけどね。今回は様子見としてAirを購入してる人が多そうな感じがしますが、どちらを購入しても今までのMacBookと比べて、かなりパワーアップしてるので、これは楽しみですね。

 

まさかインテルi9を超えてくるレベルがMacBook Airで手に入るとは過ぎすぎです。半年前に購入した2020年MacBook Pro買わなければよかったです。

「MacBook Air」と一緒に買いたい周辺機器まとめ

MacBook airと一緒に買うもの周辺機器のおすすめ
...
アニメ・漫画
スポンサーリンク
良かったらシェアして貰えると嬉しいです
アニメラボ

コメント